自分を変えたければ、まず、自分自身を受け入れること。許すこと。


「今の自分はダメだから変わらなきゃ」というのは今の自分を否定しています。
だから、仮に成長したとしても、その実感は乏しく、いつまでも今の自分ではダメだと思い続けることになるのです。

「変わりたい」という思いは決して悪いものではありません。
ただ、「変わりたいのに変われない」や「成長したいのに実感できない」というお話を伺っていくと、ある共通した問題点が見えて来ます。


それは

「今のままではダメだ」
「今の自分ではダメだ」

という「現状否定」が働いているのです。

今の自分がダメ、だから、もっと良くならなければ、変わらなければ、というのは“動機”としては悪くないかもしれませんが、それをずっと続けてしまうと、逆にネガティブな自己暗示をしてることになっちゃいます。

だって、

「変わりたい」

と思うたびに

「今の自分ではダメだから」

と言ってるわけですから。

すなわち、仮に成長したとしても「今の自分はダメだ」と思ってしまうのです。
これ、よくやってしまいがちな間違いだと思うのです。

「今の自分も素敵だけど、もっと輝きたい!」というのはいかがでしょう?
「今の自分でも十分OK。でも、こんな風になりたい!」というのはどうでしょう?

やはり「今」を肯定することが大切なのです。

今、OK。そこから、成長する、ということ。

ただし、チラッと書いた通り、最初は「今の自分ではダメだ!」でもいいです。
それがきっかけ、動機づけになることもありますから。
ただ、そればかりを思い続けると、常にダメなところにフォーカスしてしまうので、頑張ってる自分、変化しようとしてる自分、チャレンジしてる自分、そして、変化してる自分、に意識を向ける必要があります。

だから、「変わりたい」という方のカウンセリングでは、よく「どんな変化がありましたか?変わった、という視点で以前の自分と今の自分を見比べてみてください」とお伝えします。

毎日使える心理学講座

あなたにオススメ