30代になったら燃えるような恋が出来ないのはなぜ?

恋に慣れ、視野も広がって来ると「恋」に割くエネルギーが低くなります。
そうすると穏やかだけど、退屈な恋がやってきます。だから、外部から刺激が欲しくなるのですが、本当の刺激物は内なる心にあります。

情熱的女性からよくこんな質問を頂くんですね。
20代の時はとても情熱的な恋をしていたのに、30を過ぎてからそういう恋ができなくなって、彼のことも本当に好きなのかどうか分からない、という。

冗談めかして「年を取ったんですよね!」なんて言うと白い目を向けられるわけですが、実際「大人」になったのは事実だと思います。

20代の頃は「恋」をしているだけですごく楽しかったり、ワクワクしたり、不安だったり、愛情を感じたり、いつも一緒に居たかったり、ちょっと離れると寂しかったり、会えるとすごく嬉しかったりします。


それは生活における「恋」の支配率が相当高かったわけで、そういうタイプの人ほど、恋をすると友達や仕事よりも断然彼を優先するし、失恋したら人生終わった感ありありでした。

しかし、大人になる、ということは、そういう一極集中的な生き方から、視野の広い生き方に変わっていくことでもあります。

恋以外にも仕事だったり、人生設計だったり、趣味や友達との付き合いだったり、価値観が広がってきます。

20代の頃なら休みの日は彼氏と会うことしか考えられなかった方も、30を過ぎて友達とショッピングに行くのを楽しみにしている方も少なくないでしょう。

また、周りも付き合う彼もどんどん落ち着く年齢に入りますから、恋愛も落ち着いた、穏やかなになっていきます。
(ところが、そんな年齢に差し掛かってからセックスの悦びを深く感じ始める、というのは面白いですね。)

そんな中で「恋とは燃え滾る熱いもの」とか「滾々と湧き上がる愛おしさ」などを求めてしまうと、「あれ?」という風になってしまうわけです。

もちろん、自分自身も大人として落ち着いてきて、冒険的恋よりも、落ち着いた雰囲気の恋の方が好きになってくれば問題はないのですが、情熱的女性はやはり「燃える」ということが大好きなようで、そんな穏やかな恋では満足できないんですね。

すると恋だけでは得られない情熱を、新たな刺激で補おうとするのです。

30代になると恋の炎が燃えないのはなぜ?

その刺激というのは・・・・

・なかなか手に入らない彼
・不誠実で嘘つきな彼
・体だけの関係
・別れたけれど執着が手放せない彼
・曖昧な関係(彼なの?私って何なの?)
・不倫(既婚者とお付き合いする)
・浮気(彼はいるけど他にも彼氏を作る)
などなど。

じゃあ、どうすればいいの?と言うと「恋」から「愛」へ、というとかっこつけすぎでしょうか?

こうした「刺激」は多く「外」からのモノを求めてしまっていることが多いのです。
相手から刺激をもらおうとしたり、関係性から刺激を得ようとしたり。

その背景には「自分はつまらない人間である」と言う観念が眠っています。

もっと自分の可能性、自分の内なる力を信頼してみませんか?

そうすると「外」に求める受け身の姿勢から、自分の内なる力を使おうという能動的な姿勢へと変わっていきます。

そう、自分自身が刺激物になることなんですね。

30代になって「大人になる」「落ち着く」というのは恋に慣れ、世間に慣れたことも一つあるのですが、それだけこんなものだろうという「諦め」や自分にはそこまでの力はないという「線引き」があるんです。
内側に無いから外側から求めざるを得ない、というのが実情なのです。

あなたはそんなつまらない人間ではないですよ、と思います。

もっともっと自分に刺激を求めていいんです。

そのために「夢」をもう一度持つことも大切です。
どんな関係性を築きたいのか?どんな家庭を作りたいのか?どんな人生を贈りたいのか?そして、何を実現し、何を達成したいのか?もっといい関係にするにはどうしたらいいのか?
そういうテーマに“真剣に”“本気で”取り組んでみませんか?

そうすると30代で一度しぼんだ情熱にも改めて火を宿すことができます。
失ったと思われたロマンスを取り戻すことができます。

「ま、こんなものよ」と情熱的な恋を諦めていた30代の女性は同い年との彼との間に再び燃える炎を取り戻しました。
浮気を繰り返していた30代の奥さんが、熊さんみたいなご主人にセクシーさを感じ、虜になりました。
40代になったある女性は人生で初めて「女」である喜びを感じられました。
50代のあるご夫婦は結婚27年目にして最高のロマンスを手に入れられました。

皆さん、一度は諦めていた方々ですが、見事復活されています。


関連記事