(2/9)不思議感覚



トップページの「今日の一言」にも書いたんですけど、初めてマラソンを生で見ました。
泉岳寺のカウンセリングルームのすぐ前の大通りがコースになっていて、先頭集団が走り抜けて行くのを生で見てしまったんです。
でも、ほんま、偶然なんですよね。
交通整理のぴぴーっという音が聞こえてきたので、お客さんに「そういえば、今日マラソンがあるんですよ。この前の道路走るんですよ」って言うと「じゃあ、見ましょう、見ましょう」ってことで、窓を開けて外を覗いてみたんです。
そうして「まだまだ時間かかりますかねえ・・・」なんて話をしていると、審判車が来て、日テレの中継者が来て、白バイが2台ならんでいて、おぉ、来ました、来ました、先頭集団。
みんな、細いですね・・・。
なんか、しなりのある体って感じで・・・僕とは正反対もいいところ(;▽;)。。。

6階から眺めていたのですが、やっぱり速いです。
42.195kmを2時間ちょっとで走るんですから、平均すれば時速20kmなわけです。
僕、フィットネスクラブでランニングマシンに乗ってるんですけど、時速10kmでも、相当きついんです。
それを2時間以上走り続けるわけですから、ほんと、信じられない世界なんだなあ・・・と改めてトップクラスの凄さを感じました。

でも、こんな偶然って、ほんとに面白いですね。
カウンセリング中のわずか5分に起きた出来事ですから。
ちなみに、そのカウンセリングでは「偶然性」について扱ってたんです(⌒-⌒)

そんな面白い思い出を作りながら東京を後にしたわけですが・・・。

帰りの新幹線では食事して、ビール飲んで、ワイン飲んで、パソコンで仕事してました。
ゆったり帰ろうと思うんですけど、せっかく時間が出来たので、ついついメールの返事やホームページのネタの仕込みをやったりしてしまうんですよね。
でも、それくらい余裕があるってことですから、やっぱり長風呂したり、フィットネスで体動かしたりってことが奏功してるんでしょうね。
ありがたいことです。

でも、自宅に戻ると感覚的にはまだ東京にいる気なのか、すごく不思議な感覚に襲われるんですね。
二重生活者(?)のように、東京も大阪も自宅のような感覚なんですかね。
理加が実家から戻ってくるのをマンションの下で待っていたのですが、缶コーヒーを買いに行こうと思うと、泉岳寺にいるかのように近所のコンビニに行こうとしてしまうんです。

いやいや、すぐそこに自動販売機があるじゃん。

おぉ、そうか・・・と思って自販機で缶コーヒーを買うと、感覚的にはカウンセリングルームに戻るような気で自宅マンションに戻るわけです。

昔から時々デジャヴに遭遇するんですけど、その不思議感覚はたまんないですね~。
時々カウンセリング(セッション)中にも、気持ちいいような、トランスしてるような感覚になることもあるんです。
この感覚が好きでこの仕事やってんのかな?って感じがするくらい、気持ちいいエネルギーなんですよ!!

だから、出張生活も(妻に会えない以外は)苦になんないのかもしれません。
子どもが生まれたら、また新しい不思議感覚に会えそうですね。
楽しみ、楽しみ。

あわせて読みたい