助けたい症候群に陥るのは、ほんとうは私自身が助けられたいから。



問題のある彼を好きになって離れられないのはそこに彼を助けたい気持ちがあるからではないでしょうか?
しかし、パートナーは鏡です。
ほんとうに助けが必要なのは今の自分なのかもしれません。

根本さん、はじめまして。ネタになるといいなぁと思い送らせていただきます。
付き合って1年になる彼がいます。私が風俗嬢時代に知り合ったお客さんが今の彼です。
デートして3回目で付き合い、2週間ほどで同棲し始めました。彼のお仕事は黒服です。風俗しててもいいといってくれた彼に甘えながら付き合い、半年後に私は風俗をあがり彼のお店でホステスとして働くようになりました。
2ヶ月もたたないうちに休日は朝帰り、お休みを一緒に過ごす事はほとんどありません。
彼はキャバクラに毎週通っています。領収書やカードがその辺に置いてあるのでわかりました。(一応見えないようにしてあります)
風俗を家に呼んだ事もありましたが嘘つかれました。最近はキャバ嬢へのお熱が前よりもひどくなった気がします。

私が彼にそういう事はやめてほしいと伝えると出て行けと怒鳴られ拒絶されます。
私が家から出て行かないと彼が勝手に出て行きすぐ帰ってきます。そして、さっきはごめんね。Rが辛いなら別れようと言われます。

不安を与えてそれでもついてきてくれるかを昔からやってしまうみたいです。
戯れて私が嫌がる事をよくします。私も彼も子供っぽいです。
彼は自分にかなり自信がないです。俺はクズだからRはいつか俺から離れていく、捨てられると言われます。
ここ2ヶ月ほどはセックスレスです。あったとしても月1~2回ほどです。風俗やキャバ嬢と関係があるみたいです。

彼は幼少期、親に捨てられ施設で育ち今は親も兄弟も絶縁状態だそうです。家族の話はほとんどしません。

私は彼とずっと一緒にいたいと思っています。浮気もありますが、傷ついてもどれだけ泣いてもやっぱり彼が好きです。私はバカだなと思いつつ離れられずにいます。
他人軸から自分軸になろうと少しずつ意識はしているつもりです。
彼とはこれからも仲良く、でも男女の関係もありたいと思っています。
それにはどうしたらなれるのでしょうか?来年結婚の話が出ていますが、やっぱりこのままだと(浮気性)正直なところ不安で仕方ないです。。
(Rさん)

まあ、ほんとに好きですねえ~♪(笑)
バカだって分かっていても好きなもんはしょうがないですしー、私の元にはそういう愛すべきおバカさんがたくさんいらっしゃいますねー。

たぶん、この文章読んで50万人くらいが「あ・・・あたしのことだ・・・」と胸を打たれてだばだば血を流されてるかと思います。(数字は思い切りサバを読んでいます)

さて、こういうお話を伺うときは「まあ、彼のことは分かったけど、あなたのことをもっと教えてくださいな~♪」とあれこれ聞いちゃう根本です。こんにちは。

自分軸を確立するためにも、彼のことはちょっとおいといて私の話をしましょう、というわけです。

そういう彼を好きになってしまう理由。
浮気とかされても彼から離れられない理由。
彼だけじゃなくて私も親密感の怖れがある理由。
セクシャリティに対して何らかのブロックがある理由。

その辺をちょっとお聞きしたいなあ、と思うんですね。

「パートナーは鏡」とよく申しまして、もちろん、生い立ちも見た目も性格も違うように思えて、感情レベルで見ると意外と似た者同士ってことがあるんですね。

そこから「野良猫の野良猫好き」という話も出てくるわけですけどね。

だから、「パートナーのことで悩んだらまず自分自身を見つめろ!!」は鉄則なんです。

とはいえ、それだけだと今日の記事は終わっちゃうので、彼のことにも触れておきましょうね。

彼が浮気をする理由。
先ほどチラッと書いてしまいましたけど、いわゆる、親密感の怖れの強さですね。

親に捨てられて施設で育ったという体験はそうでない方からするとなかなかの無価値感を育てるものでして、好きな人ができて距離が近づくと(近づくスピードは速いことが多い)、今度は「見捨てられる怖れ」が出てきて逃げてしまうのです。

それはもう反射みたいなもので、「もう二度と捨てられたくない」と思った分だけ、その傾向は強くなります。

だから、付き合うまではセックスもお盛んなのに、付き合って関係が深まると途端にレスになるんです。
見捨てられる怖れ、失う怖れ、孤独になる怖れから、性欲だって減衰します。

そして、好きな人から逃げるためにはキャバクラや風俗に行くのが簡単な方法ですし、保険をかける目的で浮気もじゃんじゃんします。

見捨てられた経験は「自分なんて存在してる意味がない」と思わせますから自分に自信なんて全然持てないですし、誰かに愛されるという発想も持てない人もいます。
自分のことをクズだと言ってしまうのもそれが原因でしょう。

それはパートナーであるRさんのことを好きになればなるほど強くなりますので、いい関係になってきたな~うふっ(はあと)と思った矢先に浮気されたりするんです。

>私が家から出て行かないと彼が勝手に出て行きすぐ帰ってきます。そして、さっきはごめんね。Rが辛いなら別れようと言われます。

これは典型的な症状ですよね~

見捨てられるのが怖いから、自分が問題を作って、自分が出ていきます。
でも、ひとりぼっちには耐えられないから、ごめん、と謝って戻ってきます。

自分でもなんでこうなっちゃうのか分からないのかもしれません。

そして、そういう彼を好きになって、浮気されても彼を手放す気になれないのは、そんな彼を助けたい私がいるからですよね?

まるで、魂レベルで約束しちゃったみたいな感じかもしれません。

「私があなたを助けるから。私はあなたを見捨てないから。」

彼は見捨てられるのが怖いから、「こんだけひどい俺だけど見捨てない?」というテストをじゃんじゃん仕掛けてきます。

それに揺らぎながらも「見捨てませーん!!」と言い続けられるのは、それだけ彼のことを助けたいから。

でも、そんな彼に浮気されたら女として傷つくし、助けられていない自分に無力感を感じるし、Rさんはそこでいろんな「感情の罠」に引っかかってしまうかもしれません。

でも、そこでひとつ質問がありまして「Rさんが助けたいのは彼だけなんだろうか?」というものです。

パートナーは鏡だというのであれば、もしかしたら、Rさん自身も救われたい、助けられたい、と思っているのかもしれないし、自分自信を助けたい気持ちもほんとうはあるのかもしれません。

「彼を助けたければ、まずは自分を助けること」

これもまた心理学の鉄則のひとつです。

もしくは、かつて助けられなかった誰かがいるのかもしれません。
そして、その人を彼に投影しちゃってるわけです。

「かつて、お父さんを助けられなかった。だから、今度こそ、大好きな彼を助けたい」という風に。

たいていは「自分を助けたい」&「助けられなかった誰かがいる」はセットになってることが多いですけどね。

Rさんの場合はどうでしょうか?

そういうわけで、私は「彼の話はちょっと横に置いといて、Rさん自身の話をしましょうか」と言うわけです。

自分を助ける。

助けたい人がいる人は常にその原則を忘れてしまい、自分がボロボロになっていても、誰かを助けようと奮闘してしまいます。

皆さんもそういうところありませんか?

お弟子さんたちにもよく伝えることですが「自分を癒した分だけ、人を癒せる」という法則もあります。

だから、Rさんも彼のことは気になるけれど、それをいったん横に置いて自分自身に目を向けてみてはいかがかな~と思うのです。

もちろん、彼との関係を続けたままでOKです。

自分が癒されて楽になった分だけ彼に対する意識も変わって行きますし、彼も変わって行きます。

まずは、自分を愛してあげましょう。

自分が笑顔になれることをする。
好きなことややりたいことをやる。
楽しいこと、幸せを感じられることを優先する。
女としての自分を愛してあげる。
お腹を温めたり、お酒を飲み過ぎないなど、体を大事にする。

そういうところから始めてもいいですし、すでに意識されているのであれば、セミナーでもセッションでもいいので、自分を助ける場を作ってみてもいいでしょう。

まずは自分、なんです。

助けたい症候群と言いますが、誰かを助けたい思いが強い人ほど、ほんとうは自分自身が助けられたい思いを持っているものです。

彼との幸せな結婚生活を築くためにも、まずは自分、です。

★そんな皆さんにおすすめなセミナー。

「女性性をより開くセクシャリティ解放セッション。」
東京:4/9(火)13:00-16:00
大阪:4/18(木)13:00-16:00
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/29462

★自分軸を確立する方法

『人のために頑張りすぎて疲れたときに読む本』(大和書房)

★毎週月曜日はオンラインスクール!

登録はこちらから!!
https://www.mag2.com/m/0001677732.html

あわせて読みたい