(新刊の感想18)「敏感すぎる自分を生かす」というところまで持っていかれていて、「ありのままでもいい」という部分に根本さんの優しさを感じました!



発売すぐに増刷(重版)となり、その後も重版を重ねている「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)に読者の皆さんからいただいた感想です。
そして、本書を読まれた方の感想も募集しています~!
こちらの問い合わせフォームより、ご紹介可能な名前と共に感想を送ってください。
その際、紹介して欲しいURLなどもありましたら教えてくださいね。

amazonにて「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」を購入!

◎プロローグを無料でお読みいただけます!
新刊「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」の『プロローグ』を大公開!

◎新刊発売記念講演会(東京、大阪、名古屋、札幌など)も開催>詳しくはこちらへ!

◎新刊のテーマ「自己肯定感」と「自分軸」を扱った本格的なワークショップも開催>詳しくはこちらへ!

皆さまから頂きました感想です。

根本先生のセミナーによく参加させていただいてましたが、そのセミナーの中で言われていたことやワークなどが、この本に凝縮されていると思いました。
私は本を読むのが苦手で、はじめは「読めるかな?」と不安になりましたが、結局半日で読んでしまいました。根本さんの文章は難しくなく、すーっと入ってくるのがすごいところだと思います。
ワークも一度やって終わりというものではなく、ふと立ち止まったときに何回でもできるようなものだと感じ、読み終えても手元に置いておけるハンドブック的な役割だと思いました。やるかやらないかはやる気の問題ですね(笑)
また、私のイメージでは、自己啓発の本では「もっとこうしよう!」「チャレンジしてみよう」というような風潮が強い気がしているのですが、この本の中では「敏感すぎる自分を生かす」というところまで持っていかれていて、「ありのままでもいい」という部分に根本さんの優しさを感じました!ありがとうございました!
(Kさん、女性)

ワークをやって、子供の頃から、周りの目を気にしていたことや自分自身の感情を言えなかったことなどを思い出しました。
これからは、人と比べて出来ないことがあっても、自分を責めるのではなく、それも自分と認めてあげたいです。
(Yさん、女性)
この本を読む前、自分が『敏感すぎる』という自覚はありませんでした。
でも、今思えばずっと人間関係に問題を抱えており、
「周りが悪い」と思うことで自分と向き合うことを避けてきました。
そして読み進めるうちに、離婚した元夫も私以上の『敏感すぎる人』であり、
その負のパワーに私も影響を受け始めて精神的に不安定になったため
彼と離れることを考えるようになったのを思い出しました。

今『すべての出来事にムダはない』ことを実感しています。
結婚したことで、他人との一歩踏み込んだ関わりの中で違和感に気づき、
自分と向き合う覚悟ができました。
そして少しずつですが前に進んでいる実感もあります。
この本を1章読むだけで、1つセミナーに参加したような疲労感がありました(笑)

人間関係に違和感を持つ方、根本歴15年の私がこの本をお勧めします!
また機会があれば元夫にも読んでもらいたいな、と思っています。
(体調不良を理由に連絡を断たれているので当分は難しいと
思いますが…σ(^_^;))

以上です。

(YKさん、女性)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事