頭で分かっているのに体が動かない理由→動いても変わらない現実を見るのが怖い。


人は自己嫌悪が強い分だけないものねだりをして「たらればの会」の会員となる。
そして、ファンタジーの世界で自分を慰めようとする。
さらにはないものねだりをして「今」に常に不満を持とうとしている。

***
私は現在付き合って8ヶ月になる彼がいますが、その彼とはSNSを通じて出会いました。
この彼の前にも3ヶ月程お付き合いした方がいましたが、それもSNS→オフ会という流れで出会った方でした。
付き合った彼は上記の2名だけで、お分かりの通りSNSでしか出会いがないのです。
それがコンプレックスと言いますか…恥ずかしく思ってしまいます。

異性の友達も26年間でたったの一人もできず、(今の彼以外には)アプローチも受けたこともなく、もちろんナンパもされず…な、どうやら異性にとって全く魅力のない人間なのだろうと落ち込んでいます。

確かに容姿は良くないようです。
良くないようというのも、私自身は割りと自分の顔を可愛いと思う時もあり、そこまで嫌っていないのですが、写真に映ればブスだなと思いますし、上記のことからも持て囃される顔ではないんだなと自覚しています。

また性格もこの文章のように可愛いげがない上に卑屈でネガティブでと良いところがありません。仕事の延長線上で少し交流がある同年代の男性からも「可愛いげがない」や「こじらせ女子でしょ」と言われますので、概ね自己評価と他己評価が合っているというのも、悲しい事実です。

容姿も性格も悪いと自覚しているのに、他の女の子のように、可愛いと言われたりちやほやされたり、声を掛けられたりという夢を良い年して捨てられません。

しかし頭では分かっています。
容姿は化粧なり髪型なりで、雰囲気で綺麗とも可愛いとも思わせることもできるし、性格だって自己分析できているなら、悪い箇所をなくせば良い。もっと人が集まる所に出向いて大人の青春を味わえば良い。

分かっていてもできないのは、でもでもだってと言いたくて今の現状を変えないようにしているのも分かっています。

だけれど、やはりでも…と足が動きません。
SNSでしか出会わないようにしている私の心理はここら辺にあるのでしょうか。
自分にコンプレックスがあるから、人に話さなくても良い相手 = SNSで出会う を選択しているのでしょうか。

本当はみんなのように現実で出会った方と恋愛をしてみたいのです。
あわよくば好きになってほしいのです。
たらればばかり考えてしまう私に何かヒントを頂ければ嬉しく思います。
(Mさん)
****

「たられば」ばかりを考えてしまうってのは人には誰でもあるものでして、「もし、あの彼と別れていなかったら・・・」「もしあっちの大学に行っていれば・・・」「もし、あの会社に就職していたら・・・」などと、「今」に幸せを感じられない分だけ、人は「たらればの会」の活動に熱心になってしまうものなのです。

ブログでも時々書きますが「現状不満足の法則」と私が勝手に言ってる法則があります。
今あるものに何かと不満を感じ、満たされない感覚を言うんです。
「このご時世、仕事があるだけで有難いと思わないといけないんですが、会社に色々と不満を持ってしまうんです。」
「彼氏がいるって嬉しいことなんですけど、ついつい不満ばかりを言って嫌われるようなことばかりしてしまうんです。」

そんな風に「今」に満足感を感じられないことを言うんですが、この背景にあるのが自己嫌悪です。

自分のことが嫌いだから、自分のしてることすべてが嫌いなんです。
だって、Mさんも皆さんも大っ嫌いな奴が使ってるカバンと同じデザインのものって絶対持ちたくないでしょ?

その嫌いな奴が他人じゃなくて自分な場合なんです。
だから、自分が持ってるカバンはもちろん、住んでる家も、街も、勤めている会社も、彼氏も全部嫌になります。

そして、「もっと○○だったら」ってファンタジーの世界の住人になるんです。

Mさんにとって「自己嫌悪」は大いに当てはまる部分ですよね。

>だけれど、やはりでも…と足が動きません。

という場合は単に動きたくないだけなんですよね。
つまりは動く気がないだけなんです。

>自分にコンプレックスがあるから、人に話さなくても良い相手 = SNSで出会う を選択しているのでしょうか。

これは大きいと思います。
というのもMさんにとってはSNSが「成功法則」になってしまってるからなんです。

つまり過去2回、これでうまく行ってるんです。
だから、ぶっちゃけ変える必要なんてないんです。
けど、現状不満足の法則から、そのうまく行ってるやり方にもケチを付けたくなるんだと思います。

もし、MさんがSNSでも出会いが無かったとしたら、

>本当はみんなのように現実で出会った方と恋愛をしてみたいのです。

こういう発想すら生まれてこないと思いますよ。
SNSでもいいから恋愛してみたい、けど、こんなブスな自分では無理だと思う・・・とおっしゃってるんじゃないでしょうか?

あるいは、実際現実で出会ったとしても、「ナンパされたって人には言いにくい」とか「たまたまあの合コンはメンバーが良かっただけ」とか色々と文句を言いやすくなるかもしれません。

つまり、SNSなのか現実なのかはあまり重要でないのかもしれません。

ただ、SNSばっかりだとそれがコンプレックスになって現実での出会いを求めたくなるのは自然な思いです。
じゃあ、

>容姿は化粧なり髪型なりで、雰囲気で綺麗とも可愛いとも思わせることもできるし、性格だって自己分析できているなら、悪い箇所をなくせば良い。もっと人が集まる所に出向いて大人の青春を味わえば良い。

ってことになるんですけど、人はなかなか動けないんですよね。
なぜかというと、どうでしょう。
Mさんが化粧や髪形で可愛いという雰囲気を出し、性格を改善し、人が集まる場所に出向いて・・・でも、現実が変わらなかったら???

そう、それが最悪なんですよ。
せっかく努力してみんなにちやほやされるであろうファッションに身を包んだにも関わらず、何も変わらなかったら・・・なんて思ったら、ね。

「俺って、やればすごいんだぞ」て言ってる奴は絶対やりません。
やってすごくなかったら思いっきり恥をかくから。

そして、やらないでいるうちはその夢を見られるんです。
「可愛いと言われるファッションを身に着けたらきっと私だってちやほやされるはず」という夢を、あるいは「現実で知り合った人に好きになって欲しい」という夢を持ち続けられるんです。

それくらい自分に自信が持てないんでしょうね。

でも、Mさん。2人とはいえ、今も彼氏ができたのはなぜでしょうか?
8か月も続くのはどうしてでしょうか?

私、Mさんのリクエストで一番気に入ったのは

>私自身は割りと自分の顔を可愛いと思う時もあり、そこまで嫌っていないのですが、

ってところなんです。
これ、素晴らしいです、ほんと。
こう思っておくだけでいいんです。
別にきれいな服着なくても、SNSばかりで出会ったとしても、どうでもいいんです。

こうして自分のことを思っておくのが一番なんです。
これからも密かに思い続けてください。

そして、実は自信があることをもっと認めていくといいですよ。
そしたらね、ちやほやされるようになったりします。

これからは自己嫌悪をますます手放していく方に目を向けて行きましょう。
好きなことをし、彼からの愛を受け取り、周りの人たちの愛を受け取り、そして、自分の素晴らしさを承認していきましょう。

毎日使える心理学講座
○セミナー・スケジュール
○カウンセリング・スケジュール
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事