ブログやセミナーで学んだことを主人にシェアしたいと思ってしまうのです。また、強くなる、とはどういうことか?


ブログやセミナーの何をシェアしたいか?に注目するといいですね。
「楽しさ」をシェアしたいのか?
「考え方」をシェアしたいのか?
それによって一緒に楽しみたいのか、彼を変えたいからそうするのかも見えてきます。

それと同時に「強さ」って何だろう?どうしたら強くなれるのか?にも着目しています。

***
 根本先生こんにちは。
お聞きしたい事がございましてメールさせて頂きました。ネタにしていただければ嬉しいのですが(^^)

セミナーやBlogで面白いと感じた内容や経験を主人にとても話しにくい、或いは話すと主人が不機嫌になり結局なんだか寂しい気持ちになるのはどうしてでしょうか?

私から見る主人は誰にも頼らず甘える事を禁じて生きてきた様な人です。
16年前、事故でお母さんを亡くした事をきっかけにギャンブル依存が始まりました。
度重なる借金、ケンカ、離婚騒動、3年間の別居、息子の不登校を通して、それぞれがカウンセリング(傾聴)を受ける等を経てこの春から再び一緒に暮らし始めました。
が、その後、別居期間に浮気があった事を知ってしまい、ひと騒動の後、再び心の距離が離れた(主人が私を避けているよう)事も関係しているのか、転校を境に今は娘が学校に行けていません。

私はそんな苦しみの中、3年程前から根本先生のBlogに繋がり、自己肯定感がほぼ無かった自分自身や、ギャンブルに溺れる主人の見方も少し変わり以前に比べてとても楽な自分が居ます。
依存的だった自分とサヨナラしたい、と言う気持ちが強く、心理についてや根本先生worldで学ぶ事はワクワクと楽しい時間でも有ります。感謝しております。

そこで、冒頭の質問なのですが、私は自分自身の為(ひいては学校に行けていない娘の為)に変わりたいと思いセミナー等に足を運んだりブログを読んだりしていますが、そこで知ったり感じた事を主人とシェアしたいなと思ってしまいます。

単に、面白いから晩酌のネタに話したいとの思いも有りますし、自分が楽に考えられる様になってきたから主人も一緒に……と言う気持ちも正直有ります。(DVDを繰り返し拝見したのですが、シェアしたいと思う事すらまだまだ手放せていない執着しているという事ですか?)
あと、娘の不登校や極度の不安癖は親である私たちや夫婦関係の影響が大きいのだろうと思う事もあり一緒に向き合いたいと言う気持ちがあります。

新たな気付きがあったり、行って良かった・・・と思って帰っても、話したい気持ちと、話すと不機嫌になるのだろうという怖さの狭間で疲れます^_^

子どもの問題が出ていても、今はまだシェアする時期ではない、主人は主人なりに自身で癒す力があると信頼して、私だけ楽になっていけば良いという事でしょうか。
(Yさん)
***

私のブログやセミナーがあまりに素晴らしすぎるために、ついつい世の中の奥様が
「ほら、こいつがこういうこと書いてんだよ。何度も読み直して自分の気持ちやあたしの気持ちをちゃんと考えろや。」
と言いたくなったり、
「この間行ったセミナーで先生が○○だって言ってたよ。誰の事なんだろうねえ?おら、ちゃんと反省して自分の態度を改めんかいな、ボケ」
と言いたくなることはよく分かります。
うん、罪な男ですね、私は(眼鏡のふちをそっと上げながら)。

あ、そういうわけじゃないって???(笑)

え?どこが???

さて、そもそも女性は「分かち合い」が好きな生き物です。
自分が見聞きしたこと、体験したこと、その思いを大切な人に伝え、分かち合いたい、と思います。
思いを共有することでつながりを感じ、安心感や居場所を感じるのです。

一方、そもそも男性は「思考的」な生き物です。
それゆえに「議論」や「情報」については乗ってくることはありますが、「感情(気持ち)」に対しては無頓着というか、あまり興味を示しません。
そもそも俺は俺、お前はお前、という考え方をする人も多く、あまり他人の世界に踏み込もうとはしません。

その点だけを見ても、奥さんが旦那さんに気持ちを分かち合いたいと思っても、なかなかそれが叶わず寂しい思いをすることが多くなるかもしれません。

また、男性は権威に弱い生き物です。
だから、どこぞの大学の素晴らしい先生が言ってることならば聞く耳を持つのですが、どこの馬の骨とも分からん奴が語っている話など、「胡散臭い」「疑わしい」「怪しい」「こいつおかしいと思う」などの感想しか持たないものです。
(まあ、あながち外れではないところが悲しいところですけれど(笑))

そうすると、つい「こいつがナンボのもんじゃい」と競争心を出して来たり、「こいつが嫁の気持ちを動かしてるのか!」と嫉妬したりするものです。

それに私のブログ、男性にはいささか読みにくい構成になっています。
例え話が多かったり、だらだらと長かったり、結論が見えにくかったり。
なので「読んでみなさいよ!」って旦那さんに渡したところで、「うーん、、、何だろう?」と思ってしまう方も多いと思います。

ただ、問題なのは「分かち合いたい」のか「変えたい」のかというところ。
Yさんの「自分が楽になって来たから夫にも楽になって欲しい」という気持ちはもちろんですし、人によっては「この文章を読んで私の気持ちが分かるようになって彼が変わってくれたらいい」と思う人だっています。

そういう思いは分かりますが、それってまるで「魚があまり好きじゃない旦那に魚を食べさせようとする」とか「野菜を食べない旦那が野菜が好きになるようにする」のと同じじゃないかなあ、と思うんです。

そもそも彼が心理学が好きかどうか?
そういう内面に価値を見るアプローチが受け入れられるかどうか?
私の文章と彼の興味が一致するかどうか?

この前提をきちんと検討する必要がありますよね。
その上で対策を立てたいものです。

「白身魚をボイルして細かくカットしてカレーに入れてしまえば気付かないだろう」
「鶏肉だと言ってマグロをカツにしたらどうか?」
「一緒に収穫体験に行ったら野菜に少しは興味を持つんじゃないか?」
「けっこう本を読む人だからベジタリアン系の本を読ませたら影響受けるんじゃないか?」

そんなアコギなことをこっそり考えるも楽しいかもしれません(笑)

つまりは「きちんと相手のことを知り、相手が喜びそうな方法を提供する」という基本がとても大切なのです。

「良いから勧める(良くなってほしいから勧める)」
「大切なことだから理解してほしい」

というのは単なるエゴに過ぎません(そもそも何が良いか、大切か、正しいかなんて自分の主観によるものなのだから)。

特に

>私から見る主人は誰にも頼らず甘える事を禁じて生きてきた様な人です。

なのですから、Yさんとはタイプが全然違うんでしょう?
だから、「自分が良いと思うものと旦那が良いと思うものが全然違う」という経験もたくさんされてきたと思いますから、なおさら、彼の傾向を学ぶ必要があるのです。

>あと、娘の不登校や極度の不安癖は親である私たちや夫婦関係の影響が大きいのだろうと思う事もあり一緒に向き合いたいと言う気持ちがあります。

不登校の問題は両親の問題という風に私も見ていくのですが、ただたいていの父親はなかなか現実を直視できないことが多いようです。
家よりも仕事に目が行きやすいこともあって、そういうご主人ほど家のことは嫁の領域と手を出してこないわけですね。
・・・というか、逃げちゃうわけですね。

でも、ご主人のタイプからするとなかなか向き合ってくれなさそうですよね。
とすれば、そのご主人に物申すことができるくらい強くなるほかないようです。

強くなる、というのは、論破するとか自立するとか空手を習いに行くとかではありません。

地に足が着き、自分をちゃんと持ち、そして、毅然としていられる自分になること。
どんな強い風が来てもしなってその力を流せる“竹”のような強さです。

そのためにYさんは「自分自身と深くつながる」という目標を持つ必要があります。
また、娘さんの不登校も「私自身の問題」として捉えることも大事ですね。
そして、その上で「人生を楽しむ」という課題に取り組みます。

もちろん、この辺はYさんもすでに取り組んでいらっしゃることと思いますから、それをぜひ継続してみてください。

強くなることの応用編としては「自分は何を恐れているのか?」ということと徹底的に向き合う、という“修行”もあります。

「嫌われることを恐れてる」のならば、その怖れと向き合うんですね。
なぜ、怖いのだろう?
どうなるのが嫌なのだろう?
どうしてそう思うんだろう?

そんな風に怖れを感じるたびに向き合って乗り越えていきます。
「嫌われてもいい」と感じられたらOKですよね。

もちろん、一度ならず何度も怖れは来ますし、様々な種類の恐れがあります。
でも、それをクリアしていく経験を重ねると、「ホントに怖いの?」と自分に聞くだけでその怖れがフッと消えるようになります。
「いいじゃん、嫌われても。全然OKじゃん」と軽く流せるようになります。

楽しむ、ということは好きなことをする、というとこももちろんですが、自分を笑顔にしてあげる、という意味でもあります。

自分が喜ぶことって何だろう?
自分は何が好きなんだろう?
どうしたらもっと笑えるんだろう?

でも、これ、どこかで聞いた質問と似ていませんか??

そう、結局、旦那さんを理解する、ということは、自分自身を理解する、ということに他ならないのです。
自分を笑顔にできる方法を知っていて実践できているのならば、きっと旦那さんも笑顔にしてあげられるんです。
自分を楽しませる方法を知っているならば、旦那さんを楽しませる方法も見つかるんです。

ということで今日からさらに一段と人生を楽しむことを自分に許しましょうね!

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事