「エネルギーが足りてない/覇気がない」を抜け出すにはエロが最高!?~生命力を取り戻すための基本的アプローチについて~



エネルギーが足りないと感じる方は元々エネルギーが少ないんじゃなくて、エネルギーを抑え込む癖が付いちゃってるからそう感じるんだと思うんです。
なので、自分本来のエネルギーを取り戻していくことが一つの目標。
その一つのカギが「エロ」なんです。そう、セクシー路線を進むのです!

昨日のYouTubeライブ配信おつかれさまでした!
ゲスト回は、ゲスト様ごとのそれぞれの化学変化がすてきで毎回楽しく拝聴しています。
昨夜はヨガ講師のれん様とのマインドフルネスにはじまる心のお話、なんかゆったりと浄化される心地で聞かせて頂いておりました。

ご回答の中に生活の中でひとつでも自分を喜ばせる行為をしていくというアドバイスがあり、私にとってのそれは何かな~と考えたら、根本さんのblogやYouTubeだ!と思いました(笑)
それでネタリクエストとかしちゃったらすごい贅沢じゃん!と思い、もっぱらの読み専がリクエストです。

ざっくり2つの質問があります。
一つは、上の自分を喜ばせる行為についてなのですが、根本さん本を買うとか勉強ぽいことはあまりザワザワしないのですが、
本より安い日用品、例えばゴワゴワになったタオルを買い換えるとか、特に割れてないけど気に入ってなかった器を買い換えるなどの行為にすごーくザワザワするのですが、
そういう時は「あ、今ザワザワしてるなー。でもこの見つけた器すごく好みだな~好きだな~でもザワザワするなー」と受け止めればいいのでしょうか?
自己分析としては、教育にはお金をかける家庭でしたか、日用品や洋服など贅沢と考える親や祖父母で私は感覚優位タイプなので、洋服や器など日常目に触れるものが子供の頃気に入らなくて辛かったけど段々と順応して気にならなくなったという経緯があります。

もう一つの質問は、モテたいわけじゃないのですが、私はエネルギーが常に足りてないというか、覇気がないのが悩みで、セクシャリティと生命エネルギーは同義と根本さんのブログで読んだので、セクシャリティの観点からアプローチしてみたいとも思いました。
それで、香りがする入浴剤入れてゆっくりお風呂浸かったり、なんかセクシーだな~と個人的に感じるアーティストさんなど歌を意識的に聴いたりしてるのですが、こんなんでええんでしょうか?

いずれも局所的な質問めいてしまいましたが、自分軸の手探り過程の疑問質問でした。
(Kさん)

ライブ配信。ご好評をいただいておりましてうれしいです。

れんちゃんとの回はこちらっすね。
https://youtu.be/PDQxJ3Sft44

ちなみにマインドフルネスを深く学び、身に着けられる講座を一緒に企画してるんです。
興味ありましたらご検討くださいませー!!

☆オンライン:6/4(金)20:00-22:00
最高の自分になるためのマインドフルネス×心理学とは?

☆オンライン:7/4,8/1(日)13:00-16:00
マインドフルネス×心理学 ~恋も仕事も上手くいく最高の自分になる 2days~

>私にとってのそれは何かな~と考えたら、根本さんのblogやYouTubeだ!と思いました(笑)

あら、やだ。うれしい。照
ありがとうございますー!!!
いいですねー、それ、いいですねえ、それ!ニヤニヤ

あ、たぶんROM(読み専)の方もいっぱいいらっしゃると思いますが、それでもちろん全然OKでございますー。そんな皆さん、いつもありがとうございますー!!

さて、2つの質問をいただきましたが、どこぞつながる部分がありそうなのでネタにさせていただきました。

>そういう時は「あ、今ザワザワしてるなー。でもこの見つけた器すごく好みだな~好きだな~でもザワザワするなー」と受け止めればいいのでしょうか?

それでよいと思いますよ。
でも、「すごく好みだな~好きだなあ~」と思ったら、ざわざわしてようが、予算がちょっと高めだろうが、「買う!」一択で行ってみるとだんだんざわざわしなくなっていきますよ。

もちろん「ちょっと高め」という感じだったらで、「すごく高い」だったらまた別ですけど(そこに投資するのもいいことですけどケースバイケースです)。

で、なんでそうなっちまったか?というとお察しの通り子ども時代の家庭環境にあって、

>教育にはお金をかける家庭でしたか、日用品や洋服など贅沢と考える

という家庭であれば、すごく好みの器を見つけても購入に躊躇しちゃうのも分かりますよねー。
逆に言えば、そんなKさんだから私の本やブログや動画で学ぶことが「自分を喜ばせること」になっているわけです。(Kさんのご両親、じいちゃんばあちゃん、あざっす!!)

で、やっぱりいつもお伝えしているように、そういう状況があったときに「じゃあ、どうする?どうしたいの?」というところなんですね。

「教育はOK、でも、日用品や洋服にお金をかけるのはNG」という価値観が悪いわけでも間違っているわけでもなくて、そういう家庭環境に育ち、自分もそんな価値観を身に着けていることに気付いたときに、「じゃあ、私はどうしたいか?」を考えて、どうするのか?を決めていくことが大事です。

親や祖父母の世代は金銭的に厳しく、その中でも教育は大事だと考えた結果、日用品や洋服にはお金を使わないようにしたのかもしれません。
それはそれで処世術だし、何よりも子ども(=孫)への「愛」がそこに詰まってますね。

でも、そうした価値観の元で育ってきて、時代も変わり、環境も変わり、自分で収入を得るようになり、そのときに身に着いた価値観が邪魔になってくることもあるわけです。

だから、「あたしは感覚派だから、好きな器に囲まれて生活するのが幸せだ」と思うのであれば、その価値観を「捨てる」ということを選択してもいいのです。

で、それが最初の方でお伝えした「ざわざわするけどめっちゃ気に入ったから買うぜ!」と財布から札束を出したらよろしいわけです。

その器を手に入れた後はしばらくざわざわするかと思いますが、その一方でうきうきワクワクした気持ちも手に入れられるはずです。
そして、その器を家で開封したときの気分はどうでしょう?
早速、それを使ってみたときの気分はどうでしょう?

そうした「体験」をすることで、自分に合わない価値観をアップデートすることができるようになります。

※根深いものについては別のやり方もあります。

ちなみにKさんはご存じかと思いますが、そんな「自分の喜びのためにお金を使うのに躊躇しちゃうー!」という方のためのセミナー動画がありますので、刺さった方はチェックしてみるといいですよ!

*セミナー動画「お金の心理ブロックを外すワークショップ~自分に与える、自分を喜ばせるためのお金の使い方~」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/39441

で、つづき。

>モテたいわけじゃないのですが、私はエネルギーが常に足りてないというか、覇気がないのが悩みで、セクシャリティと生命エネルギーは同義と根本さんのブログで読んだので、セクシャリティの観点からアプローチしてみたいとも思いました。

え?モテたくないの?え?ほんまに?けっこう重要よ?笑

この「エネルギーが常に足りない。覇気がない。」ということなんですけど、カウンセラー的な見方をするならば、「なんでなんやろー?」と思っちゃうわけですね。

で、私たちは「自分にご縁がないことに悩んだりしない」という特徴がありますので、本来のKさんってもしかしたらエネルギッシュでパワフルでセクシャリティをバンバン活かして生きていくタイプなのかもなあ、と思いました。

で、お金の使い方にも家の影響を多分に受けてるKさんのことですから、もしかして、このテーマも親やじいちゃんばあちゃんとの関係が影響してない?と思っちゃうんです。

>日常目に触れるものが子供の頃気に入らなくて辛かったけど段々と順応して気にならなくなったという経緯があります。

ということで、「気に入らなくて辛かったけど順応するようにしたこと」ってこの件だけだと思います?

例えば、子どもって暴れるじゃないですか。やんちゃじゃないですか。エネルギーの塊じゃないですか?それ、発電に回したらすごくね?と思うくらいじゃないですか。
うちの娘はかつて柱の周りをぐるぐる回ることを日課としておりましたし、息子はどぎゅーん!とか、ばーん!とか言いながらおもちゃで今日も遊んでいます。

あいつらのパワーはすごくて「オレも日頃運動してるからな!おっちゃん、負けへんでー!」と気合を入れて付き合ってしまうとソッコーやられます。

そんな子供が教育熱心で真面目できちんとしてると言えば聞こえはいいけど「暴れるんじゃねー。大人しくしろー。うるせー。静かにせー!」という環境に入れられたら、そりゃあ、自分のエネルギーを抑え込むことにそのエネルギーを使っちゃうよね、と思うのです。

エネルギー不足とか覇気がない、というよりも、エネルギーも覇気も抑え込みすぎて出せなくなったんじゃない?と思うんです。

もちろん、そういうケースってKさんだけでなく、ほかにもたくさんいらっしゃいますし、よくお会いします。

だから、そんな方は自分のエネルギーの使い方を徐々に学んでいただくようにするんです。

あ、もちろん、場合によっては家族関係等を振り返りますけど。

で、そんなときにセクシャリティに目を向けられたKさんはさすがっす。それはすごいです。

いい香りのする入浴剤とか、セクシーな歌い手さんの曲を聴くとか、めちゃくちゃ良いです。(香りも音楽もダイレクトに感性に響きますからね)

他にもお勧めしたいことは山ほどあるんですけど、その中でもピカイチなのは「エロ」です。

「エロは最強だ!」という言葉を信望している私ですから、ここは外せません。
ぜひ、セクシーだと感じる下着とか、スカートとか、メイクとかも意識してみましょう。オナニーも必須科目です。

女性用のAV観たり、ラブグッズを買いそろえたりというのもすごくいいですね。

一番手っ取り早いと思うんですけどね、これが。
実際、わずか1か月ですごく変化を見せてくれます。

少なくても「エロは最強!」という言葉を合言葉にしてみると意外な変化が内面から湧き上がって来るかもねー。

「もっとエッチになっていい」とか「もっとエロくなっていい」とか「あたしはエロい女」などのアファメーションもお勧めですー。じわじわと変化が出てきますよー。

もしかするとKさんの家庭環境だとここが一番のタブーになってる可能性もありますから。

で、それは大丈夫。十分ヤってる、問題ない、とお感じの方に次にお勧めしたいのが、「自然に触れる」ということ。いきなり話が飛躍してますが。

動物もいいです。できればデカい生き物に触れられたらいいなあ。ハムスターよりも馬の方が良いね。イルカもすごくお勧めね。

土いじりもいいです。畑や田んぼは最高だし、ハイキングもいいです。公園で森林浴するのもいいです。チャンスがあれば南の島に飛んでパワフルすぎる草木に触れてくるのもアリです。

それから体を動かすこともいいです。まずは散歩、ジョギング等から。
ヨガもまたエネルギーを回しますから良いですね。

・・・と心理学的な部分からちょっと離れつつあるけれど、やっぱり「外」に出ることがお勧めなのですね。

「家」って自分のマインドを象徴しているので、家に閉じこもっているとエネルギーはその中で循環するようになります。

それゆえ内観したり、ゆっくりしたり、休んだり、エネルギーを充填する分には最高の場所なのですが、エネルギーを放出するなら、やはり「家」から出て「外」に向かうのがお勧めなんです。

そして、外の光や空気を感じながら「あたしが本当にしたいことって何だろう?あたしがワクワクすることってどんなことだろう?」と想像してみてください。

そして、だんだん「枠を外す」ということをやっていきます。

私のセッションだとよく「自分を解放する」「タブーにチャレンジする」「自分を自由にしてあげる」「大胆になってみる」などのテーマになるんですけど、「やってみたいけどやってないこと」「興味あるけど踏み出せていないもの」「前から気に入ってるけどやってないこと」などにチャレンジしていくんですね。

たぶん、自分本来のエネルギーに沿って生きているのならば「足りない」「覇気がない」とは感じないはずなので、きっと自分の持ってるエネルギーを抑圧せざるを得なくて、それが癖になってるんだな、という観点からお話をさせていただきました。

★ということでやっぱり今日も自分を自由にする本&動画を紹介するぜ!

『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』(大和書房)

*セミナー動画:心のメイクを落として本来の自分らしさを取り戻すワークショップ3days


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
覇気がない?エネルギー切れを起こしやすい?の裏にある問題
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『覇気がない?エネルギー切れを起こしやすい?の裏にある問題

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい