本の感想を頂きました(^^)あと美容室、エステサロン関係者の方にちょっとしたお願いも。



『頑張らなくても愛されて幸せな女性になる方法』(リベラル社)。感想も送ってくださってありがとうございます。今日はいくつかご紹介っ

#感想を送って下さった方にも音声ファイルをプレゼントしています。

詳しくはこちらのページもご覧ください!

送り先は

danjonochigai@gmail.comにメールください!
 ※お願い:gmail.comからのメールを受け取れる設定にしておいてくださいね!

#いつもお世話になっている美容院で「本、置かせていただきますよ」とおっしゃっていただいて、早速持って行くと、お客さんはもちろん、美容師さん達が奪い合うように読んでらっしゃると耳にしました(若干話は盛られてると思いますが(笑))。
美容室やエステサロンを経営、もしくはお勤めされてる方で、この本をお客さんのために置いてあげたい、と感じられる方は私までご連絡ください。
福岡ではすでに3軒ほど置いて頂けることになりました!


出版してすぐ買って下さった方から「男ってめんどくさ!」と言う感想が真っ先に、しかも、複数届きました(笑)
「いやいや、女子だってさ・・・」という返しをしつつ、それくらい男女って違うんやなあ、と改めて感じました。

そして、「女性向けの本だけど、これ、絶対男子が読むべき!」という声もとてもたくさんいらっしゃいます。
中には「男性向けに装丁直して出したらイケると思う。絶対、それやってほしい」という声もいただきました!

もともと「彼から彼女へ、彼女から彼へプレゼントしたくなる本」というイメージをしながら書いたので、ぜひ、皆さんの周りの男性にもおススメいただけたら幸いです。

danjonochigai@gmail.comにメールください!
 ※お願い:gmail.comからのメールを受け取れる設定にしておいてくださいね!

さて、皆さんから頂いた感想です!
今日は4件ご紹介させていただきます。

***

楽しく読ませて頂きました(^-^)
トリビアの泉 ?のように
「ヘェ~」を何回繰り返し発言
したことでしょう(^-^)
男と女って こんなにも違うんだ
って 思いました。
根本さんの想いが凝縮された1冊だ
と思います。あっという間に読了
してしまうくらい、わかりやすい
事例を載せていただき
ありがとうございます。

さくらさんより。

***

本、読んだよーーー!!!
これええわ! 目からウロコ落ちまくり。
ありがとうね。
この本を読んだ夫が、やたらドヤ顔してんねんけど・・・・・・・。
そういう意味では、実は男性向けなんちゃう?!
ありがとうね! めちゃええ本、大事にするわ。

おしとやかで男性を立てる内面美人なおかつセクシーダイナマイト炸裂美人(自称)様より

***

大切に読まさせていただきます
先日頂いた音声講座は、夫と一緒に、ゲラゲラ笑いながら聞きました~
ありがとうございました!

Yさまより

***

本を注文し、プレゼントの音声ファイルをいただいた時から 彼氏との間で「男性ってこんなところがあるんだね」と話題が盛り上がりました。
本の内容は、やっぱりさすが、と、根本さんらしい切り口への安心感と ブログとは雰囲気の違う文章に、新鮮な驚きとドキドキを感じるものでした。
これまた彼氏とのコミュニケーションツールとして
「この部分は当てはまるな~。ここは私たち、男女逆転だね」
「私、今まであなたのことをあまりにも誉めてなかった。反省したよ」
「そうか、じゃあもっと誉めてくれ(笑)」 などと楽しく話し合え、役立ってくれました。

ただ、私があまりにも夢中で読んでいると、そのうち彼が 「そんなに俺より根本さんがいいのか」と不機嫌になり始めたので おや?と読むのを中断して、まさに内容を実践することに。

彼とは話しやすい関係ですが、ケンカも頻繁に起きるので、今回は即効で助かりました。

更に役立ってくれたのは、友人へのアドバイスです。 本が届いて二日後に、友人から相談を受けたときのこと。
恋愛ではなく男性上司との関係がうまく行かない、との話でしたが、 一通り不満を聞かせてもらっても 「いったい上司は何を考えているのか、どうしたいのか」 と同じ悩みをぐるぐるループしていたので、これはまさに本の内容がぴったり!と閃いて 男性の傾向と対処法を、いくつかピックアップして伝えてみたところ 「そうなの?そう言えば思い当たる!これなら私にもできるかも」 と腑に落ちたようで、関係の改善に明るい希望を持ってくれました。

本の内容が、見開きごとに一章ずつコンパクトにまとまっていて とてもわかりやすかったので、回りくどい言い方でなく、ピンポイントで伝えやすく 友人にもすんなり届いたようです。

順番に読んで行くのも良し、パッと開いたページからでも、目的のタイトルからでも良し、 その時の気分に合わせて、何度も読み返したい本です。
装丁がまた優しい色使いとデザインで、和みますね。

IMさん。

あわせて読みたい