パートナーの性的嗜好にどこまでお付き合いすべきか?~その裏にある心理を掘り下げると見える世界が変わってくる~



優しい彼女・奥様が多いので、夫の性的嗜好に付き合ってあげてる方もいらっしゃるかと思いますが、さすがにそればかりはイヤだと感じられるケースです。
そういうときはその心理を掘り下げることでその性的嗜好が表す意味が見えてきますし、また、自分自身の課題も見つかるものなのです。

根本師匠初めまして。ブログの熱心な読者です!

夫には「両腕がない私を想像すると興奮する」という性的嗜好があります。
「腕を失ったって言ってみて。」から始まり、最初は気持ち悪かったけど、言ってみたら夫がすごく嬉しがって、それならいいかな?と合わせるようになり、1,2年です。
正直気持ち悪いことは伝えましたが。

その他「腕のないプリンセス」、「腕があった跡だけが残ってるね。」「腕がなくちゃ自分でできないね?僕が気持ちよくしてあげないといけないね。」など。
夫は現実では私に腕がなかったらいいのにとは少しも思わず、性行為時の想像の中のみだそうです。
確かに、夫に残虐な性質は一切ありません。

私は最近自分により正直でありたいと思うようになり、もう想像でも腕を失いたくないと夫に伝えると、
「なんで?想像の中だけじゃないか。君も腕がないと言う時興奮するじゃないか?」
夫は長い間こうしてきたのに、しかも私も興奮していたのに、全く納得いかない感じです。
私は腕がない想像によるものではなく、夫がより興奮している姿を見ることでより興奮していたのと、少し演技も入っていました。

それを伝え、今までは合わせようと思って言ってきたけど、自分により正直になりたいと思っていて、自分のコアな価値観に反することはもうしたくないと伝えました。
夫:「じゃあ、今より言う回数を少なくすることでどうかな?自分の中で大事な性的嗜好なんだ。夫が喜ぶと思ったら想像の中だけだからできないかな?」
私:「これは私にとっても大事なんだ。例えば、あまりやりたくないことでも、例えば家事とかならするけど、自分のコアな価値観に反すること、想像の中でも腕を失うことはしたくないんだ。」

でも絶対絶対譲れないか?と自分に問うてみたら、譲れるかも。
ただ、このちょっと気味が悪い感じと、自分を大事にしてないような気持ちにどうやって折り合いをつけたらいいのでしょうか?
(Yさん)

あら、なかなか面白い性的嗜好をお持ちの旦那様ですね。

けっこう似たようなお話はあちこちに転がっておりまして、カウンセリングでも話題に上ることがあります。

そもそも性的嗜好ってのはその人の潜在意識をモロに表現しているのでいろいろと邪推できたりするんですね。

例えば思いつくだけでも「セーラー服とかナース服とかを着せたがる」「何かと縛りたがる」「車や外でしたがる」と言った良くある話から「ハイヒールを履いてのプレイを好む」「女王様プレイを望まれる」「おしっこするところを見たがる」「NTR願望がある」等々、様々なお話を伺ってきました。

最近は彼側の性的嗜好じゃなくて、自分自身の性的嗜好について相談されることもだいぶ増えました。「こんなあたし変ですか?自分がおかしいんじゃないかと思って」って。

性的嗜好って心理的にみれば、ある種の抑圧が招くものであり、潜在的願望を示すものであり、要するに、アンダーグラウンド的な要素があるものです。

ただ、それを奥さんや彼女に頼める彼ってのはまだ健全な方で、自分の性的嗜好に罪悪感を持つ方はその願望をお金を払って満たそうとします。

そう言えば、ある旦那様は実は女装してセックスをすることを望んでましたが、さすがに奥様の前でそれは言い出せないから「女装クラブから風俗店へ」という趣味を隠し持っていました。

Yシャツに口紅がちょっと付いていたので浮気を疑って徹底的に調べたら、まさか自分の旦那が自分で塗った口紅だとは青天の霹靂で御座いますわよね。

さて、私などはYさんのお話をお聴きすると「どうしたらいいのか?」という話をすっ飛ばしまして、「なんでやろ?」と考える嗜好がございます。

すなわち「なぜ両腕のない女性とセックスすることに興奮を覚えるのか?」という命題です。

Yさんはなぜだと思います?
そういう話をしたことあります?

・・・まあ、してもあまりスッキリする回答は得られないかと思いますが。
旦那としても「だってそれでコーフンするんだから、別に理由なんてないだろ?」という感じで。

ちなみに私は実際に片腕のないクライアントさんをカウンセリングしたこともありますけれど、彼女曰く「特定の男性は私に腕がないことで異常に性的興奮を覚えるみたいです。」とのこと。

彼が特殊というよりも、何かしらの心理的な傾向があるようです。

で、そこでどんな風に読み解くか?というお話をしたいと思います。

「腕」というのはモノを動かしたり、運んだり、何かを作ったりするための重要な部位ですが、それ故に「コントロールの象徴」として捉えられます。

腕を縛られて不自由になると何もできなくなるでしょう?

だから、「腕がない」ということは「不自由さ」のシンボルであり、「何もできないこと」の象徴になります。

とするとYさんの旦那様は「彼女を自分の思う通りにコントロールしたい」という欲求があるんだろうと思います。

>「腕がなくちゃ自分でできないね?僕が気持ちよくしてあげないといけないね。」

という発言がそれを表していますよね。

「何もできない彼女だから自分が何かしてあげないといけない」わけですから、ある意味、Yさんを思い通りにしたいのかもしれません。

この心理は一部ロリコンに通じるところがあります。

とすると、彼にとって日常生活の中でコントロールが効かなくて不自由さを覚え、そこで何かしらストレスを抱える状況にあったのかな?ということも推測できるのですが、その辺は本人に聞いてみないと分からないですよね。

こうした性的嗜好のルーツはやはり幼少期に見ることができるので、彼の家庭環境なども視野に入ってくるでしょう。

ちょっと別の事例ですがひとつご紹介しましょう。

先ほどの女装癖のある旦那さんの件なんですけれど、奥様から話を聴く限り、彼は田舎の名士と言われる家庭の長男として育ち、躾にしても教育にしても相当厳しくされたそうです。

それゆえエリート街道をまっすぐ走り、高給取りになっていらっしゃるのですが、その一方で、彼は自分に自信が持てず、男性としてのコンプレックスを抱いていたようです。

長男として厳しく育てられる一方で、妹はのほほんとしており、遊んでいても怒られません。「あいつは女だから」という差別的な環境でしたが、彼はそれを羨ましく思っていたようです。

また、偏差値の高い大学からの一部上場企業というエリートコースはプライドばかりが高くなり、男性が自信を付けるにはかなり厳しい環境なんですよね。

そのコンプレックスを克服するために彼は筋トレに励み、また相当ハードワーカーでいらっしゃったようなので、見た目、行動、雰囲気はめちゃくちゃ男性的です。

つまり、男として生きることから逃げるために彼が見つけたものが女装ということだったようです。(女装癖のある男性がすべてこの心理だとは限りません。)

そうして彼は自分の心の弱い部分(=誰にでもありますね)をそういう形でフォローしていたんです。

ちなみにパートナーシップというのは良くできてるもので、その奥さんはけっこうSっ気のある方でして、いろいろと仕掛けは作りましたが、夫を女装させて、その夫を辱めることに喜びを覚え初めまして、何だかんだ充実した夫婦生活を送っていらっしゃるようです。

こうした話は旦那さん本人もあずかり知らぬことで「気が付けばそういう性的嗜好を持つに至っていた」ということになります。

腕がコントロールを表すだとか、自分が奥さんを意のままにしたい、何もできない奥様を喜ばせるのが好き、というのはなかなか自分でも気づけない専門領域なのかもしれません。

ということで、心当たりのある方は喧嘩したり別れ話をしたりする前にご相談いただけたらと思う次第です。

さて、ここからどうしたらいいのか?という点で、先ほどの奥様の「仕掛け」の部分をお話しするのですが、これもまた「夫にどうしたらそのプレイをやめてもらえるか?」という浅い話ではございません。

>でも絶対絶対譲れないか?と自分に問うてみたら、譲れるかも。

という思いのあるYさんでございますけれど、Yさん自身にも隠れた性的嗜好ってないのかな?と思うのが私の疑問です。

夫があるから妻もある、じゃないですけれど、何かしら抑圧されてる欲求(ニーズ)や思いはないのかな?と思う次第です。

ここは「パートナーは鏡である」という基本原則を用いているわけです。

例えば、Yさん自身が女性として自信を失っているところ、子ども時代から自分を隠してきたこと、不自由さを覚えて生きてきたようなところってないでしょうか?という点です。

何かあきらめざるを得なかった夢があったり、大きな目標があったのに失敗してしまったり、ということもあるかもしれません。

さらに、性的な部分において自分を隠しているところ、ほんとの自分を出せてないな、と感じるところってあるでしょうか?

ほんとはもっとこうしたいのに、恥ずかしかったり、怖かったり、いろいろ考えちゃったりして出せてないところ。

自分のエロさや性的興味に蓋をしてしまっているようなところ。

そう、旦那の話のはずが、なぜか奥様自身の話になっていくところがカウンセリングのイヤらしいところですよね。笑

夫が腕がない状態に興奮を覚えるならば、じゃあ、奥様は無力感や不自由さを強烈に感じる体験ってなかったのかな?と思うのです。

その一方で、Yさん自身がすごく頑なになってしまう、頑固になってしまう領域って何かありませんか?という疑問も浮かびます。

性的なことに限らず、これは絶対に譲れないみたいなものが何かあるのかな?と。

そうして「夫がそのような性的嗜好を持つ意味」を読み解いていきます。

要するにこういう問題って表面的でテクニカルな方向に見ていくんじゃなくて、その裏にある意味を読み取り、パートナーシップレベルで考えていくと、この問題をきっかけに自分自身がより自分らしく生きられるようになったり、息が楽に吸えるようになったり、夫婦関係がさらに良くなったりしていくわけです。

そうして意味を知り、目的を理解していくと、この疑問は解消されていくと思います。

>ただ、このちょっと気味が悪い感じと、自分を大事にしてないような気持ちにどうやって折り合いをつけたらいいのでしょうか?

基本的にイヤなもんはイヤと表現することが原則なのですが、その一方で、旦那の要望に応えてあげたい自分もいて、そこは常に葛藤するものです。

だから、旦那のその性的嗜好を自分がどう扱うか?というレベルで見ていくとどうしていいのか分からなくなります。

イヤなんだけどできなくはないし、夫を喜ばせてあげたいし、けど、やっぱり自尊心が傷つけられるような気がするからやめてほしいし、でも、それは夫がかわいそうとも思うし・・・と。

そういうときは、今日のネタのようにその裏にある心理を掘り下げていき、より理解を深め、意味を知ることで、より選択しやすくなります。

例えば、旦那さんは「僕が気持ちよくしてあげないといけないね」と思ってるわけですから、奥さんにたくさん与えたい人なのですよね。

じゃあ、普段の生活から「夫に与えさせてあげる、それを受け取ってあげる」という意識を高めることもひとつの手段になるでしょう。

「じゃあ、あなたに全部お任せするわ」という言葉に彼は喜びを感じるかもしれないし、それで夫としての自信を深めていくことができるのかもしれません。

また、Yさん自身が自分の心の内を知ることで、そのプレイを一緒に楽しめるようになるかもしれないし、あるいは「こっちの方が興奮しない?」と彼に提案できるようになるかもしれません。

ということで、その意味を読み解いていくとできることがいっぱい見つかるよー!というお話でした。

★そんなカウンセラーの専門的な見方を体験したい方はぜひこちらへどうぞ。

◎東京/オンライン:5/14,15 問題解決のための2daysセミナー with ジュンコ~1日のみの参加も可。ずっとなんとかしたかった状況に光明を刺す~
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/44504

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

また、お弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。
(こちらの方が圧倒的に採用率&回答率が高いです!!)


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
パートナーの性的嗜好にどこまで付き合ってあげればよいか?
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『パートナーの性的嗜好にどこまで付き合ってあげればよいか?

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい