私たちは気づかないうちについ他人軸になっちまうものですから、自分軸をより意識しておきたいものです。



好きな人ができたり、手に入れたいものがあったり、そうした「欲求」が強くなればなるほど私たちは「他人軸」になりやすいようです。
そして、他人軸になればなるほど自分を見失うので、ひたすらその相手に振り回されることになります。
それはほんとうに苦しいことで、自己喪失につながるので、改めて「自分軸」に意識を向けたいのです。

根本さんこんにちは。情熱的自立女子です。
結婚しているのですが彼氏がいます。
以前の彼氏のことでつらい思いをし、不倫はごめんだと誓ったのですが、また出会ってしまいました。
私のことを最後の人だといってとても大事にしてくれます。お前は俺だと一心同体のように扱ってきます。「一緒に生きる」と言います。
私の異性友人などへの嫉妬が強く、「お前は異性との距離がおかしい」と不機嫌になり、私がおかしいのかなと思い、謝り解決、また繰り返します。
もともと私は人前に立つ仕事のため、異性とかかわることが多いです。
先日、仕事で元彼と(20年前の)かかわったことを、激怒されました。いつも彼はこのような時は、威圧的で、私は思いを伝えられず、誤解を招くような言い方し、彼は見抜き、私を責め「帰れ」「会う理由がない」と。今回も恐怖でつじつまが合わないことを言ってしまい、「嘘ついたな」と責められました。
その後、メールをしても既読無視です。
話し合いをしたいと思ったのですが、「話すことはない」の一点張り。
私は彼を傷つけたことに対して、謝罪メールを送ったら
「誠実のかけらもない言い訳ばかりいって失望する。この話は聞きたくない」と返ってきました。
またメールで謝罪をし、これからは信頼回復に努めるとメールを入れました。既読無視です。
朝は、いつものスタンプと「おはよう」が入ってきて、彼なりに消化しようと戦っているのかなと思いますが、だんだんと 私なんか悪いことしたっけとはなくそをほじっています。ネタにしていただけると嬉しいです。
(Rさん)

ということは、Rさんとしてはどうしたいんでしょう???
彼と仲良くなりたい、ということでしょうか?

そして、これをお読みのみなさまはRさんのお話を読んで「分かる分かるー!!」て感じる方もいれば、「うわっ!気持ち悪っ!別れたらいいのに!」と思う方もいれば、「ふーん・・・。ま、そういうときもあるわね」と思う方もいるかと思いますが、その反応もまた自分自身を表してるんですよねー。

で、そうなんですよ!

何をお伝えすればいいのかが分からないのですよ!!

はい、なるほどね。はいはい、まあ、彼のような人ならそういう反応をするだろうね、なるほど。そして、そういう彼をRさんは必要としているんだよね、はいはい。

で、それで???

彼の話をすればいいんでしょうか?
Rさんのこれからを話せばいいんでしょうか?
なぜ、そうなっちまうのかが知りたいのでしょうか?

ふんふん聞いてほしいだけなら、きっとここには投稿されないでしょう。
きっと何か知りたいことがあると思うんですけど、、、さて、それは???

Rさんは本当はそんな風に言語化が苦手な人なのかもしれません。
そうすると彼はRさんに、論理的に「何が言いたいのか分からん!」とか言い出すのかもしれないし、メンヘラの王道である「君に失望した。君と話すことはない」という「お前は何様だ!?」というセリフを駆使し始めたりするかもしれません。

そして、そうするとなぜか怖くて何も言い出せなくなって、思い切り彼軸になってしまうRさんは当然ながらすっかり依存に落ちてしまい、彼に振り回されることになるんだと思います。

でも、もしかしたらそういう“ドラマ”を求めているのかもしれません。

旦那さんがいる、ってことは、彼氏に対しては安定を求める必要もなければ、将来を考える必要もありません。

ってことは思い切り冒険ができますから、彼のような刺激をたんまりと与えてくれる人がちょうど良いわけです。

だから、そういう見方をすると「彼に振り回される恋が今の私が求めてる刺激やねん!既読スルー、ガンガン来いや!暴言失言じゃんじゃん来やがれ!」って現実がちょうど良いってことになるんですね。

この「ちょうどいい」というのは、Rさんに限らず、意外とあらゆる問題で言えることです。

すべての問題はベストなタイミングで、ベストサイズで、やってくるんですね。
誰かが綿密に計算しているかのように。

もちろん自分ではそんな風には思えず、時には人生最大の難関が立ちはだかった!かのように思えるのですが、でも、よくよく見ていけば、このタイミングじゃなきゃさらにまずかったし、サイズもちょうどよかったりするのです。

不思議なものです。

もう二度としないと誓った不倫にハマってしまうのも、もしかしたらそんな刺激に中毒的な快楽を覚えてしまったからかもしれないですね。

前の彼よりも今の彼の方が刺激的じゃないでしょうか?

それだけの刺激を求めてしまうのは、それくらい強い刺激じゃないと“感じられない私”がいるからです。

それは退屈さを紛らわしたいからより強い刺激を求める、とも解釈できますが、ほんとうのところは罪悪感がどんどん感情を麻痺させるので、今まで以上の刺激じゃないと感じられないからなんですよね。

だから、改めて、なぜ、そういう恋を求めるのだろう?というところを直視してみるのが良いかもしれません。

そこに何があるんだろう?
どんなストレスがあるのだろう?

この辺を紐解いてみると内なる自分をより知ることができますし、そこから才能やら魅力やらヴィジョンやらを描くことができるでしょう。

彼の言動を見るに、多分にアスペってる感じもしますけれど、こういうときに彼の話をすると、ますます彼軸が加速してしまう可能性が高いので、私はあまりしないんです。

※気になる方は「アスペルガー」と「カサンドラ症候群」にて検索してみてください。

まずは、自分自身のこと、ですね。

なので、どうしてRさんは彼軸(他人軸)になってしまうんだろう?というテーマが浮上してくるわけです。

自分というものがほんとうは見えないのかな?
何か偽りの仮面をかぶって生きてきたからなのかな?
そもそもアンダーグラウンドを求めるのはなぜなのかな?

色々とお伺いしたいことがあります。

その先にあるのは「Rさんは何をしたい人なのだろう?」ということですね。

やはり一周回って同じ質問に来ちゃうんですねー!

「私は何がしたいのだろう?」

それが分からないのは全然問題ないのですが、その問いかけは常に重要です。

「私はどうしたいのか?」
「私は何がしたいのか?」

そう問いかけていくと自分自身の輪郭がはっきりしてきて、より世界が広がります。

★自分軸に基づいて「私らしさ」を取り戻すワークブックとワークショップ。

『「いつも無理してるな」と思った時に読む本』(大和書房)

*東京/オンライン:心のメイクを落として本来の自分らしさを取り戻すワークショップ
1)6/20(土)14:00-17:00【早くに自立して、いろんなものを背負って生きてきた。】
2)7/12(日)14:00-17:00【誰かのためについ自分を後回しにしてしまう。】
3)7/26(日)14:00-17:00【何かと背伸びをして、前向きに頑張ってきたけれど。】
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/35290


今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
つい他人軸になってしまうもの~気付いたときに自分軸に戻る。
 

★Youtubeの公式チャンネルでも同じ内容を公開してます!(チャンネル登録よろしくお願いしますー!)
 
https://youtu.be/z2lpAavTubc
 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
https://cocoro-marche.com/member
 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
  >https://cocoro-marche.com/

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

音声・動画配信サービス

セミナーDVD

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,300円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい