5/9発売『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』amazonキャンペーン、スタート!!



4/19発売の予定でしたが、現在多くの書店さんが閉まっているとのことで、5/7(木)発売に延期になりました。amazonキャンペーンは5/31まで継続して行いますっ!!(4/13)


おはようございます。根本です。
先月「手放し本」が発売になったばかりですが、今度は


「いつも無理してるな」と思った時に読む本

という本が大和書房より1,430円で発売となります!!

この本は、いつも頑張ってる、誰かのために無理してる、背伸びして生きている、などの方々に向けて書いた本なのですが・・・、何を隠そう、

「自立系武闘派女子たちが自分らしく幸せになるにはどうしたらいいのか?」

について書かれた本なのです。

今回は11名の限りなく実在の人物に近い架空の女性をモデルとし、その生き方を見つめ、分析し、どうしたらいいのか?を考え、そして、変化していくまでのプロセスを追った物語です。(内容は小説風ではありませんが)

(1)競争心(プライド)が強く、常に戦ってきたMさん。

(2)ずっと期待に応える人生を生きてきたHさん。

(3)「大丈夫」が口癖になってしまっているRさん。

(4)完璧主義でちゃんとすることにこだわっているAさん。

(5)誰かのために自分を犠牲にすることが当たり前のなKさん。

(6)アイデンティティを喪失して自分が分からなくなってしまったNさん。

(7)罪悪感にまみれて重たい十字架を背負って生きているYさん。

(8)無価値感が強く、何をしても自信がもてないSさん。

(9)平和主義で「自分さえ我慢すれば」と思っていたTさん。

(10)理想主義で常に自分に厳しい課題を与えているEさん。

(11)思考でがちがちになってしまい、余裕がないIさん。

この中にあなたとそっくりな方はいらっしゃいませんか?

もしかすると、何人か当てはまる人も珍しくないかもしれません。

そんな「ほんとうはすごく魅力的なのに、そんな自分を隠して生きてる不器用ないい女たち」は私のブログに頻繁に登場しますね。

だから、正直、今回の本はとても書きやすかったのです。
だって普段書いていることを書き、ふだんセミナー等でお会いしている人たちを思い浮かべればいいのですから。題材はすぐ近くに転がっていました(笑)

今回の本ではそんな女子たちの人生を「すっぴんでも十分美しいのに、厚くメイクをしてしまい、その魅力が分からなくなっている」と例え、まずは、そのメイクに気付き、それを落とすことを提案しています。

そして、すっぴんの自分に改めて魅力や価値を感じ、そして、そのままの自分で生きて行く方法を彼女たちの事例を通じてご紹介していきます。

11名の女性がそれぞれのテーマと向き合い、自分を変え、成長していく物語を描いたつもりです。

ぜひ、自分自身に置き換えてお読みいただければと思います。

さて、その『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』ですが、4/10(金)より「アマゾンキャンペーン」を行っております!!

4/30(木) 5/31(日)までにamazonにてお買い求めいただいた方を対象に、未収録原稿をプレゼントする企画です。 ※キャンペーン期間が延びましたっ!!!

ぜひともご参戦頂き、未収録原稿をゲットして頂ければ幸いです。

※未収録原稿にはこの4つのテーマについてお話しています!
◎自立を手放して「女性性」が優位になると起こる変化
◎ファッションをコーディネイトしてもらう
◎セクシュアリティを解放する
◎あなたの変化は「トラブル」が教えてくれる

詳しくは大和書房の特設サイトをご覧ください。

根本裕幸先生 最新刊『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』発売記念Amazon予約キャンペーン
http://www.daiwashobo.co.jp/news/n34402.html

※この本の発売を記念して「オンライン講演会」も企画しようと思っています!またブログ等でご案内しますね!

あわせて読みたい