「疑い」は「怖れ」の現れ。



本当に信じて大丈夫?
期待して裏切られるの最悪だし、信じるのって勇気要るわ。
そもそも信じるってどういうことなんやろー?

とまあ、人に対して思うことはあれど、実は自分自身に向かって言ってる言葉だったりします。しませんか?

夢や目標やしたいことや成し遂げたいことやヴィジョン(要するに全部同じだ!(笑))があって、そこに向かってベストを尽くしてる、あるいは、コミットメントしている、つもり、なのだけど・・・でも、いまいち自信がない、というか、現実感がない、というか、信じ切れていないのです。

そういうのを「疑い」と言います。


疑いの気持ちを掘り下げて行くと、痛み、がでてきます。
期待したけど裏切られた、
信じたのに成し遂げられなかった、みたいな。

人に対してもそうだけど、自分に対しても同じですね。
(むしろ、今日のお話は自分自身に対するお話として読んでもらえるとありがたいです。)

そこには自己嫌悪・自己攻撃もあるんです。

自分がベストを尽くさなかったから、
もっと頑張れたのに頑張らなかった、
分かっていたのにちゃんとしてなかった、
そもそも実力が足りなかった・・・

「うまくいかなかったこと」に「自己攻撃」がミックスされると、疑いパワーはかなり増大します。

誤解なんですよね、本当は。

その当時の自分は自分なりにベストを尽くしてました。
ちゃんと頑張っていました。
ちゃんとしていました。
実力もちゃんとありました。

なのにうまく行かなかった/失敗したのは、きっと流れの中で起きたこと。
まだタイミングじゃなかったんじゃない?
まだ手に入れるには早かったんじゃない?
むしろ、まだ学びの時期だったんじゃない?

そんなことは本当は分かってるんですね。
うまく行かなかったことが悔しくて、自分を責めちゃっているんですよね。
OK、OK。

その痛みが怖れに変わります。
もうそんな思いはしたくない、という防衛から。

夢や目標やヴィジョンがあれば、それを手に入れるのはそもそも怖いことです。
そこに過去の失敗や痛みが影響しているとすれば、なお、怖れは強まります。
そして、その怖れが、夢や目標やヴィジョンをぼかしてしまいます。

怖れを越えて、よりリアルに感じるために、まずは怖れと向き合います。

怖れは呼吸を細くします。
だから、逆に呼吸に意識を向けて、深呼吸を繰り返しているとそれだけで怖れが消えることもあります。
怖れが強すぎてうまく呼吸できない時は、吸うんじゃなくて、吐く方に意識を向けるんです。
一度、息を吐き切ってみてください。体は必死に空気を求めて吸い込みます。
それでもうまく行かない場合は、空・天井を見上げます。
するとネガティブな感情が一回切れるはずなので、そこで両手を広げながら再び深呼吸してみましょう。
手がポンプ役です。
これでだいぶ収まるはず!

・・・とまあ、呼吸に意識を向けているだけで、ほんとに怖れが無くなることもあります。

怖れは幻想なのです。

「今」じゃないところに意識を向けさせます。
傷ついた「過去」やまだ来ていない「未来」に意識を向けさせます。
だから、今、できることを探して行動してみると怖れは消えてなくなります。
こちらのブログも参照ください!「今できることって何?」(2013/9/4)

ある方のイメージワークで「怖れ」と向き合うセッションをしていました。
始めは怖れが強くて向き合えません。
「怖い」って声に出してもらっているうちにだんだん怖れが解消されていきました。
そして、その怖れの象徴となる人と向き合った時、私はこう言ったんです。
・・・。
「さあ、渾身のアッカンベーを見舞ってやってください。」
・・・。
・・・。
「ぷっっ!え?ほんとにやるんですか?(笑)」

笑った瞬間、怖れは吹き飛びます。

我ながら「渾身のアッカンベー」は傑作だなあ、と自画自賛してますね。
よかったら皆さんも怖れを感じたときにぜひ使ってください!

怖れを越えたら・・・その夢や目標やヴィジョンはよりリアルにありありとその姿を現します。

その世界に、一歩、ほんとに一歩、踏み出してみてください。
ぐいっと言う感じで。それがコミットメントでもあります。
新しい世界を感じられた方はその世界で深呼吸してください。
そして、肌で、目で、耳で、その世界を感じてみてください。

まだ足りなければ、もう少しコミットメントが必要ですね。

そういう方は、あと5歩、と思って下さい。
あと5歩で、そのヴィジョンの世界にすっぽり入ります。
ちょうど目の前に5歩分の距離があります。
遠く見えても、たった5歩です。大丈夫です。自分を信じましょう。
そして、大きく1歩踏み出します。
続けて、また1歩。
また1歩。
大きく息を吸いながらまた1歩。
そして、最後の1歩。

マラソン選手が両手を広げてゴールテープを切るように、その世界に飛び込んでいきましょう。

もうさっきまでの自分とは違います。
よりリアルに新しい世界を全身で感じています。
そのヴィジョンが今、肌に触れています。耳に聞こえています。めちゃくちゃリアルに見えています。

その世界で呼吸しましょう。
新しい世界の空気を目いっぱい肺に入れてあげましょう。

その感覚のまましばらく過ごしてみてください。
だんだん馴染んできますから。
馴染むといい意味で当たり前になります。
その夢が達成されるのが当たり前。そう、もう現実化は目の前です。

最後はヒーリングというか、イメージワークになっちゃいましたね。
読んで下さって、ありがとうございました。

心理学ミニ講座

あわせて読みたい