(5/9)深希グッズ



このところ比較的夜は寝てくれるのですが、昼は暴れん坊で理加を梃子摺らせてるようです。
放っておくと抱っこしてくれるまで1時間でも泣き続けるようで、ほんと、強情というか、わがままというか、姫というか、お嬢というか、理加のストレスも右肩上がりみたいですね。

確かに一晩だけでも面倒を見ると、抱っこ疲れで腰が痛く、睡眠不足で頭痛がしてきます。
それを毎日続けてる妻は偉いなあ・・・と思わざるを得ないです。
母は強し、ですねー。

因みに8日はカウンセリングに行く前にドラッグストアで深希グッズを一式買い込みました。
オムツ、ミルク、おしりふきに清浄綿等々。
今まであまり行ったことのないコーナーで「おぉ、こんなものがあるのかあー」と興奮してました(^^)
他にも肩こりや腰に張る温キューパットを購入したり、サプリメントや健康食品コーナーを念入りにチェックしたり、ドラッグストアを満喫しました。

さらに8日は深希の服とか雑貨を入れておくチェストが届きました。

tansu.jpg

どう?
幼児が使うには渋すぎると思いません???(笑)
子供向けのデザインよりも、部屋(和室)との調和を優先させました。
実物は写真よりも、もう少しお洒落な感じで、部屋にも昔から置いてあったかのようにフィットしてました。

しかし、このまま幼稚園とかに上がったら「こんなタンスいやっ!」とか駄々こねるんだろうなあー。
それとも理加の教育によって、斯様なデザインを良しとするセンスを身に付けているでしょうか。
楽しみデスネ。

そうそう、子どもが出来て変わったなあ、と思うところをまた一つ見つけました。
数年後、十数年後を現実的に考えるようになりましたね。
上の「幼稚園に入ったら」というのも、現実的には4年後ですからねえ。
社会人になって以来、はっきり4年後に何がある、とか考えたことなかったですから、驚きです。

それより何より、ああ、深希がこうして僕に素直にしてくれるのは長くてもあと10年ちょっとかもしれないんだよなあー、短いよなあーなどと、10年先の思春期を怖れるわけですから、人間変わるものですねえ・・・。
はぁ・・・。

そんなことを書いていると、理加がニヤニヤしながら
「そんな怖れなくても、10年経っても、20年経っても、あたしがいぢめてあげるから心配しなくてもいいのよ」
と優しく頭をなでてくれました。

( ̄□ ̄;)!!

あわせて読みたい