お弟子さん制度2期もまもなく修了です。



明日(日付的には今日)、お弟子さん制度2期が修了です。
半年間、長いようで、今になればあっという間でした。
カリキュラムがかなり濃厚なので(そもそも一年近くかけるべき内容を半年に圧縮してる)、とても半年前に始まったとは思えないのが正直なところです。

今日はスタッフとオブザーバーと「お疲れ様会」を開き、豚しゃぶを堪能しました。

セミナールームから徒歩1分にも関わらず初訪問のお店で、予想以上に美味しくて、リピート確定です(笑)

その後、セミナールームに戻り、ひとり残業してました。
好きな音楽を大きめにかけながら、お弟子ひとりひとりにメッセージをしたためていました。
難読な私の手書き文字ですので、「これ、何て書いてるんですか?」という質問攻めは確定ですが、まあ、読めなくてもひとつの記念として残れば幸いです。

さて、明日で終わりなのか。。。と思えば感慨もひとしお、しんみりした気分になるかと思いきや(たぶん、弟子どもはすでにロス症状が激しく出てると思う)、1期のときもそうだったけど、修了後のあれこれを考えるので、むしろ、これからが本番!くらいの気持ちになります。

いよいよ、彼らは根本の弟子として旅立っていくわけですけど、むしろ、関わりはカリキュラム中よりも濃くなる人が多いので(オンラインサロンやお弟子セミナーやココロノマルシェ他のつながりが始まるので)、寂しいというよりも、はてさて、こやつらをどう一人立ちさせていこうか?という想いを持つわけです。

終わりは始まり、という事実をしっかり体感しながら、セミナールームをあとにして、これからの戦略をひとりグラスを傾けながら思案するのでした。
それはそれで至福の時で、あれはどうしよう、これはどうしよう、と思いを巡らせるのは酒のアテとしても最高なのです。

さて、ほんまどないしようか?

あわせて読みたい