自立の恋から一転、依存の恋に苦しんだことで得られることは?



失恋するのはもちろん苦しいことですけれど、感情を吐き出してスッキリすることで、ほんとうにたくさんのものが学べます。
こうして振り返る時間をちゃんと作ることで、成長に結びつけることができますね。

根本さん、ネタに使っていただけると幸いです!男からです!

先日彼女と別れたんですが、別れる少し前からイライラしており、連絡もあんまり来なくなり、自分が言われたくないことを言うようになりました。

手紙書いたり、今までやったことなかった友達に泣きつく(しかも後輩)、女性の友達にも泣きついたり(ありえん)、親にも相談したり(まじでありえん)、居酒屋で会った心理カウンセラーに相談して居酒屋で号泣(知り合いが何人もいる中でも号泣笑)と今までの自立の自分では考えられない行動を一週間ほどしたら…
スッキリしました!!笑

今思うと、彼女は罪悪感だらけだったのかなって感じます。
本当にいろいろ振り回されました笑

それでも好きな気持ちを伝え、今までだったら呆れるくらいなのに、今回は「でも、好き」が勝ったんですよねー。
少し落ち着いて考えると前の彼女に自分がしていた自分勝手な行動を、今の彼女がしていて、まさしく自分を見ているようだったからだと思います。
こんなおれでも愛してくれるのか?って無言の行動のような、訴えのような気持ちです。。今の俺じゃ幸せにできないので、前の彼女の時は浮気してました。

逆に自分は今回の件で、ずっと自立側にいて、好き放題やってたのが、タガが外れたようにがんばれなくなり、泣くようになり、頼るようになり、心のギスギスもなくなり、人が変わったようです。
無駄で生産性がないと思っていた一人飲みもできるようになりました!
いじめるハードワークもやめれましたし、がんばらなくても価値あることを感じられてます。

今回は出会いと別れは
・過去の自分を拾うためだったのでしょうか。

昔の自分みたいだった彼女を助けたかった、このままじゃ孤立するから一番の理解者になりたかったって精一杯したのですが、逆にそれがやだったみたいです。彼女は役職が上がり仕事を頑張ってました。自分はがんばれなくなり、のらりくらりと仕事してました。

・彼女にどう接すれば良かったのでしょうか。

久しぶりに依存の立場を味わい、会いたい気持ちを抑えるのに必死な期間で、今までの自分を振り返る期間になって良かったと思ってるんですが、

・彼女はどう思ってるんでしょうか。

・今回の学びはなんだったのでしょうか。

支離滅裂な文章ですが、
良かったら根本さんの意見をお聞かせください!
(Mさん)

頂くリクエストの95%以上は武闘派女子からなので、男性からのリクエストが届くと荒野に爽やかな風が吹き抜けたような気がするんですけど、気のせいですかね?(笑)
そのためか、時々「根本さんって男性からのリクエストの方が丁寧に答えてますよね?」と喉元にナイフを突きつけられながら適切なご指摘を頂くこともあります。
・・・そんなつもりは・・・ないんですけどね・・・(笑)

ということで武闘派女子の皆さんにおかれましては「へえ、男ってこんなこと考えてるんだ」という風に参考にして頂ければ幸いと思いますし、数少ない同胞の皆さんは孤独感を癒して頂ければ幸いです!

とはいえ、感情の動きとしては男女ともそんなに大きな違いはないので、「なんだ、男も同じか」と感じて頂いてもOKです。

さて、Mさんにおかれましては「今までやったことない、ありえんことをあれこれやったら、スッキリした」ということがものすごい成果じゃないかなあ、と思うわけです。

しかし、居酒屋で心理カウンセラーと出会うって凄い確率ですし、そのカウンセラーさんを尊敬しますね(私なら、まず気配消しますし(笑))。

感情って吐き出せば吐き出すほど、早く抜ける(なくなる)という特徴があります。
(ちゃんと表現すれば「感情は感じれば感じるほど解放される」です)

だから、友達や親に泣きついたり、居酒屋で号泣したりって、自立系にはあり得ない行動をとることでどんどん辛い感情も流れて行って、気が付けばスッキリするわけです。

逆に、感情を出さずに一人で抱え込み、日夜あれこれ考えをめぐらしていると、感情は出口を失っていつまでも心の中でぐるぐる巡るようになり、「引きずる」という状態になります。

お手紙や御恨み帳を書いたり、友達に泣きついたりすることをいつもお勧めしているのは、そういう効果があるからですね。

>少し落ち着いて考えると前の彼女に自分がしていた自分勝手な行動を、今の彼女がしていて、まさしく自分を見ているようだったからだと思います。

男女問わず、そして、恋愛に限らず、こういうことってよくあるんですよね。

以前の彼女にしていたことを、今の彼女にされるってこと。

バランスをとる、というわけではないのでしょうが、立場を入れ替えて、それぞれの体験をしようとするわけです。
それでどちらの立場も理解できるようになるでしょう?

あるいは、こんな見方もできます。
元カノのときにMさん、実は罪悪感を感じまくっていて、自分に罰を与えるために、逆の立場を選ぶ、という。

もちろん、それだけで今の彼女と付き合ったわけではありませんが(←ここ重要)、「目には目を、歯には歯を」みたいに、同じ思いを自分が体験することで自分を罰しようとする動きを罪悪感はよくやります。

そんな罪悪感に関する本はこちら。彼女の気持ちも理解できるかも。

「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」(ディスカバー21)

その一方で、Mさんにとってはこういうことも今回の恋から得られた成長と学びなんです。

>逆に自分は今回の件で、ずっと自立側にいて、好き放題やってたのが、タガが外れたようにがんばれなくなり、泣くようになり、頼るようになり、心のギスギスもなくなり、人が変わったようです。
>無駄で生産性がないと思っていた一人飲みもできるようになりました!
>いじめるハードワークもやめれましたし、がんばらなくても価値あることを感じられてます。

ひとりで頑張ることに限界が来ていて、それを打ち破って「人に頼る」「人とつながる」「感情を表現する」「頑張らない」という新しいステージに入られたのかもしれません。

「がんばらなくても価値がある」ということを感じられるってめちゃくちゃデカいんですよね。
それができるだけで全然変わりますね。

>昔の自分みたいだった彼女を助けたかった、このままじゃ孤立するから一番の理解者になりたかったって精一杯したのですが、逆にそれがやだったみたいです。彼女は役職が上がり仕事を頑張ってました。

自立側は依存を嫌います。
それは自分の内側の依存心を嫌っているからですね。

とはいえ、人間関係はけっこうな確率で「一方が自立、一方が依存」の立場を取ります。(バランスの法則)

そうすると自立側(今回ならば彼女側)は自分が嫌って抑圧している依存心を彼(Mさん)を通じて見せつけられることになるんですね。

だから、そこには嫌悪感もいっぱいあるわけです。

彼女を理解したい、という思いを、彼女は受け入れられなかったのでしょう。
また、Mさんも依存の立場からそれをやろうとするので、彼女からは嫌悪されてしまったのかもしれません。

こういう時って

「自立的な彼女は自分でやりたい、自分ひとりで頑張りたいと思っている。だから、その思いを信頼しよう。かつての自分が味わったような苦しみを体験するかもしれないけれど、それも彼女にとっては必要なこと。それよりも、今自分ができることをしていこう」

という心がけが大事です。

自分が依存側にいるときは「彼女に寄り添う、理解する」という態度が、自立側から見ると「依存される、干渉される、心配される」という風になるんです。
それってすごく嫌なことなんですよね。

だから、依存側にいるなあ、と気付いたら、まずは自分も自立することを目指します。
そうすると「自立vs自立」の競争時代に入りそうになるんですけど、ずっと彼女を「信頼」することを選び続けると、そのまま、さらに次の「相互依存」の関係に入れます。

そうすると、Mさんが元々やりたかった「理解者になる」ということもできるようになります。

彼女を信頼した分だけ、彼女からの信頼を得ることができるんです。

ある意味、自立して頑張りたい彼女を大きな視野で見守る、という意識を持ってみるのもありでしょうねー。
とはいえ、依存側にいると不安だったり、会いたかったりするので、なかなか難しいところですが、それがいわゆる「課題」「学び」ってことですね。

で、よくこういう質問を男女問わず頂きます。

>・彼女はどう思ってるんでしょうか。

それは彼女に聞かないと分かりません(笑)

相手の気持ちは「想像する」ことはできるけれど、「分かる」のは難しいと思っています。

「彼女はあれこれと干渉してくる俺のことがイヤだったんだろうなあ」と想像することはできますが、ほんとうに彼女がそう思ってるかどうかはわからないものです。

だから、私は相手の気持ちを「決め付ける」ということについては、ものすごく注意喚起です。

その可能性もあるけれど、そうとは限らない、と思うことをお勧めしてるんです。

だって、その人の気持ちってその人にならないと、ほんとうに分からないものですから。
分かったつもりになっちゃうことはとても人間関係に危険だと思います。

だから、「彼女はどう思ってるんでしょうか?」と聞かれたら、「そりゃ、分からないよねえ」とお答えしています。

会いたい気持ちを押さえることに四苦八苦するほどの情熱的な恋ができたことは素晴らしいことだし、それを機に自分がどんどん変わってきたことはMさんにとってものすごく大切なことだったと思います。

今できることは、そんな自分を否定せずに、肯定して、成長分をちゃんと受け取って、ますますいい男になっちまうなあ、とニヤニヤして、そして、心を整えていくことです。

そして、次はもっといい恋をしよう!!!と決意表明することです。

◎ちなみに男子限定セミナーをまた企画します。仕事のこと、パートナーシップのこと。女子がいない安全な場(?)で、ぜひ語らいましょう。

東京:8/24(土)14:00-16:00 男子限定セミナー(懇親会あり)

申込はこちら

https://business.form-mailer.jp/fms/137c3bb249192

★自立系武闘派女子なカウンセラーが揃う根本のお弟子さんたちによるカウンセリング。

http://cocoronooffice.jp/#counselor

★動画付きでより深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,240円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい