(2/10)入浴法



日本酒の酔い覚めは冷えますね・・・。

9日は休日。
歯医者の予約をすっぽかすほどたくさん眠り、フィットネスクラブにでかけました。
水と戯れたい気分だったので、プールでぶらぶらと歩き、ちょこっと泳ぎ、で、またぶらぶら歩いてました。
隣のコースではスイミングスクールの小学生達が猛烈な勢いで泳いでいます。
僕は25メートル泳ぐだけで、はぁはぁ言うてるのに、彼らは延々と泳ぎ続けてます。
すごい。思い切り尊敬します。

でも、僕がぶらぶらと歩いている間も、泳いでいる間も、ずーっと休まずに遠泳している白髪のおじさんがいました。
30分以上も泳ぎ続けるなんて・・・その年で???
マラソンランナーもすごいけど(昨日の文章をチェック!)、こうして普通にいるおじさんの中にもすごい人がいるんですよね。

・・・。

さて、プールから上がってお風呂に入ります。
ふと思い立って、先日僕の先生から教えてもらったお風呂の入り方を実践してみました。
後で妻に話したら、冷え性なんかに効くやり方で、けっこうメジャーらしいんですけど。

1.まず、膝までお湯に浸かる
2.あったまったら腰まで浸かる
3.さらにあったまったら肩まで浸かる(つまりは普通に入る)
4.その後、一度出て、膝から下を冷水で冷やす
5.再び1に戻り、1~4を何回か繰り返す

これは効きました。
まず、2回目くらいから、なんだかちょっとトランスしてるような感覚がやってきました。
おいおい、もう湯あたりして、のぼせてるのかよ?と思ったがちょっと違う。

ふわーっと何かが抜けて行くような・・・。
そういえば面談の時に感じるとても高いエネルギーのような・・・。

そして、サウナのような滝汗。
新陳代謝がものすごく良くなるんでしょうね~。
その帰り、足元や背中がとても熱くて、ジャンパーもセーターも着てられん!と、長袖Tシャツ一枚で汗をかきながら家に戻りました。
冬の冷たい風がちょうどいい・・・。
真夏のうだるような暑さの中で感じる冷凍庫の冷気の様。

仕事を終えて背中を丸めながら駅に向かう人たちとすれ違ったのですが、きっと奇異な目で見られたことでしょう。
その後も、ずーっと体中がぽかぽかしていて、とても気持ちよかったです。
うちの先生もたまには役立つこと言うって感じ(笑)

しかも、ビールも冷酒もすごくうまいっ!!
(で、冒頭の文章に戻る・・・)

あわせて読みたい