自分の弱さを許せるときっと世界はもっと良くなる。


癒しの目的は「許し」。誰かを許す、ということでもあるけれど、結局は「自分を許す」というところが目的になります。

できる自分、かっこいい自分、かわいい自分等々・・・いい自分のことは認めてあげられると思います。

でも、大切なのは弱い自分を許すこと。
誰かといつも比べてしまう自分。
周りに流される自分。
卑しくて意地汚い自分。
自分ことしか考えられない自分。
何かにいつもイライラしてしまう自分。
人としてとても器の小さい自分。
他人に迷惑をかけてしまう自分。
人を傷つける自分。
何もできない自分。
何のとりえもない自分。

そういう自分に「いいじゃない」「OK!OK!」と言ってあげてもいいんです。


それが私、それが今の自分なんだから。

感情込めなくてもOK。
ちゃんと理解していなくてもOK。

私たちのエゴは、その弱い自分を許そうとすると何かしら抵抗を仕掛けてきます。
「そんなこと思ってもないくせに」
「そんなこと許したって何も変わらない」
「ダメなものはダメでしょう」
「自分だけ許したって周りは許してくれない」

そして、「でも、だって、どうせ、」と3Dを繰り出してきます。

だから、感情込めなくてもOK。
むしろ、他人事くらいに思った方がいいかもね。

友達に言ってあげるように、自分に言うような。

でも、最大のエゴは「自分を責めていたい自分」「許したくない自分」。
たいていは、何らかの罪悪感から来てます。
自分を責めることが贖罪だと思う自分がいるのです。

結局自分を許したくなんかなくて、そのままでいたい、そうやって自分を責めていたい自分がいるんです。

これが最大のライバルです。
そして、最も許してあげなきゃいけない存在がコレです。

言葉としてはちょっと複雑になります。
「自分を許したくなくて、ずっと自分を責めていたい自分がいてもいいじゃない!」て。

日本語的には訳が分からなくなりますね。

しゃあないやんって。
OKなんよって。

そう、自分に言ってあげること。

「なんでそんなことしたん?なんでそんなこと言ったん?なんでそんなこと思うん?」と感じたときにこそ、「ま、しゃあないよな。そのときはしゃあなかったんよな。OK,許したるわ」と自分に言ってあげてください。

気分がスーッとするときもあるけど、そうじゃないときもあると思います。
でも、そこは騙されて下さい。思い込んでください。それでいいんだって。
そう思った分だけ、ちょっとかもしれないけど罪悪感が解放されるから。

でも、確実に楽になっていくと思います。
自分を責める量は減っていくと思います。

その分だけ楽になれます。笑顔になれます。

自分自身をもっと解放してあげることができるのです。

まずは、「ええよ」って自分に言ってあげてください。

お役に立ちましたら幸いです。
いつもありがとうございます。

心理学ミニ講座

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事