「お金」に対する苦手意識を払拭する一つの方法【ワーク付き】~お金を擬人化してキャラ設定して愛を受け取ってみる~



お金に対する苦手意識がある方のほとんどが親から引き継いだお金の観念に縛られているようです。(私もそうでした)
それを払拭するために少し見方を変えていくつかのワークを提案しています。
「お金」を「人」と見立てることで意識を変えていくことができるのです。

竹内えつこさんとのコラボYouTubeライブお疲れ様でした。
どのお話も参考なるな~と何往復も視聴し再生回数上げ中です!

とくに仕事のお話とお金の話が気になってます。
私も事務が壊滅的にダメで喋りは達者です。
人が私の能力の中で喜ぶのて喋りだけじゃんて感じることもしばしば。
今の仕事は事務でも喋りでもないんですが。
職業に生かすイメージが全く持てません(笑)

お金のお話、めちゃくちゃ気になるのに抵抗あるためか頭に入ってこなくて不思議な感覚でした。
超苦手だけあって自分の中にない概念で理解に時間がかかる感じです。

お金との関係は親から受け継がれるも納得でうちの親もお金苦手だったし、父はすごく働いてたけどお金を受取ることを拒否してた感がありました。
母はお金は自分は稼げない食わせて貰う限り従うべしという感じです。

もっと根本先生のお金の話聞きたいと思いYouTubeで先生のお名前とお金で検索したら30分くらいの動画があり、その中で提案されてたお金を擬人化するワークをやってみました。

私のお金のイメージは「ドライで現実的で自分とは住む世界が違う人。私のような人間が嫌いで馬鹿にしている」でした。

でもふと同棲中の彼の顔が浮かび「これって彼の性格じゃん…」となりました。

そして彼は私を馬鹿にしてないし嫌いじゃないし、大好きで価値見出してるよな、ということは…?
お金も私のことそんな嫌いじゃない…?
と軽くパラダイムシフトがありました。

そう言えば彼はそれまで付き合って来たタイプ(友達にも居ない別世界タイプ)と違い「好みだけど絶対縁ないなー」と最初から当たり前に諦めてたのに、あっちからデートに誘ってくれ付き合えた相手でした。

お金との縁も案外少しボタンを掛け違えてるくらいなのかもと思えました。

このお金との関係のイメージ変化もっともっと自分に定着させたいです…!
「働けど働けどわが暮らし楽にならざり」な啄木マインドから卒業したいです…!

ということで、根本先生のお金の心理学やお金のイメージワークのリクエストでした~。
(Yさん)

面白い話をありがとうございますー!!

>でもふと同棲中の彼の顔が浮かび「これって彼の性格じゃん…」となりました。

ここに気付けるってめちゃくちゃすごいなあ。ミラクルだなあ。

しかし、【お金へのイメージ=彼の性格=彼のことは大好き=しかも同棲中】ってことは、お金ともラブラブで同棲できるってことっすよね!?

じゃあ、もう問題解決じゃん!はやっ!笑

ということで、いろいろと整理しつつお金の心理についてみていこうと思います。
後半は壮大なるステマ合戦が繰り広げられますのでぜひとも楽しみにしていただけたらと思います。笑

さて、お金って子どもにとっては日常生活に直接関係ないものなので、お金に対する概念ってのは親から直接インストールされることになっています(仕事も同じね)。

なので、Yさんの場合だと、

>うちの親もお金苦手だったし、父はすごく働いてたけどお金を受取ることを拒否してた感がありました。
>母はお金は自分は稼げない食わせて貰う限り従うべしという感じです。

というご両親をお持ちなので(そういう両親はたくさんいると思う!)、Yさんは

【お金=苦手なモノ=受け取ってはいけないもの=自分では稼げない=パートナーに与えてもらうもの=そのかわりパートナーに従う】

という思いがインストールされてるようです。

もちろん、親のお金との付き合い方の影響は大人になって自分が働くようになったら変わっていくこともあるのですが、ベースはやはり親なので多かれ少なかれ影響を受けることになります。

しかも、

>「働けど働けどわが暮らし楽にならざり」な啄木マインドから卒業したいです…!

という啄木マインドは多くの日本人に定着しているものですよね。
「清貧」という言葉がもてはやされたり、「お金持ち=悪い人」とか「お金のことを話す人=イヤな奴」と思っている人も多く、お金の話をするのはかなり長いことタブーになっていました。

けど、みんな、ぶっちゃけお金、好きでしょ?
お金がたくさんあると嬉しいし、幸せでしょ?

でも、そういう気持ちがあっても「それは出しちゃいけない。認めちゃいけない。そんなこと思っちゃいけない」なんて禁止があるのかもしれません。

なので、私は最近「お金のことってみんな不倫の恋みたいな風に思ってない?」と感じてたりします。そう、ワイドショーで炎上しちゃうのでみんなこっそりするんです。

ま、それでもさすがに最近はタブー度も少なくなってきたようですけどね。

だから、そうした親から引き継いだお金への概念を書き換えようぞ!というセッションをしたり、自分にお金をかけることを許したりすることをよく提案するわけです。

お金って素晴らしいよね!いいもんだよね!大好きー!!!ってな感じで。

ってことでそんなオンラインセミナーをしますよ!
みんな参加してみるといいよ!(1週間アーカイブ視聴可能だし!)(あとから動画販売もするけど!)

★オンライン:3/14(日)13:00-15:00 お金の心理ブロックを外すワークショップ~自分に与える、自分を喜ばせるためのお金の使い方~(1週間アーカイブ視聴可)
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/39441

さて、Yさんにとっては「彼氏の性格=お金のイメージ」という一致を見ているので、そこからどう扱っていくかを考えてみたいと思います。

その前にYさんがやってくれたワークをちょっと紹介しますね。

Work.「お金」を人に例えたらどんな性格・キャラ・態度の人だと思いますか?

ついでにこんなアプローチもあります。

Wokr.「お金」を異性に例えたら、どんな異性のイメージが浮かびますか?

切り口が違うだけで聞いてる意味は同じなので思いつきやすい方法でやってみるといいと思います。

Yさんの場合はたまたま彼氏が相当しましたが、このキャラを考えてみると「あれ!お父さんだ!」とか「うちの社長がそんな感じだ!」みたいな気づきがあったりするし、こうして擬人化することで付き合い方も変えられるのでお勧めのワークです。

※こうした擬人化するような方法を心理学では象徴化(シンボライズ)と言ってよく使っている方法です。

で、Yさんの話。

>そう言えば彼はそれまで付き合って来たタイプ(友達にも居ない別世界タイプ)と違い「好みだけど絶対縁ないなー」と最初から当たり前に諦めてたのに、あっちからデートに誘ってくれ付き合えた相手でした。

これをお金に置き換えてみると・・・

「お金は今まで周りにいなかった別世界の概念」
「お金は好きだけど絶対縁はないよなあ、と諦めていた」
「お金の方からデートに誘ってくれたので付き合えた」

という話になりますね。
ええ、最初の2つはまあいいんです。
で、3つ目です。

「お金がデートに誘ってくれる」なんてありえねーじゃん。そんなの無理じゃん。どうしろって言うんだよ!おい、ちょっと表出ろよ!と思っちゃうかもしれませんが、そこは早まるな、もう少し冷静になろうな!というわけで、その意味を考えてみましょう。

「お金がデートに誘ってくれて付き合えた」をちゃんと意味が通る日本語に翻訳するならば皆さんはどう訳しますか?

これぜひ皆さんに聞いてみたいなあ。みんなの意見聞いたら面白いだろうなあ。

例えば、私ならこんな風な見方ができると思います。

「デートに誘われるってことは、向こうもあんたのこと気に入ってるってことじゃん。お金に愛されてるって知ってた?気付いてた?」

「今までの人生でなんやかんやお金で困ったことってあった?そりゃあ、十分すぎるほどはなかったかもしれんけど、なんやかんや収入があったり、生活できるほどのお金が向こうからやってきたってことってない?」

「もしかしたら今だってお金ちゃんはYさんにラブコールを送り続けてるのかもしれないよね。それを受け取れないのは自分だったりして?」

いかがでしょうか???ほかにもあると思うのですが、そんな風に解釈できるんじゃないでしょうか。

ってことは、ここで再び浮上してくるのが「受け取り拒否してる親父」とか「自分でお金を稼げるとは思っていないおかん」の存在かもしれません。

ということで、「ああ、ここにも親の影響があったんだー」と気付いたら、そこで「それを手放す!その観念とはバイバイする!」と決めてみてください。(案外それだけでOKだったりします)

そして、ちょっとしたワークをやってみます。

Work.あたしがお金に愛されてる理由を30個ほど挙げてみよう!

さらには意識を切り替えるためにこんなワークはどうでしょうか?

Work.あなたのことが大好きなお金ちゃんの立場になってみてください。お金ちゃんはあなたのことが大好きなんですけど、ちょっと連れなくされてるみたい。そんなお金ちゃんの立場になってあなたに伝えたいことを書き出してみましょう。

これは結構効き目あります。

そうしてお金に対する意識を変えていくことができると思うんです。
つまりはボタンの掛け違えをあっさり直すことができるんじゃないかなあ、と思うので、ぜひともチャレンジされてみるといいでしょう。

これをお読みの皆さんも「お金に対するイメージ」が知ってる誰かのキャラに似てるなあ、と思ったら(けっこうあると思う)、その人との関係性を良くしようとしたり、その人からの思いを受け取ったり、その人に与えたりすることで間接的にお金との関係を見つめ直すことができるので、お金との付き合い方を変えていけると思うのです。

ということで堂々と「お金、大好きー!」とか「あたし、お金ちゃんとラブラブなのー!(はあと)」と言えるようになりますように。

★今度の日曜はこのセミナーじゃ!お金と向き合うチャンス!!

オンライン:3/14(日)13:00-15:00 お金の心理ブロックを外すワークショップ~自分に与える、自分を喜ばせるためのお金の使い方~(1週間アーカイブ視聴可)
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/39441

★Yさんが見てくださったお金のセミナーの本編はこちらー!

*セミナー動画「お金の心理学」お金軸を抜け出して、自分らしくお金と付き合う方法」
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/31913

★お金の本もあります。

お金が貯まる心を育てる 貯めマインド(リベラル社)


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
お金に対する苦手意識を払拭する方法
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『お金に対する苦手意識を払拭する方法

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい