お父さんとの癒着を切るにはどうしたらいいのでしょう?



私の記事ではラスボスとしておかんが登場することが多いのですが、当然、お父さんとの関係も注視する必要があるものです。
今回は「お父さんとの癒着を切る」という点について考えてみたいと思います。

早速ご相談です。ラスボスおかんはよく取り上げられますが、ラスボスおとんについてお聞きしたいです。私が向き合うべきはここだ!と試行錯誤の末思い至りました。

私の父は仕事も物凄くでき、どこへ行っても認められるような超自立系です。
私はその父からお前はさすが俺の娘だと言われ続け育ち(色々よくできちゃう器用貧乏)魂の片割れのように思われている気がします。
思えばこの人生父の一番の理解者であろうとずっと努力し続けてきた気がします。今はや父の専属カウンセラー役にまでなっちゃいました。

基本的には愛情たっぷりの良き父です。ですが過干渉の過保護、全てのことから子供達を自分の手で守りたい人で、実際にその全てをやってのける力がありました。(三人兄弟の長女です)見事に籠の中の鳥状態。父以外の家族全員自己肯定感が恐ろしい状態です。

幼少期から父はハードワーカーで両親が顔を合わすと母がヒステリーに泣き怒る。というイメージを持っていた記憶があります。その度に下二人の妹弟を私が守って両親を仲良くさせて良い家族にしなくては。と生きてきた結果、見事に自立系武闘派女子&リボンの騎士なりました!

小さい時は父が悪い人に見え、母を守る発言ばかりしていたと思います。
しかし私の母は私に母を求め思春期の精神的に苦しい時に助けてくれず、必然的に助けてくれた父への依存度が思春期の頃から高まりました。同時に母への罪悪感が生まれました。

現在アラサーですが父の腕の中から抜け出せていないと思います。
全ての価値観が父の価値観ベースで、強大な洗脳状態な気がします。昔から心の中や人との会話の中に無意識に父が現れます。周囲の印象と自覚ともにファザコンです。この状態に恐怖して気持ち悪さを覚えて数年・・・自分と向き合うにつれ少しは良くなりましたが癒着が強く断ち切れず困っています。

問題だらけの私ですが、仕事、恋愛、様々な問題の根底が父との癒着な気がして本気で断ち切りたいです。ちなみに現在同居しています。

長文になりごめんなさい。どう手をつけていいかわかりません!でもどうにかしたい!強大な敵すぎて途方も無い思いですが、どうかお力添えをいただきたく思います!
(Mさん)

お父ちゃんがラスボスかどうかはさておいて、見事なまでのファザコンですよねー!

>全ての価値観が父の価値観ベースで、強大な洗脳状態な気がします。昔から心の中や人との会話の中に無意識に父が現れます。

どんだけお父ちゃんのことが好きやねん!!ってことなんですけど、何があかんの???

仕事がうまく行かないの?
やっぱり出会う男がジョボい奴ばっかりなの?

私の場合、「今、何に困ってるの?」からの「おお、そりゃお父ちゃんと癒着してるねー。」という流れになるので、機会があればもう少し具体的に今何が起きてるのかを教えてくださいねー。

ま、やっぱりお父ちゃんだね、ということになるかもしれないし、意外とヒステリックなお母ちゃんもアリだよね、ということになるかもしれませんが。

癒着しちゃってるのは苦しいんですけど、まず、Mさんが認めなきゃいけないのは「パパ、大好き!(はあと)」って部分です。

ファザコンにはファザコンのメリットもあるんですよ。
年上の男性に可愛がられたり、男性に対して抵抗がなくなったり。

大好きなお父ちゃんと無理に嫌いになったりするのは罪悪感も出て来るし、そもそも無茶だと思いません?苦しいでしょ?

だから、「お父ちゃん、大好きー!!」ということをもっと認めてみるといいかもしれません。

癒着を切る、というのも、実はそこがスタート地点になるんです。

で、その上で癒着切りというよりも「手放し」という話になるんですけど、Mさんの本気度をちょっと調査してみたいと思います。

「一人暮らししてみたら?」

さあ、この問いにMさんはどう反応するでしょうか?

もし、「考えてはいるんですけど経済的な理由があって・・・」とか「お父さんが可哀想で・・・」とか「両親とも年なんで・・・」とか、“やらない理由”が出てくるとしたら、その本気度はまだまだ低いと思います。

一方で、「今、貯金していて今年中には実行できそうです」「今、物件探してまして、来週下見に行くんすわ」みたいに、すでに行動に移しているとするならば、本気度はけっこう高いです。

「一人暮らしをする=癒着が切れる」というわけではないのですが、でも、その象徴ではありますね。

ただ、一人暮らしするかどうかは別にして、お父さんのことを手放すのは仕事・恋愛・結婚なども含めましてすごく大事なことなので、自分なりにやってみられると良いと思います。

何ならこのDVD見ながらガッツリ向き合ってください。

『本気の手放しワーク』

さて、DVDの中でも出てくるんですけど、癒着を切る/執着を手放すという上でとっても大切なことがその先に見ているヴィジョンです。

「ファザコンすぎて苦しいぜ!そんなしんどいのは嫌だから早く抜け出したい!」という理由は、手放すきっかけとしては素晴らしいですが、実際に手放すとなるとちょっと弱いんです。

なぜかというと、その先が見えてないから。

今のところが嫌だからって逃げ出したんだけど、その先で迷子になったら困るでしょ?

だとすると、お父さんへの癒着を切ったあとのバラ色の世界を今から想像妄想しておくことが凄く大事なんですね。

「お父さんとの癒着が切れたら、Mさんの人生はどう変わるでしょうか?その人生にワクワクしますか?」

「お父さんとの癒着を切ったら、Mさん自身はどう変わると思いますか?その自分がキラキラしてるように見えますか?」

「お父さんとの癒着を切って、Mさんは何をしたいのでしょうか?」

「お父さんとの癒着を切ったら、Mさんは何ができるのでしょうか?」

そこにワクワクすることができれば、癒着を切るいい材料になります。
だから、まずはそんな未来をありありと描き出してみてください。

ちなみに癒着がきつすぎると、その輝かしい未来が見えなくなったり、現実感がないものばかりが出て来たりしてしまうものです。

さて、ここからは少し別角度からお話しします。

特に異性の親であるお父さんと癒着していると「大人の女になりきれない」という問題が顕著に現れます。
お母さんと癒着していても、この問題は出てきますよ。

だって、お父さんの前でセックスの話できます???セクシーな下着を着けてることをバレたら恥ずかしくない???

親と癒着があると私たちは無意識に「子どものままでいよう」と思います。
癒着の度合いにもよりますが、「10歳くらいで成長を止めている」ケースがすごく多いですね。

10歳ですから・・・仕事は非現実的すぎます。結婚もまだまだ先のことのように思えます。恋愛も小学生らしい可愛い恋しかできなくなります。もちろん、一人暮らしなんて想像すらできません。

親との癒着があると仕事や恋愛がうまくいかない理由はそこにあるんです。

でも、実際はアラサーってことですから、もう十分大人です。

「大人の私」vs「子どもの私」の葛藤がMさんの頭の中をぐるぐる、ぐるぐるとめぐっていると思うんです。

特にセクシャリティに関しては抑圧されがちになります。
セックスに強い罪悪感を覚えますから、性的なものに対する抵抗が強くなります。
(あるいは、セックスを都合のいい道具にしてしまい、自分を傷つけ続けることをします。風俗嬢の中には親との癒着が強い人も多いものです)

だから、Mさんにとってはセクシャリティと向き合うってことをひとつのテーマにしてみてもいいでしょう。
なので、Mさんのような方には「オナニーガンガンしましょう!道具も使っちゃいましょう!セクシーな下着しか履いちゃいけませーん!」的な提案をすることが多いです。

自分が成熟した大人の女性であることを自覚するための行動であり、それが親との癒着を切る手助けをしてくれます。

その上で、DVDでも紹介していない少しきつめの宿題をお伝えしますので、ぜひ、やってみてください。

「お父さんのお葬式で読む弔辞を書いてみてください。」

なかなか厳しいと思いますが、感謝もできるし、手放しもできるし、けっこう効果的だと思いますので覚悟が決まりましたらぜひ。

★癒着と言えば、罪悪感。

「いつも自分のせいにする罪悪感がすーっと消えてなくなる本」(ディスカバー21)

★手放すためには、自己肯定感をあげるのもその一つの方法です。

『自己肯定感をあげる3daysプログラム』

名古屋:10/19(土)、11/16(土)、12/15(日)
大阪:10/20(日)、11/17(日)、12/14(土)

※東京は来年早々を予定しています。

https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/31475

★自立系武闘派女子のための恋愛講座~幸せになる覚悟とは?~

東京:11/10(日)13:00-16:00
大阪:12/1(日)13:00-16:00

https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/32453

★カウンセラーに話を聴いてもらうのも、寂しさを紛らわせる一つの手。
http://cocoronooffice.jp/#counselor

 ☆オンラインカウンセリング無料相談「ココロノマルシェ」
 >https://cocoro-marche.com/

★メルマガと動画付きで深い内容を学べるオンラインスクール。月額3,240円で毎週月曜日配信。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい