(ご感想)「いつまで周りの評価気にして自分を隠してるの?ダイヤの首飾りだって金庫に隠してちゃ意味ないわよ。あなたのこと探してるいい男がそろそろ餓死しちゃうわよ!」



こうやって自立系武闘派女子が誕生するのか・・・と制作の裏側を覗いちゃった気分になりました。
クリスマスイブの夜空を見上げてみました(大阪は雨だけど)。

いつもブログを愛読しています!
根本先生のブログに出会ったのは、
25歳で始めて出来た彼氏にやり捨てされ、音信不通になったのがきっかけでした。
その中の手放しという言葉に惹かれて、大好きだった彼氏を手放したのですが、今思うと「手放さなきゃダメだよね、笑顔で別れてあげられる女にならなきゃダメだよね」って頭で考えて手放していたんです。

もちろん手放した彼に「幸せになってね」と心から愛を送ってあげられるときもありました。でも、彼に対する激しい恨みの気持ち、執着、彼に自分の性格や体をボロボロに否定されたことでの自信喪失、それをどうにかしてほしい依存心、そういうのは積極的に無視していました。
お恨み帳にも、「別れるのは悲しいけれど、あなたが幸せになってくれるならいいわ」なんていい子ぶってたこと書いてたんです。笑

だから別れた後、何ヶ月経っても立ち直れずにいたのですが、根本先生のブログを片っ端から読みまくって、お恨み帳もちょっとずつ本音が書けるようになって、人に頼ることに挑戦してみたら、だんだん自分が可愛いって、自分のこと好きだって思えるようになってきました。
(それまでは自分のこと好きになることを許せない、許しちゃいけない気持ちがありました)

そうしたら、むくむくと今まで押さえつけてた自分が顔を出してきて「自由になりたい!」って叫ぶようになりました。
>率直で悪い言い方をすれば、

私、幸せな結婚をするには、一途じゃないとダメだと思ってました。周りが初めて付き合った人と結婚して幸せになっている人ばかりだったので、それが条件だと思ってました。
だから処女じゃなくなって、愛される資格がなくなっちゃった、って思ってたんです。

それが根本先生のブログ読んだりワークに取り組んだりしてるうちに、どうでもいいや、って思えてきて、自分の中のもう一人の自分が
「いつまで周りの評価気にして自分を隠してるの?ダイヤの首飾りだって金庫に隠してちゃ意味ないわよ。あなたのこと探してるいい男がそろそろ餓死しちゃうわよ!」って発破かけてくるようになりました。

思い返せば彼と付き合っていたときの不安の原因も、彼からの愛情を感じられないっていうより、「私の人生この男一人しか知らなくていいの?私にはもっといい男がいるんじゃないの?」っていうもう一人の自分からの声でした。笑

抑圧してた本性が強烈すぎて、このままじゃとんでもなくインモラルなクソビッチになっちゃうんじゃないかとビクビクするのですが、やっと天真爛漫に自由奔放に生きられる!やっとシャバで空気が吸えるぜー!という開放感とワクワク感もあります。
そういえば、私の憧れの女性は峰不二子ちゃんだったなぁということも思い出しました。

人生26年目にして初めての衝動と自分の本性の強烈っぷりに、今までの自分がパニックを起こしている状態です。
この衝動に従って大丈夫なのか、実は自己破壊的になっているだけなんじゃないか?と戸惑っています。
根本先生に是非、背中を押してほしいです。もし間違った方向に進んでいたら、引き止めてください。笑

結局感想じゃなくてリクエストになっちゃいました。もし良ければネタにしてやってください。
いつも元気が出るブログありがとうございます!

26歳のYより。

本日の一言。

「ヤリたいように、ヤリなはれ」

深いお言葉でしょ?ぜひ、額縁に入れて事務所の正面に飾っといてください(笑)

それが自分を喜ばせ、自由を謳歌し、峰不二子な人生を歩むための衝動なのか、それとも単なる自己破壊的な衝動なのか。
それはヤってみなきゃ分かりませんぜ、姐さん。

好きなようにやっていて、でも、それがエゴの声に騙されてた~!なんて経験をするのも大事でしょ?

自分を信じるのも大事よね。

さあ、自らを野に放てぇ~~!!!!

それにしても文章お上手だわね、あなた。面白いわ。

あわせて読みたい