「自分には誇れるものもなければ自信もない」という思いを変えるにはどうしたらいいのか?



自分に誇りを持ちたいし、自信も持ちたい、と思うものですが、私たちのマインドはその逆に振れることが多いのかもしれません。
そんなマインドを変えていくためのアプローチを少々痛い話を交えてお届けしたいと思います。

根本先生こんにちは。今日は考えがまとまらないのでメールしました。よろしければネタで使ってください。

昨年末に誕生日を迎え、40代でいい加減婚活しないといけない最中、冬休みに過去の彼氏に2年ぶりに会いました。

彼とは20代のころ不倫で3年付き合い、彼の転勤で交際は解消。彼は10年間の結婚生活後に離婚し、その後私とは年に1回会う関係です。
彼は変わらず私に親切で面白くて、もう20年この人から影響を受けてるんだなー。やっぱりこの人は尊敬できるいい男だなとしみじみ思い、お泊まりデートもしました。

しかし、ふと思い出すと彼には再婚の意思は一切ないのです。(以前そう言ってた)
私のことはたぶん好きではあるけど、仕事は取締役業で忙しいし、趣味も充実して1人で生きていける人。
しかし私は「私のことをちゃんと見て大切にしてくれる男がほしい」というかまってちゃん。

じゃあさっさと他を当たればという話ですが、私の強欲にあわせてくれる男を一から探し出せる自信はなく、アプリも毎回相手に気を遣って疲弊するだけなので腰がひけています。

結局私が中途半端なのは、私に誇れるものがなく自信がないこと、男に期待ばかりしているからだと思います。
しかし、もはやどこに向かって何を努力したらいいのかわからなくなってしまいました。

先生、男に期待せずに幸せになるって、どういうマインドなのでしょうか?
ご教示よろしくお願いします。
(Hさん)

男に期待せずに幸せになるってどういうことなんでしょうね?よく分かんないっすよねー笑

よく「期待は裏切られる」って言いますから、期待するのは良くないことと思われがちなんですけど、でも、なんで裏切られるか?というと、勝手な思い込み、もしくは、自己都合的希望的観測だからです。

「彼ならきっとあたしを受け入れてくれるはず」というのは何か根拠があればまだ良いのですが、ほとんどの場合が「一方的な思い込み」なんですよね。

“期待”って“依存”に少しだけ“自立”のスパイスを入れたものなので、上記のように「受け入れてくれる」という依存的な表現になってくるんですね。

「受け入れてくれるはず」だから「受け入れてくれなかった」になり「裏切られた」ということになるわけです。全部、受け身言葉ですね。

だから、一方的に思うのではなく、希望的観測を持つのではなく、「自分の思いをちゃんと伝える」ということがとても大事なんですよね。

そして、コミュニケーションを重ねたり、相手の価値を見たり、腹を括ったりしていくと「期待」が「信頼」に変わります。

信頼は裏切られることがないというか、信頼は裏切られることすら受け入れる覚悟なので問題にはならないのですね。

参考)「信頼」と「期待」と「放置」と「逃げ」の違いについて

要するところ、「自分がどうしたいのか?」という意志や「自分が何を感じているか?」という感情をコミュニケーションすることはとても大切です。

もちろん伝え方もあるけれど、それを言わずに分かったもらおうとするのはなかなか難しいものです。

ということでHさんの話にツッコミを入れて行こうと思います。

>しかし、ふと思い出すと彼には再婚の意思は一切ないのです。(以前そう言ってた)

この話を非常によく耳にするんですけど、これってけっこう決め付けなんですよね。
人の気持ちって変わるでしょう?
彼の意思だって変わることがあると思いません?

だから、彼が言ってたその言葉を思い出して勝手に凹む必要はないのですね。

しかも、男の人の言葉です。
女が話す言葉とは覚悟や思いが違いますから、なおさら信頼度は落ちるものです。

じゃあ、自分はどうしたいの?
彼の意思を変えてしまうくらいいい女になってやろうじゃないか!というのもアリです。

で、結局のところ、ここに帰着するんです。

>結局私が中途半端なのは、私に誇れるものがなく自信がないこと、男に期待ばかりしているからだと思います。

こういう思いを持っていると素敵な人が現れても受身な立場を取らざるを得ませんね。

つまり、彼に対して最初から対等ではないポジションを取ってしまうんです。

彼に選んでもらう立場。
彼が結婚しないっていうなら結婚してもらえない立場。
彼の希望や意志を優先し、自分は後回しになる立場。
自分の気持ちではなく彼に決めてもらう立場。
二人の関係は彼に決定権を譲っている立場。

そうして、彼軸になって自分を後回しにする癖が付いちゃってるんですよね。

彼とは対等な目線ではなく、一段下がって彼を見上げるポジションを取るわけです。
そうして「私のことをちゃんと見て大切にしてほしい」というニーズを満たそうとするんですね。

いわば「子ども」のポジションに立って、「親」から愛情を与えてもらおうとするわけです。

そして、「親」の庇護のもとあれこれワガママ言いたいのかもしれません。
「あたしの面倒見てよ!もっとあれしてよ!これしてよ!」って。

それって彼にとって何の喜びがあるのでしょうか?
じゃあ、自分は彼に何を与えるのでしょうか?

こういう心理になることは珍しくなくて、幼少期の親子関係を引きずっていると、どうしても「彼氏」でも「夫」でもなく「親」を求めて恋愛するようになるんですね。

そうすると「不倫」というのは非常に分かりやすい恋の形になりますし、また、フリーな人でも、積極的に一段下がって彼を見上げて「子ども」のポジションを取りに行きます。

そして、あれこれニーズを抱えて不満を持つようになるんですね。

もちろん、「彼に愛されるために」どんなことでもするかもしれませんが、それは「取引」というものなので愛ではありません。
「あたしを愛してほしいからこれをしてあげる」という形ですから。

こういうマインドは一言で言えば「重い女」を作ります。

パートナーシップがうまく行かない理由の一つにこのパターンも多いんですよね。

要するに

>私に誇れるものがなく自信がないこと

という思いを抱えているとそんな風になっちまうんだぜ?というわけで、この思い込みを何とか外していきたいというのが私の目標です。

そこで登場するのが「お姫様マインド」という奴なんですな。

お姫様マインドというと「何もしなくても愛される女」というイメージが先行しがちなのですが、それは「結果」でして、大事なのは「マインド」の方です。

つまり「何もしなくても愛される自信を持っている」のがお姫様なのです。

あ、こういう話をすると「そんなのあたしにゃ無理よ」とすーっと引いて行ってしまうかもしれませんが、待って!分かってるから!笑

カウンセリングでもグループセッションでもセミナーでも「誇れるものがなく自信がない」的なお話は無数に聴いていますが、それは「ほんとうにない」のではなく、「ないと思い込んでいる」とか「ないと思いたい」ということです。

大事なことなので2度言いますね!
ぜひ、次の文章を音読してください。当てはまるな!と思う方はゆっくり10回声に出して読んでくださいね!

「自分には魅力がないとか誇れるものがないとか自信がないというのは真実ではなく、あたしがただそう思い込みたいだけ。」

はい、どうぞ!

※異論反論クレーム等は一切受け付けませんっ!!

ということで、本来そんな性格じゃないんだけど無理して頑張ってみんなのためにブラックな根本を登場させたいと思いますっ!!

「自分に魅力がないって思う方が都合がいいんだよね。そう思ったらなかなか恋愛がうまく行かないことに納得できちゃうでしょう?もし魅力的なのに男ができないなんて納得できないですもんね。」

「誇れるものがあって今の状況だったらヤバいと思わない?『そうよ、あたしがこんなつまんない毎日送ってるのは誇れるものが何もないからよ!』と思った方が辻褄が合うでしょう?」

「自信なかったら相手に依存したっていいし、うまくできなくてもしょうがないし、何かにチャレンジしなくても済むもんね~」

違う違うそうじゃない!って叫びたくなるかもしれませんけど。

自己肯定感が低いとか、無価値感が強いとか、自己否定が趣味だとか、自己嫌悪がデフォルトだとかすると、「あたしには価値も魅力も才能も誇れるものも自信も自己肯定感も何もない!!」と思うようになります。

でも、それこそが罠です。

そうすることで一段下がって相手を見上げることもできるし、依存してもいいってことになるし、欲求を相手にぶつけてもいいと思えます。

つまり、「誇れるものがなく自信がない」というのは、今の自分の立場を正当化するための詭弁として大いに活用できるものになるのです。

もし、そういう目的があるならば、自己肯定感をあげようと思ったって、自信を付けようと思ったって、魅力的になろうと努力したって、思うほどに成果は上げられません。

なので、ここは「覚悟」を求めます。

どうする?そういう立場に今後とも居続ける?相手に依存する関係をこれからも続ける?自分を惨めにしとく?ねえ、どうする?というわけです。

嫌ですよねー。こういう質問。ほんと嫌な性格してますよねえ。笑

誇れるものがないのではなく、誇れるものがないことにしている。
自信がないのではなく、自信を持たないようにしている。
価値や魅力がないのではなく、価値や魅力を受け取らないように努力している。

まずは、このことに気付き、自分の人生を振り返ります。

ただ、自分ひとりではなかなか見つけられないし、そうは思えないかもしれません。
一応、「まるで他人の人生を見るように、自分の人生を俯瞰してみる」というやり方もあるんですけど、これもなかなか難しいです。

だから、ほんとうはサポーターを付けるのがお勧めです。
自分に誇りを持てるように、自信を付けられるように、カウンセラーでもいいので、力を借りることです。

お弟子さん一覧

私たちは“基本的に”自分の価値や魅力に対しては超鈍感です。
「見た目がキレイ」と言われたら即座に「他にキレイな人はいっぱいいるし、昔に比べれば劣化してるし、外見じゃなくて内面を見て欲しい」とか返しちゃいます。

自分が成し遂げたことに対しても他人と比べたり、価値が感じられません。

だから、ここは気合を入れて「いい加減、価値を認めるぜ!」と覚悟することが必要なんです。

そこで「お姫様マインド」というのが出てくるわけですが、このマインドと言うのは「そのままの自分で大丈夫」という自信を付けていくものです。

自分の価値や魅力を認めることも一つの方法ですが、そもそもそんなことしなくても「あたしにはあたしの魅力があるし、あたしには価値がある」と思えたら、具体的な魅力を知らなくても大丈夫です。

なんなら「かわいいから」一択で大丈夫です。

お姫様マインドと言うのは別の言い方をすれば「今の自分にただただOKを出せてる状態」を言います。そう、自己肯定感そのものなんですね。

じゃあ、女王様マインドは?というと、「その自分が世界に何を与えていくか?」というテーマであり、すなわちライフワークを生きる人生です。

お姫様とか女王様とか言ってますけど、ほんとのところは自己肯定感とライフワークなんですけどね。ええ、こんなこと言ってしまうと盛り下がること必死かもしれませんが。
ま、一つの見方ですよ、あくまで!(強調)

一段下がるのではなく、対等な立場で相手と向き合います。
何かしなくても、もちろん相手に合わせなくても、ただそのままで、自然体で相手と向き合います。

そうすると、もっと受け取れるようになります。

自分の笑顔に価値があること、自分の存在に癒しがあること、自分が何者かにならなくても愛されること、自分が何かしなくても相手に喜ばれること。

そんなマインドに変わっていきます。

でも、それって自然にそうなるわけじゃなくて、意識を切り替えることが必要です。

「自信のない自分」にしがみつくのではなく、それを手放す覚悟を決めるんです。

これが一番大事なんですね。

そのために一つだけ今日からやっていただきたいことがあります。

お姫様マインドは受け取り上手。
受け取る言葉と言えば「ありがとう」。

ということで、Hさんも皆さんも今日から意識的に「ありがとう」という言葉を使います。
昨日までもふつうに使ってると思いますけど、より意識的に「ありがとう」を言葉にしてみるんですね。

そして、自分が今持っているモノに対して「ありがとう」を言ってみます。
もちろん、体にもね。

さらに、過去に自分が出会った人たちにも「ありがとう」を心の中で言っていきます。

無理しないと言えない人はまだ心に傷があるからスルーして大丈夫です。

これ、意外と効果的なんですけど、簡単すぎて続けることが難しいワークですよね。
思い出したときに、「受け取る実習」やっていきましょう。

◎そんな自分を変えるためにお姫様マインドを会得したい方はぜひこちらへ!(なんというステマだ!笑)

東京/オンライン:3/21(月祝)13:00-17:00 ワークショップ「女王様マインドとお姫様マインドを学び、会得する4時間」(1週間アーカイブ配信あり)
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/43881

◎【4月大阪・東京・名古屋】:女性性とセクシャリティとサレンダーとコミットメント~実習メインのグループセッション~
大阪:4/2(土)14:00-17:00
東京:4/5(火)14:00-17:00
名古屋:4/16(土)13:00-16:00
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/43397

●この記事を読んで「ああ、自分の場合はどうだろう?」と思われた皆さん。そのネタ、聞かせてください!もしかしたらブログ上で回答させていただけるかもしれません!(不採用になっちゃったらごめんなさい!何度でもチャレンジ可!です)
また、感想を送ってくださったり、SNSで感想をつぶやいてくださったりすると根本がめっちゃ喜びます!

問い合わせフォームから「根本裕幸へのリクエスト(ネタ提供)」をお選びください。

またお弟子さんたちのオンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」でも随時ご相談を募集しています。


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
自分に誇りを持てるようになるにはどうしたら良いか?
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『自分に誇りを持てるようになるにはどうしたら良いか?

★根本のSNS
Twitter:https://twitter.com/nemotohiroyuki
Facebook:https://www.facebook.com/nemotohiroyuki/
Instagram:https://www.instagram.com/nemotohiroyuki96/

★根本の個人セッション/グループセッションのご案内。
根本のセッション
★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
お弟子さん一覧
オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
お弟子さんたちのセッション・セミナー予定

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい