(ご感想)それが私にとっての当たり前だったからなんだなーと記事を読んでとても納得し、私の中の砂上の楼閣のようなものが崩れる感覚がありました。



Mさんからご感想をいただきましたー!ありがとうございます!!
ネタ元はこちらです。
両親から愛されていたはずなのにその実感がありません!!~素直な自分に戻る→両親なりの愛情を受け取る2ステップ~

12/28の心理学講座ブログで採用していただいた者です。
お忙しいところ記事にしていただき、クリスマスプレゼントをいただいた気持ちになりました。

記事に書いていただいた内容を読んで号泣してしまいました。
実は、この気持ちを外に出したのはこれが初めてで、誰にも言ったことがありません。
私は幸せではなかったんだと認めるのは勇気がいりましたが、数日経ち、徐々に認められるようになってきました。
そう考えると残念ながら、人生全般が「問題ないかもしれないけれど幸せではない」に当てはまることがわかりショックです…

私の短い文章からこれほど見抜かれるものなのですね。ご指摘の通りで、両親+私の関係は3人各々独立した存在、という感じです。
かなり親しい会社の同僚同士、という雰囲気が近いでしょうか。喜怒哀楽のうち哀の感情は、お互いにほとんど見せません。感情的にぶつかったことも滅多にありません。

私は体があまり丈夫ではないので、特に幼児の頃は両親(特に母)にかなりの負担をかけていました。
それもあって、他のところで迷惑をかけてはいけない!という観念が染みついているように感じます。
寂しいとか、悲しいとか、つらいとか、そういう感情を自分以外の誰にも見せたくないと今も思っていますし、体調不良に起因する場合以外では実際にほとんど見せません。
それが私にとっての当たり前だったからなんだなーと記事を読んでとても納得し、私の中の砂上の楼閣のようなものが崩れる感覚がありました。

とはいえ、いきなり空虚感が消えるには至りませんが、ワークに取り組んだり、先生の本を再読したり、素直な自分を解放するためにできることはしていきます。
そしてこのテーマのYouTubeを視聴すると直接お話しさせていただいている気分になれるので繰り返し視聴しようと思います!
本当にありがとうございました。

(Mさん)

あわせて読みたい