何故か性犯罪のニュースを見ると被害者の苦しみを想像して犯人を憎くなってしまう。

女性であること、性について、男性について、様々な思いが去来していることが少なくありません。

***
根本先生こんにちは。
いつも楽しく興味深くブログを拝見しております。
ネタとしての需要はあまりないかもしれませんが、ご意見をいただきたい事があります。
それは何故か性犯罪のニュースを見ると自分のことのように被害者の苦しみを想像してしまい、犯人を殺したくなるほど憎くなってしまうことについてです。
自分自身はそのような性犯罪に巻き込まれた経験はありませんし、他の犯罪では自分とは切り離して捉えることができるのに、性犯罪となると、まるで自分に起こったかのように憂鬱になり嫌な気分をしらばらく引きずってしまうのです。(ひどいときは2,3日は引きずります)
心理学の側面から見たときに、どういう理由でそんな心境になってしまうのでしょうか?また、どうすれば他人に起こった出来事(私の場合、特に性犯罪)を自分とうまく切り離して捉えることができるでしょうか?
(Mさん)
***

Mさんがその激しく反応してしまうのはそのニュースをテレビで見たとき?ネットニュースなどで見たときも同じ?

もし、テレビ(映像)で見たときに反応しちゃう、てのは実は子どもの頃からの習慣が影響してることも多いんです。(ネットニュースなどの文字情報でもその傾向がないと言えませんが)

ドラマや映画を映像で見ると、つい、私たちは「感情移入」ということをします。
主人公やヒロインに自分をなぞらえて一緒に物語に入っていきます。

これは男性よりも女性にその傾向が顕著です。
男女の違いに「男は客観的、女は主観的」というのがあって、テレビでも小説でも、女性はより感情移入しやすいのです。

それでテレビのニュースなどで犯罪被害者に自分をなぞらえてしまうんですね。

ちなみに罪悪感が強かったりすると、加害者の方に自分をなぞらえる方もいて、特に凶悪犯罪が起きた後などに「あれは私だ!」と感じてしまう人も少なくありません。

ただ、単なる感情移入だけだったとするならば、性犯罪のみに反応するというMさんの状況は説明できませんよね。

ということで、Mさんにとっては「性」というテーマが降りかかってくるわけです。
ほんとこの辺はカウンセリングの話ですよね。
色々と聞いてみたいことがたくさん出てきます。

ずらっと質問を並べますのでちょっと気持ちの整理に役立ててください。

・女は弱いという思いはありますか?
・Mさんにとって「性」ってどんなイメージがありますか?
・セックスについてはどんなイメージがありますか?
・女性という部分を普段から意識することはありますか?(人からの目線など)
・女であることをMさんはどのように感じていらっしゃいますか?
・Mさんにとって「男性」ってどんな存在で、どんなイメージがありますか?
・Mさんのお父さん、お母さんってどんな方?性に対してはどんなスタンス?
・Mさんは男兄弟はいらっしゃいますか?
・Mさんが過去に付き合った男性で今も引きずってる人はいますか?
・今までお付き合いした男性で力の強い人はいましたか?
・合意はしていたけれど、あまり心地よくないセックスをしたことはありますか?
・男性に嫌悪感を感じることはありますか?
・Mさんの友人や家族で、そうした被害にあった方はいらっしゃいますか?
・思春期の頃に、セックスの話を聞いて嫌悪した経験はありますか?
・初体験の時に嫌な思いをしたことはありますか?
・子どもの頃はどんな子どもでしたか?
・今生ではなく、過去生のどこかで性犯罪の被害者になった記憶はありますか?

これ、個人的好奇心で聞いてるわけじゃないですからね(笑)

逆に言うと、これだけの質問が出てくるくらい、そうなる可能性があるってことです。

例えば「女性は弱いものだ」という思いがあると、自分を守らなきゃ、とか、守ってくれる存在が欲しい、という思いになりますし、街を歩いていても常に警戒してしまいます。
戸締りなども完璧にしようとするし、服装も隙のないものを選ぶようになります。

「怖れ」があり、それが「緊張」へと繋がります。

ところが、こうした態度も思春期以降ずっとやっているとしたら、今はもうその意識は顕在化しないでしょう。
ふつうのこと、当たり前のことになってしまいます。
すなわち、潜在意識に押し込められているわけです。

そうした思いが性犯罪のニュースを聞いたときに湧き上がってくるんです。
そして、猛烈な怒りが出てきます。
押し込められている分だけ、その緊張が怒りとして解放されるのです。

また、Mさん自身が性に対してブロックがある場合、同時にそれは男性嫌悪、男性不信へと繋がることも多いんですね。
例えば、お父さんがだらしなくてすっごく嫌いだった!なんて場合は相当嫌悪感も強く、力づく、無理やり、といった態度や、汚らわしい思いなどを性やセックスに投影しやすくなるので、こうした犯罪に過敏になります。
「だから男って嫌い!!」って思いが噴出するわけです。

それからMさんが筋金入りの武闘派女子だった場合、「女を守るのは私の役目」なんてどこかで思っている可能性も高いんですね。
そうすると「女だから」起きた犯罪にはひどく反応するようになります。
普段から職場で女子たちを守っていたりしてませんか?

過去生って話が一つ出てきましたが、あまりに強烈な体験の場合、今生では体験していなくても、過去生で体験してるようなこともあります。
また、エンパスと言われますが、非常に敏感な感性を持っている方は、自分自身の体験ではなく、身近な人の体験を吸い取ってしまって、同様の現象が起きることも想定されます。

まあ、あれこれ説明したのですが、そんな風にあれやこれやと考えることができるよってことが分かるだけでも気持ちは少し楽になるでしょう。

原因が分かれば何とかできますしね。
気付くだけでも改善することがありますからしばし考えてみてくださいね。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作