【out of 愛され本】コミュニケーションの軸は男が事実、女が感情。



女「ねえ、聞いてよ。今日会社で部長がまたねちねちと説教を始めたわけ。私の仕事が遅いとか、間違いが多いとか指摘するんだけど、それって完全に当てつけなのよね。きっと会議で批判されて、それでこっちに当たってるのよ。ほんとむかついて、辞めてやろうかと思っちゃったのよね。」
男「そんな上司いるんだ」
女「そうよ、ほんと、最低な上司!って思わない?あ、そう言えばユミコ、彼氏に騙されてたんだって!もう、話聞いててめっちゃムカついて!結局、付き合ってる彼女がほかにいたのよ。ひどいよねえ~。なんで男ってそんなことができるわけ?」


男「ええ、でも、そんな男ばっかりじゃないじゃん」
女「そりゃそうだけどさ、でも、あなただって前にしょうもない嘘ついたことあるじゃん。会社の飲み会って言っといて実はコンパだったじゃないの!あれ、ほんと傷ついたんだからね!」
男「(ええー。今、それ?)あ、あれはほんとごめん。仕方なかったんだって。ていうか、いつまでもその話引っ張るなよ。過ぎたことじゃないの」
女「そう!男っていつもそう!すぐに終わったことにする!ちゃんと説明もしないで!」

男「今日会社でさ、上司がまた説教初めてさ。あれ、絶対会議で面白くないことあったからだぜ。それで俺らに当たるなんてひどいよな。」
女「へえ、大変だったね」
男「部下を守る、とか言う気概がないんだな、あの人は。でも、仕事だからしゃあないよな。そういうこともあるし」
女「それって我慢してるんじゃないの?」
男「そうだけど、だからって何もできないし。だから、俺はそんなことは忘れてやるべきことをやったよ。」
女「えらいじゃん」
男「来週、取引先に持ってく資料がなかなかややこしいんだけど、かなり大きな予算付いてるから失敗は許されないんだよね。相当気合入れてやってたら、部長のことなんてどうでも良くなったよ」
女「(どうでも良くなったにしては引きずってるような?)そ、そうなんだ。それならいいんだけど」

男は客観的に、事実をなぞる話し方・聞き方をします。だから、「仕事」の話であれば、一通り「仕事」の話をします。
その上、やや話の中身は誇張され、自分が悪く思われないように多少の細工を加え、できれば、自分はすごいんだぞ、というアピールもさりげなく含めます。

女は感情的に、気分に乗って話を進めますし、聞きます。だから、「ムカつく」という話であれば「ムカつく」話を次々繰り出します。
その上、共感を求めます。だから、反論されたり、途中で話を遮られたりするとそれもまたムカッと来ます。そして、「彼」のムカつく話まで思い付いてしまいます。

客観的に評論家的に聞いてる彼は突然自分に話が振られて「ええーっと」のけぞります。
「俺?」てなります。
「俺、関係ないじゃん」って
なぜかというと彼は「仕事」と言う話だと思って聞いていたから。

彼女からすれば、「上司」「ユミコの彼」「男」「彼」というのは「ムカつく対象」であり、その感情ベースの話から矛盾は感じません。
しかし、彼からすれば、それは話が飛ぶ、と感じます。「仕事」の話をしていたのに、「友達の話」になり、「自分」の話になるからです。

一方、彼の話は「仕事」に終始します。
感情ベースで見れば、最初ムカつく話をしていた彼が、次に諦める話をし、気合を入れて頑張る話になります。
女からすれば「え?怒りはもういいの?え?もう諦めちゃうの?え?そこで気合が入るの?」と「それでいいの?」という風に捉えられますし。
また、こうした事実を並べる男性の話し方は感情があまり動かないので退屈になりますし、ヒーロー願望からやや話を盛ってるところは若干興ざめを招きます。
そもそも思考的な分、「自分」「自分の気持ち」についての話は避けようとします。客観ではなく主観になってしまうからです。

男女のコミュニケーションの難しさって、そんな話し方・聞き方の違いに現れます。

男性が女性の感情に寄り添えるようになれば、
女性が男性の思考に合わせることができるようになれば、比較的スムーズに行きます。

今回の例では聞き役に徹してもらいましたが、たとえば、上司の説教に対する彼女の話に彼は「でも、実際ミスしてるのはお前だろ?だから、ムカつくのは仕事をきちんとしてからにした方がいいんじゃないのか?」と説教をし、見事に火に油を注ぐこともよくある話です。
彼は「仕事でミスをして上司に怒られた」という事実を捉えるからです。

一方、女性も「引きずってないわりには、ムカついてるよね」と彼の感情を指摘すると、やはり火に油を注ぐことになります。
男性にとって感情はコントロールすべきもの。だから、感受性が豊かな女性にとってはそうした態度は見え見えの“嘘”に思えてしまうのです。
「全然そんなこと思ってないくせに!」という風に。

そういうところを理解し合えると、だいぶ、楽になるんじゃないかな?と思うのです。

参考になりましたら幸いです。

●「頑張らなくても愛されて幸せな女性になる方法」好評発売中です(^^)
頑張らなくても愛されて幸せになる方法

男と女の心理学
あわせて読みたい