思考の罠に囚われたときの本音の気づき方~認めたくなくてもそれが本音だったらしゃあないよね~



自分に都合が悪い本音を感じたとき、あるいは、先に進むことが怖いとき、私たちは「思考」を使って、その本音や怖れをカモフラージュしようとします。
しかし、本音は本音なので、状況は変わらず、動くこともできず、そうして「葛藤」は生まれるのです。

根本先生、こんにちは。
リクエスト率が上がっているということなので、採用を期待してメールを送ります!

心理学がああいえばこういう学、というのは承知しているのですが、根本先生の著書や記事を読み漁りすぎて頭の中が混乱しております。

数ヶ月前に片思いの失恋をしたのですが、なかなか諦めがつかない状態です。
そこで思うのが…
・諦められない!→手放そう→アファメーションをやろう→やっぱり好きなもんは好き→でも動けない!→動けないのは動きたくないから?→待つ女だから?→本気じゃないから?→今まで動きたくなったら動いてきたから大丈夫じゃない?→でもここで動かなかったら後悔しない?→後悔すると思う→勇気を出してみるときなんじゃない?→でも怖い!!

みたいな感じで何が何だか、どれが感情でどれがエゴ??と混乱しています。

とりあえずもっといい女になろう!と思ってみても、「このままで愛されるという自信を持った方がいいのでは?」とか思ったり…。
いい女修行にワクワク感もあり、自分はどこに向かうのかという不安もあり…。

他人軸な上、まだまだ自己肯定感が低いのでしょうか。
このままではベストを尽くしたと言える気がしないです。
でも動けないならこれがベストなのか…。
「好きにすればええやん」という先生の幻聴が聴こえる気もしますが、好きがどれかもわかりません。
助けていただけたら嬉しいです(泣)
(Mさん)

個人セッションなどでクライアントさんのお話をお聞きしると、ああでもない、こうでもない、という構文が出てきたり、「○○なんです。でも~」という言いまわしが増えてきたりして、結局のところ「分かんないんです」「どうしたらいいんでしょう?」という言葉に行きつく場面によく遭遇するんですね。

で、時に数十分にもわたるそのお話をお腹を掻いたり、枝毛・くせ毛・白髪のチェックをしたり、ボーっと空を眺めたり、まあ、たまに鼻くそなんぞもほじったりしながら話を聞いているのですが(え?根本先生って枝毛とかくせ毛あるんですかー?ぎゃはははーとか言ったりしないように)、

「まあ、頭で考えすぎて訳が分からなくなってるみたいね~」

と「これぞ他人事!!」というニュアンスでお伝えするのが日課となっております。

Mさんがご指摘のようにそもそも心理学ってああ言えばこう言う大変都合の良いもので、私のようないい加減な人間にとっては大変役立つものでございます。

そして、そんな人間が書いた文章を目を皿のように読み耽り、何とか理解しようとすればするほどカオスな状態になることも多く、「この記事では“手放せ―”って言うてて、こっちの記事では“もう一度突撃せよ!”と言うてて、これ、矛盾してない?」などの疑問を持たれることも多いでしょう。

まあ、実際のところは矛盾してないんですけど、そのように感じられるのも無理なきことと思われ、「考えれば考えるほどわけわからんくなるよねー」ということです。

けれど、そうすると「考えるんじゃなくて感じればいいのか」と思うんですが、そこで「あれ?感じるってどうやるんだろう?」と再び思考に絡めとられることになってるわけですね。

まあ、なんてややこしいんでしょう!!

つまり、そんな「思考の罠」にハマってしまうとずぶずぶと底なし沼のような様相を呈して参りますので、延々考え続けるけれど一向に結論が見えないということになると思います。

考えて答えが出るんだったらとっくに出てるはずなんですけどねー。

で、Mさんの葛藤の1つを持ってくるんですが、

>とりあえずもっといい女になろう!と思ってみても、「このままで愛されるという自信を持った方がいいのでは?」とか思ったり…。

こんな迷いを抱かれたことのある方ってけっこう多いんじゃないかと思いますがいかがでしょう?

「女を磨いてもっと魅力的になる」or「このままで愛されるって自信を持つ」

皆さんはどっちがいいと思います?両方?

個人セッションでそんな葛藤をシェアしていただくと、とりあえず私は「今のMさんにとってはどっちがいいんだろう?」ということを考えるんですね。

それは今のMさんの状況や秘めたるポテンシャル、さらに、本人のモチベーション、そして、何より大事なキャラ等々を加味しながら、「両方行っちゃおうか?ぐふふ」なんて提案するんです。

例えば、紛うことなき武闘派女子であられ、「退却はハラキリ」をモットーとしており、かつ、気合と根性でこの乱世を生き抜いてきたような方に「待て!」はかなりの心労を伴うので「突撃せよ!」との提案が最適でしょう。

一方、各地の戦場を渡り歩いてかなりの戦果を挙げ、英雄の名をほしいままにしているものの、心身ともども疲れ果てている武闘派女子に対しては、「今は女磨きよりも自己肯定感よりも先に身を休めることじゃ」と草津の湯に浸かることを指示したりします。

で、上記の葛藤についても両方正解なんで「好きにすればええよ」で事足りるわけですが、厳密に言えばその人の状況によっては「先に女磨きした方がええな」なんて場合もあるんです。

でも、やっぱりご本人のモチベーションが大事だから「どっちでもええよ。好きにしたらええよ」というのが一番真っ当な答えだと思ってます。それで私のブログではその言葉が乱舞するわけですね。

で、大事なのはモチベーションなんですね。
つまり、感情なわけです。

思考的結論というのはこういうケースではあんまり役に立たないので、「さあ、あたしはどっちがワクワクする?どっちが好き?どっちがヤリたい?」という風な問いかけが役立ちます。

そこで「どっちが必要?どっちが効果的?どっちが役立つ?」なんて考えることはあんまり意味がないってことですね。

でも、こうした思考の罠にハマってしまうと何かと考えてしまうので、「これって感じることになる?違う?これってエゴ?どうなの?」ってよく分からないなるんです。

そもそも心も思考も目に見えないものですから、「これは感情だ」と判断しても、それが正解なのかどうかなんてわかりませんよね。

だから、思考の罠にハマってしまってるときは「これでは結論は出せん!」と潔く諦めるのがお勧めです。

で、Mさんの本題にようやく入るわけですが、

>数ヶ月前に片思いの失恋をしたのですが、なかなか諦めがつかない状態です。

という状態のMさんに私が質問するとしたらこんなことです。

「まだ彼のことが好きなの?」
「なんで諦めたいの?」
「諦めなきゃいけないの?」
「なんで諦められないと思う?」

って感じから入っていくかな、と思います。

失恋したからって諦めなきゃいけないわけでもないし、ただ好きなままでいるのもアリでしょ?

片思いでいいじゃないですかー、というわけです。

また、早く幸せになりたい!とか、とりあえず婚姻届ってやつを出してみたい!とか、相手が嫌がってる!なんて状況なら「手放し」をお勧めするでしょう。

また、その界隈の話を掘り下げていけば「いつも○○なんですぅ」というパターンが出てくるかもしれません。

例えば「好きになるのは時間がかかるけど、一度好きになったらなかなか気持ちが離れないんです。」とか「いつも向こうから近づいてきて、私がいい感じになったら去っていくんです。」とか「相手が好き好き言ってるときは私は無関心だけど、相手が離れたらお行けたなるんです」とか「いつも好きな人には振り向いてもらえないんです」とか。

そうすると女磨きをするのもいいけれど、ちょっとそのパターンを掘り下げて解決した方がいいよね!ということが見えてきたりします。

もちろん、「いつも考えすぎて混乱するクセ」とか「考えすぎてえいやっと決めて後悔するパターン」とか「思考に罠に囚われて感情が分からない」などもまた慢性的なパターンと見ることもできますね。

ということで、そんな方にはこちらがお勧め!笑

◎そんな慢性的な問題と向き合うならコイツっすね!

東京/オンライン:9/25(土)11:00-18:00 根本裕幸&ヤタ(椙山眞伍)の「慢性的な問題を愛で癒す1DAYセミナー」

https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/41699

要するに一人ではなかなか難しいので、セミナーとかカウンセリングを利用した方が圧倒的に早いよ!というわけです。

で、本当に分かりやすく、そして、丁寧に書いてくださってめちゃくちゃありがたいのですが、そんなとき頭の中にはこんな声が浮かぶわけですね。

>・諦められない!→手放そう→アファメーションをやろう→やっぱり好きなもんは好き→でも動けない!→動けないのは動きたくないから?→待つ女だから?→本気じゃないから?→今まで動きたくなったら動いてきたから大丈夫じゃない?→でもここで動かなかったら後悔しない?→後悔すると思う→勇気を出してみるときなんじゃない?→でも怖い!!

そもそも思考の罠に取りつかれるのは「自信がなく、かつ、怖い」ときが圧倒的に多いので、Mさんが何かしらを怖れていることは確かです。

だから、最後の「怖い!」は本音でしょう。

で、冒頭の「諦められない!」も本音ですね。

で、私が思う「感情」なのか「思考」(エゴ)なのかを振り分けてみたいと思います。

>諦められない!

感情。

>→手放そう

思考。

>→アファメーションをやろう

思考。

>→やっぱり好きなもんは好き

感情!

>→でも動けない!

感情!

>→動けないのは動きたくないから?

思考

>→待つ女だから?

思考。

>→本気じゃないから?

思考。

>→今まで動きたくなったら動いてきたから大丈夫じゃない?

思考。

>→でもここで動かなかったら後悔しない?

思考。

>→後悔すると思う

思考。

>→勇気を出してみるときなんじゃない?

思考。

>→でも怖い!!

感情!

これが全部合ってるか?と言われたら保証はないですけど、でも、圧倒的に思考に囚われてるのが分かりますね。

で、感情だけを引っ張り出してみましょう。

>諦められない!

>→やっぱり好きなもんは好き

>→でも動けない!

>→でも怖い!!

たぶん、これが本音なんですよねー。

「好きだけど、怖くて、動けない。もちろん、去るのもイヤ。」

ということなんじゃないでしょうか?

これが本音なんだからしょうがないよねー。諦めきれないのも。っていうか、諦める気ないし。笑

だから、私は「なんで諦めなきゃいけないの?」と真っ先にMさんにお聞きしたかったんです。

そういうわけでMさんが真っ先にすべきことは、その本音を受け入れることですね。

頭でナンボああすべきこうすべき、ああしなきゃこうしなきゃって考えても、心が「ええー、やだ」って言うてるんだったら意味ないわけで。

っで、こうして今の気持ち/本音を知り、受け入れるところから物語は動き始めます。

「本音はこうなんだけど、さあ、どうしましょうか?」という風に。


より深く学びたい方のためのオンラインスクール「根本裕幸のメルマガ&動画で学ぶ、めっちゃ使えるココロの法則」
無料で読める根本のメールマガジン「予約の取れないカウンセラーが送る“毎日使えるココロの講座”」


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
『(準備中)』
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
 (準備中)
 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい