もし自分の表情に不満があるのならばもっと自分を肯定し、自分を笑顔にしてあげることが急務である~人の表情は心が作っている~



表情って見た目だけで作られるものと言うより、その人の内面や人生が如実に現れる「結果」だと思っています。
その表情に不満があるのなら、もっと自分を肯定し、喜ばせてあげることが大事なのです。

根本さん始めまして。いつもブログ楽しく拝見しています。本も買わせていただきました!

実は私、不満顔女子なんです。
いつも「怒ってる?」「不満そう…」といろんな人から言われてしまうのです。
家にいるときは冗談を言ってふざけてみたり、笑顔を意識していたのですが、先日夫に「ニコニコしてる女の人がいい。お前はいつも不満そうで帰ってきても疲れる」と言われてしまいました。

凄く傷ついたのですが、言われてみれば本当に不満の文字がデカデカと顔に書いているような見事なまでの不満顔でした。

幼い頃からこうだった訳ではありません。
昔は本当に冗談ばかり言って、いつも豪快に笑っていました。
当時の元彼からも「よく笑うから俺まで釣られて笑っちゃう」と言われたものです。

私は長い期間シングルマザーとして生き、最近再婚したのですが、恐らくこのシングルマザー時代が過酷過ぎて、歯を食いしばって何くそ根性で生きてきたため、もう不満そうな顔が張り付いてしまってるのでは無いかと思うのです。

再婚してからも夫の浮気や遊び癖に頭を抱え、夫の事も手放せていない上に、自分で自分の機嫌の取り方さえわからなくなってしまいました。

趣味も友達も無く、人に頼られるのが好きなお節介のくせに、夫が専業主婦を望むため社会とも孤立しています。

私の理想はいつもニコニコしていて、明るい女性です。今すぐにでもこの不満顔を克服して、笑顔で過ごしたいのです。
そうしたらきっと夫は家に帰ってくるのが安らぎに変わるのではないかと思うのです。

どうしたらニコニコした穏やかな女性になれるのでしょうか。何度か試みたけど、とても続きませんでした。

是非是非ネタに使ってやってください。
(Mさん)

いいネタをありがとうございます。これ、あるあるじゃね?と思ってネタにさせていただきました。

Mさんの場合は不満顔ですが、ほかにも「無表情」とか「愛想がない」とか「無愛想」とか「怒ってる?」とか「泣き顔」とか自分の表情にコンプレックスを感じている人は少なからずいらっしゃるかと思うのです。

ニコニコした穏やかな女性がいいよなあ、と思うのも無理はないですねー。そういう女性ってモテますもんねー笑

私も基本的に無表情なので、カウンセリングを始めた頃は「無愛想」というお叱りをよく頂いておりました。最近はあまりそういうことを言われなくなったのですが(なぜかは分からない)(周りがこいつはこういう奴と思ってくれた?)、当時は少しだけ悩んだこともありました。

けど、まあ、それが自分だし、別にいいか、と気にしないでおりましたし、むしろ、それを逆手にとって「いやあ、自分、無愛想なんで、怒ってる?とか、あたしのこと嫌い?とか思うかもしれませんけど、この人、そういう人なんだなあ、って諦めてください」などと言っておりました。

なので、別にそれを直そうと思ったわけではない人間が今日の記事を書いておりますので、そのテイで読んでいただければと思います。

さて、Mさん、そして、同志のみなさま、「ニコニコした明るく穏やかな女性」になりたいのはなぜですか?

まさか、その答えが「他人軸」になってないですよね??
「周りの人に褒められる」とか「印象よく思われる」とか「旦那がご機嫌になる」とか、他人が主人公になってないですよね???

自分の気分がいいから、とか、友達が増えて楽しいから、とか、自分軸の目的ですよね??

そもそも目標設定などをする際に「他人軸」なゴールを設定してしまうと、それって結局、他人に依存することなので、目標が達成されないことが多いものです。

それに、他人軸で目標を設定するのって、ほんとにやりたいことではありませんしね。
ワクワクしないっしょ?

だから、その目的や理由が他人軸バリバリだったら、さっさとその目標は取り下げたほうがメンタルは穏やかで軽くなります。

さて、Mさんの不満顔ですけれど、元々はすごく明るくてよく笑う人だったのが、過酷な修行生活(=シングルマザー)によってなにくそ根性が付いてしまい、今の表情になったのだとしたら、逆にそれって魅力にもなり得るんじゃないのかなあ、と思うのです。

シングルマザー時代はものすごくしんどかったけれど、そこで頑張って子どもを育て上げてきたのでしょう?ものすごい実績だし、素晴らしいことじゃないですか!

しかも、再婚相手だって見つかったってことは女としても魅力があるということでしょう?(もしかして、相手の弱みに付け込んでハンコ押させました?笑)

そこで苦労したものはちゃんとMさんの財産になっていると思うんだけどなあ・・・。
そしたら、顔に現れる表情は人としての深みもあるし、器のデカさも出てくるだろうし、それってめちゃくちゃ魅力的だと思うんですよねー。

でも、そういう風に思えないってことはアレですね。過去をあまり肯定できてないってことですかね?

これはMさんに直接話を伺ってみないと分からないんですけど、例えば、シングルマザー時代って今のMさんにとっては思い出したくもない暗黒時代で、できれば封印したいと思ってるくらい辛いものだったのでしょうか?

今の旦那にも振り回されて自分を見失った状態が続いていて、不満というより常に何かに不安を感じ、おびえている感じなのでしょうか?

あるいは、ずっと被害者の立場で生きてきたわけではないですよね?誰かに不満や文句や愚痴をずーっと抱えるような人生ではないですよね?(シングルマザー以降、特に)

あれだけ明るく元気で、彼氏をニコニコさせられることができたMさんが、そんな風に変わってしまうということは、やはり相当厳しい時代を過ごされたからだと思うのです。

けれど、その一方で、その時代で得たモノとか成長とか楽しかったこととかもあったと思うのです。

シングルで子育てするのはしんどい反面、でも、うれしいことや楽しいことや笑顔になった時間もありますよね?

自分が辛かったときに子どもたちの存在に救われたことってきっとありますよね?

そんな風に、改めて過去に光を当てて、その時代を肯定的に見つめ直してみることはすごく意味があるんです。
自己肯定感をあげるってことももちろんそうですが、何より「あたし、めっちゃ頑張ってきたやん!なかなかやるやん!いい女やん!最高やん!」って自分のことを思えたらいいですよね?

今の旦那さんとの関係でも頑張ってることだけでなく、自分を認めてあげられることってめちゃくちゃたくさんあると思うんです。

それを旦那に認めてもらおうとか他人軸になったらそりゃあしんどいですけど、私は私で、ちゃんと自分を認めてあげたら心も和らぐでしょう。

表情って、その人の人生や心の状態を如実に表す「結果」だと思っています。
だから、形だけニコニコしてみてもうまくいかないのは当たり前なんですよね。

苦労を重ねてきた人でも、それを肯定的に捉えて前向きに生きてきた人は美しいし、深い魅力を携えています。

しかし、同じ苦労をしていても、ずっと受け身で被害者で他人軸だった人は、他人に対して嫉妬や怒りや愚痴や不満を抱えているので、どれだけ厚化粧でそれをごまかしても人にはバレちゃいます。

特に年齢を重ねるにしたがって、その人の生き方ってやはり表情に出ちゃうと思うんですね。人に感謝しながら生きてる人と、人を恨みながら生きてる人では、そりゃあ、全然表情が違いますものね。

しかも、表情という言葉だと見た目だけのようなイメージがあるかもしれませんが、人ってその人の視覚的な情報だけを受け取っているわけでじゃなくて、その人が醸し出す空気感・雰囲気も含めて感じ取り、それが表情に現れるんです。

だから、どれだけメイクの勉強をして妖艶な表情を作ることができたとしても、中身が伴っていなければ「形だけ」になってしまうものです。

実際、メイクを教えてる先生方は「やっぱり内面が大事なのよ!ほんとに!」と強く感じていらっしゃるわけです。

だから、Mさんにとっては周りの人にどう思われようと、旦那がどんな反応をしようと、そんなことは知ったこっちゃねー!と一端突き放して「あたしの世界」をちゃんと見つめることが大事なんです。

過去を肯定的に見直して、自分の成長や人への感謝を改めて意識してみること。
そして、今を楽しもう、と好きなことやしたいことをして、自分が笑顔になれることを意識してみること。

この2つをガツガツやってみるだけで随分と表情は変わっていくものと思います。

他人、じゃなくて、自分、に意識を向けるんですな。これがめちゃくちゃ大事で。

>趣味も友達も無く、人に頼られるのが好きなお節介のくせに、夫が専業主婦を望むため社会とも孤立しています。

じゃあ、こっそりパートとかしちゃいますか?仕事がしたいんだったら、旦那の言うことを聴く必要なんてなくて、自分の意志を貫くってのも大事なことです。

人に頼られるのが好きなのに、そういう機会がないってのは自分の能力や価値を棚上げしてるのと同じですよねー。

働いちゃダメだったらボランティアでもいいじゃないですか。
最近はどの地域にも子ども食堂が出来たりしてますし、在宅でできることだってたくさんありますねー。

元々笑顔が魅力的で明るく笑ってるMさんは、人に与えるのが大好きってことですよね?
お節介なくらい人のめんどうを見たい人が家にこもっていたら宝の持ち腐れですから、それをどう活かそうか?考えたほうが絶対いいと思うんですよね。

それで喜んでくれる人だってたくさんいますし、何より自分が気持ちいいわけです。

そんな自分を今みたいな環境に押し込めてるのってなんでなんでしょうね?罪悪感から自分を牢屋にぶち込んでいるんでしょうか?

皆さんも自分をチェックしてみてください。
鏡を見て、自分の目を見て、イキイキしてねえなあ、と思うなら、もっともっと自分を喜ばせてあげることが大事です。

他人のことなんてどうでもいいので、自分がワクワクする気持ちを取り戻すってことが最優先です。

そうなれたら、勝手に人に与えて、奴らを笑顔にしてあげられるわけですから、それでいいんです。

まず自分、次に相手、です。

この順番を入れ替えちゃうとどんどん表情から光が消えちゃいますね。

で、そういう方はぜひ新しい世界に飛び込むべく、セミナーなんかを受けてみるのもお勧めですよ。安全な場で、確実に刺激が得られます。
ほんとうはリアルがいいけれど、こんな時代だからオンラインでもOKです。

★根本先生のセミナー情報

https://nemotohiroyuki.jp/event


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
「表情」にはその人の「内面」が映し出される
 


★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 

 


★voicy/youtubeで配信した話を文字起こしして公開してます!テキストで読みたい方はこちらからどうぞ!

 『(準備中)』

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール(毎週月曜配信!)
セミナー動画を配信中!!
セミナーDVD

あわせて読みたい