本当に大切なものって何でしょう?



「本当に大切なものって何でしょう?」というカウンセリングが続いています。

例えば、絶賛ハードワーク中の方に「そんなにも仕事が大事なの?あなたが本当に大切にしたいものって何?」と言う風に。
もちろん、お話を伺っていて「そんなに仕事のプライオリティが高くないのに、周りの人のことを気にして仕事に捉われ過ぎているんじゃないか?」と感じたから出てきた言葉。
「仕事、ものすごく楽しんですよ!ほんま、この仕事やってて良かった!って毎日感謝しながら寝てます!!」
なんて人に上の質問は投げかけません。


大切なものを大切にできていない時のストレスって実に大きいと思うのです。
『本当は家族を大切にしたいのだけど働かなきゃいけないから』という理由で家族と距離を開けてしまったら、やはりしんどいし、疲れるし、罪悪感も感じるし、虚しくなってしまうんじゃないでしょうか。
大切じゃないものの方が優先されるのってそれだけでストレスです。

でも、そのしんどさや疲れが日常化すると「本当に大切なものは何でしょう?」という質問に答えられなくなります。
分からなくなるんですね。
「家族」って分かってしまったらまたしんどくなるから、心はそれを防衛してくれているのです。
だから、「うーん。それが分からないんですよね」って答えてしまいます。

多くの人は、自分の意志からではなく、周りの人との関係性の中で行動を決めています。

「周りが頑張ってるから、自分もやらなきゃいけない。
 人に迷惑をかけてはいけないし、取り残されたくもない。
 しんどいのはみんな一緒。
 だから、そんなこと言うのは甘えだし、頑張らなくっちゃ。
 私はそもそも出来が良くない。だから、人一倍やって始めて対等。
 これくらいでしんどいなんて言っちゃいけない。」

だいぶ、自分に鞭を打たれているようです。

「自分に厳しくないですか?」てお聞きすると、皆さん「いえいえ、むしろ、私は自分に甘いと思っています。」と答えます。

「私は自分に甘い」と思っている時点で「自分に厳しい人」です。
本当に自分に甘い人は、そんな風には思いません。誰かのせいにすることで忙しいからです。

家族、ペット、友達、仲間、仕事、お金、健康、旅行、学び、時間、家、自然、洋服、車等々、大切にしたいものには人それぞれです。何が良くて何が悪いかは関係ありません。

優先順位ははっきり付けられなくても、おおよその並びでいいと思います。
それと今の生活スタイルを見つめてみてください。

もし、違うなあ、と感じたら「自分をもっと大切にします!」と高らかに宣言してみましょう。

後悔しない人生のために、
充実した楽しい人生のために、行動する準備はありますか?

その時、できない理由を一切封印するのがポイントですよ!

もう分かっていることですから、自分のために、自分が大切にしたいもののために行動したいですね!!

心理学ミニ講座

あわせて読みたい