voicyラジオ相談室#3「過去に好きになった女性を引きずってしまう問題」を生カウンセリングしました!



3回目になったラジオ相談室。
リスナーの方にご登壇頂いて、生でカウンセリングをお届けする企画です。
今回は初の男性リスナーの登場でした。

ご本人も意外だったみたいですが、話をお聴きしてると「いやいや本質的には男性性めっちゃ強いやん。その探求心というか研究者な部分がめっちゃあるやん。コレクターだし、ハマったら一直線で何でも知りたいし、深く考えちゃうし」ということが分かってきました。

男性の皆さんは共感する部分がきっとあると思いますし、女性の皆さんは男性心理に触れることができる貴重な機会になったと思います。

こちらでアーカイブが聴けますのでぜひお聴きくださいませ!


最近の私は「男性心理・女性心理」という表現はブログ上ではあんまりしないんですけど、とても典型的な話だとやっぱりそういう表現をしちゃいますね。

今回登場した男性心理、というか、男性性が強い人に現れる心理を補足しておきたいと思います。

◎コレクター心理

興味を持ったものを集めたくなる心理。
フィギュアを集めたり、漫画を1巻から全部揃えないと気が済まなかったり、1個あればいいはずの時計をいくつも持っていたり、そのほか、車、キャンプ道具、ファッションなどを使う、使わない別にして集めてしまうんです。

それ故に、過去の女性もコレクションの一つとして大事に持っていることも。
つまり、「男が女に比べて過去の恋を引きずりやすい」理由の一つに挙げられます。

◎研究者マインド

一つのモノを追求してとことん調べてしまう心理。コレクター心理にもちょっと似たところがあります。
「こだわりの強さ」として現れることも多く、ちょっとでも気に入らないと受け入れられないことがあり、あいまいさがありません。
また、研究者のように深く深く探求してしまい、日常生活から分離してしまうこともあります。
ドラクエを3日間徹夜してクリアする、アイテムをすべて集めないと気が済まない、などはその典型かもしれません。

また、知識・情報量がすさまじいマニアの世界の方々もこれに当たります。

◎思考的にばっさり斬るパターン

こだわりの強さからも言えるのですが、「これはアリ、これはナシ」がはっきりしていて、ナシのものは受け入れらず、ばっさり斬ります。
ばっさり斬るのも女性性は感情的で、男性性は思考的になります。

この思考的に斬るのは感情もそうで、「もういい!」と感情を切っちゃうことが良くあります。
いい悪いではなく、男性性の特徴と思ってください。

◎物事を俯瞰して客観的に見る力

これは研究者マインドの特徴に挙げてもいいのですが、研究者は同時に観察者でもありますので、物事を客観的に見る力があります。
俯瞰してみる、というと聞こえはいいのですが、時に「当事者意識の欠如」として問題化することもあります。
また、冷静でクールに振舞うことが多いので、感情がない人間、なんて言われてしまうことも。

◎「楽」が誉め言葉。

「今の彼女、楽なんだよね」と言われると、女性側からすると「は?何それ失礼じゃん!」と反発されるかもしれませんが、実はこれ最高とも言える誉め言葉です。
というのも、「楽」と感じるには「安心感」「安らぎ(癒される)」「気を使わなくていい」「自分らしくいられる」「自分を受け入れてもらえる」「家庭的」と言った女性性の魅力が必要で、ちゃんとそれが与えられているから「楽なんだよね」という表現になるのです。
決して見下した表現ではございませんので、女性のみなさま、誤解なさらぬように。

今日のゲストのかるしうむくんは以前より私のセミナーやYoutubeにもよく参加してくださっていたのですが、ちゃんと話をするのは今夜が初めてでした。
ご本人は女性性が強いとおっしゃっていて、確かにその通りだな、と思う部分もあるのですが、その一方で、男性性が意外にも強いことが分かりました。

よくうちのブログで「器がデカすぎてその器で自分が溺れる」とか「エネルギーが強すぎて空回りする」なんて話が出てきますが、彼もまたそういうパターンを持ちやすいように思いました。

しかし、その男性性の強さのお陰で、女性性とのバランスが比較的取れており、それで今は「楽」な仕事、彼女とお付き合いできているのだと思います。

そして、ここは理解しづらいことかもしれませんが、彼は自分では「過去に好きだった人を引きずっている」と感じているのですが、どうやらそれはその女性を研究対象として見ているようで、現実にお付き合いする恋人とは一線を引いているようです。(もちろん無意識ですが)

つまり、お付き合いする女性と、研究対象の女性とは完全に別カテゴリになっており、だから今の彼女に、引きずっている彼女をかぶせて見たり、求めたりしないということに現れてると思います。

これはとても貴重な心理を聞けたなあ、ということで個人的には今回最大の収穫でした。

ということで、そんな解説を元にvoicyを聴き直していただけるとまた理解が深まるんじゃないかなあ、と思う次第です。

不定期に開催しているラジオ相談室。また時期を見て開催したいと思いますので気長にお待ちくださいねー。

生放送中の管理画面のスクショ

あわせて読みたい