生理が来なくなったらもう女ではないのか?



生理というのは女性であることの大きな証のひとつで、それがなくなることはまるで「もうお前は女ではない」という宣告を受けたように感じてしまうかもしれませんが、果たしてそれは本当なのでしょうか?
むしろ、そこにショックを受けることこそが、自分が女である動かぬ証拠と言えないでしょうか?

こんばんは。

戦士の休日ワークショップ、とても良かったです。
まだ汚れている?と思っている自分に気づかせていただきありがとうございました笑

今日は、ここ数日悩んでいることをメールさせていただきます。

自分に自信を持てず、女性性を封印してきて初めてした恋愛が不倫。

それも終わって数年、立ち直るために根本さんのセミナーに出たり、自分を満たすことをやってきました。
ようやくぼちぼちと女性性を許せるようになってきたところだと思います。

ところが、先日から生理が来なくなってしまいました。
服用していた薬をやめたせいもありますが年齢的にも、終了した可能性も否定できません。

これらは、自分が女でいることを強烈に自覚する出来事でした。

まだパートナーにも出会えていない。
まだまだ、男性とこころも身体も愛し合いたい。
あの恋愛だけで終わりたくなんかない。
もっと素敵なパートナーと素敵なラブラブ生活が待っているのに!

なのに、身体はもう勝手に女でなくなろうとしています。

自分の「女」を粗末に扱ってきて失おうとしている瞬間にどう向き合えばいいのかわかりません。
やだよー、まだまだ女でいたいよー。と心の中で泣いています…

ネタとして採用していただければ幸いです…
よろしくお願いします。
(Tさん)

同年代の女性にとってはTさんと同じ思いを感じられる方も多いと思います。
そんなお話を生理を体験したことのない私が回答するのは若干不埒な感じもしますけれど、まあ、こんな見方もあるんじゃのぉとお茶でもすすりながら読んで頂ければ幸いに御座います。

生理はまさに女性が女性であることの証のひとつで、それがなくなることは、すなわち、「もうお前は女ではない!」と宣告されたように感じてめちゃくちゃショックを受けるかもしれませんが、ちょっと一歩引いて考えてみましょう。

女性であることの証って生理が来ることだけなのでしょうか?

「そんなことは分かっとるわい!!」というご指摘があっちこっちから寄せられることは想像に難くないわけですが、敢えてぶっこんでみました。

例えば、私のクライアントさんにはこんな逞しい方々もいます。

「しばらく生理が来ないなあ、と思って婦人科に行ったら『閉経です』って言われたんですよ。ショックを受けると思いきや、思わず『これで避妊しなくてもいいんですね?』と答えちゃって、年下の女医さんに思い切り苦笑いされました。もちろん、その後は安心して彼氏に・・・(以下検閲削除)。」

Tさんに彼女のような考えを持て、ということを言いたいのではなく、同じ状況においても人は受け取り方が全然違うんだぜ、という話です。

「そんなことも分かっとるわい!」というご指摘が多方面から押し寄せられることも想像に難くないわけですが、敢えてぶっこんでみました。(2度目)

一方、ちょっとこんなお話もあります。

「婦人科の検診で異常が見つかって精密検査したら、もしかしたら子宮を全摘しなきゃいけないかもって聞いて目の前が真っ白になりました。それまで子どもを欲しいと思ったことは一度もなかったんですが、いざ産めなくなるかも、と思ったらすごく悲しくなりました。ほんとうは子どもを産みたい私がいたのかもしれません。」

いわば、検査の結果から彼女は長らく否定して来た「私は女である」ということを深く自覚したわけです。

つまり、「何かできごとが起きたときに、それをどう感じるのか?によって自分の本音を知ることができる」ということなのです。

いきなり話が深くなりました。

私たちはふだん、本音・本心などを様々な思考や感情によって封印しています。

だから、「私は別の男なんていらないし、結婚したくないし、子どもだって産みたくない」と思っていました。(もちろん、それが本音の人もいますよ!)

しかし、病気が分かったときに、その思考や感情が吹っ飛んで、奥に隠れていた本音が顔をのぞかせます。
「私、ほんとうは女になりたくて、子どもだって欲しかったんだ」と。

もちろん、その本音を隠さなければいけない状況に彼女が生きてきたことは明らかです。
でも、逆に見れば、そのお医者さんの言葉がなければ、彼女は自分の本音に気付くことなく、これからの人生を歩んでいくことになったかもしれません。(でも、いずれは何らかのできごとによって気付かされることになるわけですが)

問題、というのは、苦しみや焦り、不安、怖れなどのネガティブな感情を噴出させますが、その一方では「ほんとうの私の姿」を見せてくれるものでもあるのです。

そういう目でTさんのお話を振り返ってみましょう。

不倫を機に女性性を見つめ直してきました。
そして、少しずつ女性性を受け入れ始めてきた矢先に生理が来ないという現象に直面しました。
そして、もう女でなくなってしまう、というショックを受けられました。

そのショックはお察しいたしますが、それによってTさんが得られたことって何だと思いますか?

「私は女でいたい!!!」という強烈な感情ですよね。

女であることをずーっと封印してきたのを、少しずつ解放し始め、今回の生理が来ない状況によって、一気にその感情が噴出してきたとするならば、流れはとてもスムーズなのではないでしょうか?

つまり、生理が来ないことによって「どうしたってあたしは女であり、女でいたい」ということを自覚なさったのかもしれません。

大げさに言えば、神様が「お前は女やで!女なんやで!」ということを強烈に自覚させるためにTさんの生理を止めたとしたらどうでしょうか?

ちなみに、生理が来なくなったことを喜ぶ人たちもいますよね?
でも、Tさんは逆です。

ということは、Tさんはいろんなことがあって封印してきたけれど、本当はめちゃくちゃ女として生きたい思いが強い人なんですよね。

ここで、考えて頂きたいポイントがありまして、なぜ「生理がこない=女ではない」と思うのでしょうか?

ここがちょっと複雑な問題でして、Tさんの中にある古い価値観と新しい価値観が混同している場面だと私は解釈するんです。

古い価値観=私は女ではない、と女を封印してきた私。

新しい価値観=あたしは女。めっちゃ女。女として生きるのが幸せなのだ!

生理が来なくなったことによって、かつての「どうせ、あたしは女じゃねーし」という価値観が再び顔をもたげてきます。

つまり、元々「私は女でない」と思っていたので、生理が来なくなった状況においても「やっぱり私は女でない」と思わせるわけですね。

しかし、怪しいセミナーに散々出たおかげで「いや、あたしは女なんだ」という新しい価値観を見つけられました。

その新しい価値観にとっては女性の象徴のひとつである生理が来なくなったことですごく悲しく、ショックを受けています。

この2つの価値観がごちゃまぜになっているので、先が見えなくなってしまうんですね。

ここ、難しい解釈で、本来ならばオンラインスクールの方で話すような内容なんですけど、ついしゃべってしまいました。(これを読んだ皆さんは月額3,300円払った方がいいと思う!)

で、こういう区別ができたら、古い価値観に対してはこういう見方が可能になります。

「なるほど、こうして私は生理が来なくなったことで、“再び”自分を女として否定しようとしてるんやな。ふふふ。今のあたしはその手には乗らねーぜ!」

それと同時に、新しい価値観をさらに高めるためにこんな見方が可能になります。

「生理が来なくなっても、あたしが女である証拠を探してみよう」

・・・・生でデキる。中出しも全然OK。うふふふふふふふぐふふふふふふふ(よだれ)とか、いきなり話をシモに持って行かなくても大丈夫です。

あ、胸はまだあるな。
ちんちんも生えてきていないな。
スカートだって履くよな。
Tバックも履けるよな。
メイクもするよな。
そういや、トイレも温泉も女性用に入るな。

そこで「でも、生理が終わった女なんて男にとっては興味ない」などの思いが出てきたら、「なるほどこうしてあたしは“再び”自分を女として否定しようとしてるんやな」(2度目)を思い出して頂ければと思います。

なぜ、こんな話を堂々とできるか?というと、私のアラフィフのクライアントさまたち(閉経済み)は、まあ、たいへんお盛んな方が多くてですねえ・・・。「生理がないから、できない日がなくなったので、いつでもどこでもできるんですよー」(どこでも、は余計やろ)、「病気は怖いけど、妊娠の怖れがないからコンドーム持ち歩かなくても大丈夫になったんですー」とか、まあ、もっと生々しい話を聴きとしてしてくれる方が多くてですねえ。

だから、生理が来なくなったことは確かに女性である証がひとつ消えたことになるんですけど、でも、だからって女じゃなくなるわけではなく、むしろ、新しい女としての楽しみが増える、という解釈をしてみたらどうか?というお話です。

どちらにしても、Tさんは自分が思っている以上に「女」であり、「女として生きたい」ということが明らかになっちゃいましたね。
ぜひとも、これからも「女であること」をより楽しめるよう、深みにハマっていただければ幸いです。

★そんな深い話がバンバン飛び交うオンラインスクールはこちらです。

https://www.mag2.com/m/0001677732.html

今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
「問題は嫌な思いもたくさんあるけれど、本心を教えてくれるもの」
https://voicy.jp/channel/962/71821
 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

音声・動画配信サービス

セミナーDVD

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,300円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい