講演テーマ 『もっと上手に人を愛するには?』



私たちは誰かを愛したい、といつも思っているのではないでしょうか。でも、エゴやニーズ、様々な感情によって、いつも「十分に愛せていない」という罪悪感を抱えてしまっているように見えることが少なくありません。

例えば、「私をもっと愛してよ」と思うとき、その裏側には「私は十分に愛を与えていない。だから、きっと私は愛されない」という思いが眠っていることもあります。
無価値感という感情があると、あなたは「私は愛されるに相応しくないし、私の愛なんてちっぽけなもの」と思い込んでしまい、愛を贈ることを躊躇してしまうものです。

また、過去の自分の行いから生じた罪悪感は、自分を毒のように扱わせてしまいます。もし、自分が毒だとしたら、愛する人をすぐ近くに置きたいでしょうか?もちろん、Noですよね。
でも、それであなたは幸せ?相手はどう?

本当は、私たちはみんな、もっと心の底から、そして、遠慮なく愛を与えたいと思っているのではないでしょうか。思う存分、愛したい、と願っているのではないでしょうか。

プロとしてカウンセリングをさせていただいて、ちょうど10年が経ちました。カウンセリングというのは、やればやるほど、“どうしたらもっと上手に愛せるのか?を一緒に考え、提案していくもの”のように感じられてくるのです。
そんな私の経験を通じて、あなたがもっと上手に誰かを愛するにはどうしたらいいのか?をお話させて頂こうと思っています。

もちろん、その「誰か」にはあなたの大切な人たち(パートナー、家族、友人等)はもちろん、自分自身も、含みます。

事例も含ませながら、心がちょっと温かくなるお話、ちょっと勇気が持てるお話、ぜひ、聴きに来て下さい。

あわせて読みたい