リーダーはその魅力をちゃんと受け取らないとメンバーとの間に不和が起きやすい。



いいチームを作ろうと、メンバーに合わせるような言動をしたり、あれこれ気を配ったりすることは悪いことではないのですが、もし、自分が自分の価値や魅力、客観的評価を受け取っていないと、その頑張りが裏目に出ることがよくあるものです。

私は5名ほどで仕事をするリーダーをしています。
最近その運営で考えてしまうことがありメールしました。

メンバーはみんな女性。
年齢は20代後半から30代、
私は今年40歳。

仕事はチームでこなす仕事なので、メンバーとの仕事上の意志疎通は重要で、私もなにか悩みや相談事があれば気楽に話せる雰囲気や関係作りを大切にしてきました。
私自身の仕事の悩みも積極的に彼女たちに話してきました。

ある時別部署の社員さんと話していて、こんなことを言われました。

「◯◯さん(私)って仕事もできるし、気さくだし、頼れる姉さんだし、そんでもって美人だし、すごく憧れるんだけど、彼女たちからしたら完璧すぎてちょっと近寄りがたいって感じるんじゃないかな」

えっ!!近寄りがたい??
私にとっては衝撃でした。

そんな話を聞いたあるとき、私以外のメンバーだけで他の社員さんと飲みに行っていたことが発覚したり。(私は全然知らなかった)

私の仕事に対しての思いや行動が逆に近寄りがたいという結果を招いてしまったのかと思うとなんだかとても悲しいんです。一人芝居だったのか、とか。どうしていけばいいのかわからなくなっています。

根本先生愛読者としては、これも私が望んで引き起こした現実なんですよね。
こんなときでもまずは自分軸、なんですかね?

なにかアドバイスがいただけたら
嬉しいです。
(Nさん)

そうですね。こんなときも「自分軸」なんですよ!!(鼻くそをほじくりながら)

・・・ってことをしているので「ちゃんと聞いてくださいよー」とよくクライアントさん(常連さま)からは言われます。

一方で、「聴いてないようで、聴いてるんですね」とも言われます(セルフフォロー笑)。

よく武闘派女子のみなさまからは、

「ふつうにしているだけだけど周りの人から怖がられる」
「周りに気を使って行動しているんだけど、完璧すぎる、と人から敬遠される」
「いろいろと考えてみんなに配慮しているんだけど、気が付くと高嶺の花みたいに扱われる」

などというお言葉を頂くのですが、相変わらずやる気があるのかないのか分からない某先生は再び鼻くそをほじりながら、

「ま、女王様だからね」

と言って、「は?お前ちょっと表出ろや」とか言われてネクタイを引っ張られたりします。(注:別にそういうプレイが好きなわけではありません)

Nさんをセッションするなら、きっとこんな質問をすると思うんです。

「で、仕事としてはうまく回ってるの?」
「仕事に関する意思疎通はできてるの?」
「特に業績とかは問題ないんでしょ?」

その答えに対して、「はあ、まあ、一応、そうなんですけど・・・」と答えられるのならば、

「それなら問題ないよね」

とサクッと斬られたりします。

まあ、誤解を怖れずに言えば「身分の違い」って言うんですかねえ・・・。

もし、皆さんのチームのリーダーが大門未知子先生(米倉涼子さん)だったとしたら、気軽に話しかけたり、飲みに誘ったりできると思います?

別部署の社員さんが言うNさん評と米倉涼子さんのイメージはけっこう一致するような気がするんですけど(とはいえ、当然ながら米倉涼子さんにお会いしたことはありませんので、あくまで推測です)。

で、そういう話をするとNさんは「いやいや、あたしなんてとても米倉涼子さんじゃないです!」とおっしゃるんですけど、そこ、なんです。そこ。

>「◯◯さん(私)って仕事もできるし、気さくだし、頼れる姉さんだし、そんでもって美人だし、すごく憧れるんだけど、彼女たちからしたら完璧すぎてちょっと近寄りがたいって感じるんじゃないかな」

という評価に対して、どれくらいNさんは「だよねー。ほんまそうだよねー。うん。分かる分かるー」って同意できていますか?

「仕事できる?いや、頑張ってるけど・・・そんな私より仕事できる人なんていっぱいいるし」

とか

「気さくで頼れる姉さんって言われても、飲み会に誘われないんじゃ、失敗だよね?」

とか

「美人!?そりゃあ、美容とか滝行とか断食修行とか頑張ってるけど、それこそ私より美人なんていっぱいいるでしょ?」

とか

「完璧???全然完璧じゃないわよ!先日も道端のウンコ踏んづけたし、ワイン3本空けたらさすがに二日酔いひどかったし、相変わらず野良猫野郎はあたしに冷たいし」

とか、色々と言い訳しちゃいませんか???

・・・とまあ、推測でよくある反応を書いてしまったんですけど、どうでしょうか?Nさんはちゃんと自らの価値や魅力を受け取れているのでしょうか?

受け取る・・・ところまで行かなくても、周りからのそんな評価をどれくらい受け入れ、理解しているのでしょうか?

ちょくちょく話に出すんですけど、時々、東大卒のクライアントさんがセッションに来られます。
それで「一応、東大出てるんですけど、全然あたしは頭がいいわけじゃなくて、成績も悪かったですし」とか言い始めるので、今度は私が「ちょっとお前、表出ろ」って話をします。

他にも青山のモデル事務所に所属している美人が「きれいって言われますけど、ほんと私なんて全然ダメなんですよ。周りにはそれこそ絶世の美女ばかりでいつも劣等感を感じてしまいます」なんておっしゃるので、「鏡を見たことある?」と優しく聞いてみるのです。

つまりは「自己評価」と「他者評価」に大いなるギャップが生じている、という実例です。

別に嘘を言ってるわけでもないし、本人はそれこそ真剣に悩んでるんですけど、そのギャップを理解していないと、ちょいとちぐはぐな状況になってしまいます。

Nさんもきっとそうだし、私のブログをお読みの方にもそんな方は多いと思います。

Nさんのチームを考えれば、みんな年下なわけだし、Nさんがリーダーです。
そもそもリーダーという存在に対してはデフォルトで「近付きにくい」という印象を持ちます。
リーダーというのは父か母を投影しやすいので、父や母と問題があるメンバーからすれば、なおさら苦手意識を持ってしまいます。

それは相手が勝手にしてることなのでNさんにはどうすることもできないことです。

しかも、Nさんが自分の魅力や価値を受け取っていないと、例えば、Nさんがチームメンバーに配慮して、あれこれ気を配ったり、話し合いを持ったり、相談に乗ったり、乗ってもらったりしていても、「さすがNさん。そんな風に振る舞えるなんてすごい。私にはとてもできない」という思いを与えてしまうものです。

これはどこの世界でもリーダーが持つ「孤独」で、だからこそ、社長さんたちはみんな孤独を感じるので、同じ孤独を感じる社長さん同士で仲良くなったりします。

つまり、Nさんからすれば、仲良くする相手はチームメンバーではなく、同じような思いを抱えるリーダーたちなのかもしれません。

もちろん、社内にそういう人がいればいいけれど、仮に見当たらなくても、社外に一歩でればそんな人たちがゴロゴロ歩いています。

男性と女性は「上下」に関する意識がちょっと違っていて、男性は職位とか社会的身分によって「上下」を感じますが、女性はその人の魅力や価値に対して「上下」を感じます。

だから、Nさんは仕事でもリーダーである上に、女性としても憧れるリーダー的な要素を持っていらっしゃるのかもしれません。

となると、なおさらNさんは自分の魅力を受け入れた上で、同じような思いを抱く人たちと出会ってみると「あら、なんか気持ちがとっても楽だわ」と思えるでしょう。

あ、それで私のセミナーに参加された方々はよく「同志」と見つけて仲良くされているのかもしれません・・・なるほど・・・。

要するに、メンバーたちとはちょっと違うキャラだし、立場なのだから、対等に接しようとしたり、仲良くしようとしない方がいいですよ。あくまで仕事上の付き合いって割り切るくらいでちょうどいいんじゃないでしょうか?」というわけです。

そして、Nさんがそうした自分の価値を受け入れ、立場を理解していくと、不思議とメンバーから飲み会に誘われるようになったりします。
そして、なぜか「Nさん、最近、穏やかになりましたよね。なんか壁がなくなったような気がします」みたいなことを言われるようになります。

うまくやろうとしたり、仲良くしようとしたりして気を配ったりすると、かえってその態度が「変」(=自分らしくない)ので、壁になっちゃうんですよ。

それよりも「あたしは仕事もできるし、配慮もできるし、美人だし、そりゃ、近寄りがたいわね」と思って、今までと同じように振る舞っていると、そんな壁がなくなるわけです。

・・・というわけで、やっぱり自分軸と自己肯定感の話になるんですよね(笑)

★がっつり「自己肯定感をあげる」ための自宅学習セット。

動画配信/DVD「自己肯定感をあげる3daysプログラム」
https://nemotohiroyuki.jp/podcast/33750

★本で学ぶならばコレ。

「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)

★読みやすいのはコレ。

「マンガでやさしくわかる敏感すぎるあなたがラクになる方法」(日本能率協会マネジメントセンター)

今日の話を無料アプリのvoicyで音声でラジオみたいに聴けます!
 
 (準備中)
 

★お弟子さんたちのカウンセリングはこちらから。
http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

★自宅で、カフェで、移動中に、どこでも学べる根本の心理学講座

音声・動画配信サービス

セミナーDVD

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,300円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい