自分で自分をハッピーにする達人になりたいんです!!!


刺激物は外から与えられるものではなく、内側から湧き出るもの。
そのためには自分の気持ちに忠実になり、「今を生きる」ということが役立ちます。
あれこれ考えず、自分の感情を羅針盤に生きることが、自分で自分をハッピーにする方法だと思うんです!

根本先生こんにちは!ご無沙汰しています。

ライフワーク本が出てから、ライフワークについて考え自分の内を掘り続けています。
何が好きとか何をしたいかが、少しずつ小さなことから浮かぶようになりました。
そして、日常生活の些細なことが実は大好きだと気がつくことが増えました。
今までは好きだと自覚がなかったけど、ライフワークについてず~っと考えてたら、意外と私はライフワークを生きているかも?と思うようになりました。認めたくないですけどね!
不幸の選択含め、自分が思ってた以上に好きなように生きてるのかもー、と。

そして過去の棚卸しを始めました。ライフワークが身近にあると分かった上で過去を振り返ると、やっぱり過去もライフワークを生きていたんです。

その中には野良猫を追うことも入っていました。私は好んで野良猫を追っていたんです。最中にいるときは無自覚だし、辛かったです。だけど刺激と、彼のために女を磨く過程には喜びと生きがいがあったようです。

野良猫を手放して一年になり、平穏な生活が続いています。
セミナーで、女性性が開いてくると幸福感覚が増して、最初は退屈になると教えて頂きました。
それがまさに今です。
次の獲物を見つけたいけど、前猫ほどいい獲物がいなく、退屈しています。
だけどまた、辛い思いはしたくないんです。私を大事に扱ってくれる人と仲良くなりたいです。だけど、幸せは退屈すぎて、前猫が恋しくなります。
そこで、前猫の蜜の味を考察すると、やっぱり刺激と楽しさなんですよね。
3年間全力滑走していたので、穴が空いたように寂しさと退屈さがあります。
恋愛も私のライフワークなことも自覚したので、この退屈さや物足りなさは、どういう段階を踏むと満たされていきますか?
親との親密感の課題も考えますが、どうしたら自分の親密感が癒えるかもわかりません。連休の度に寂しさに溺れています。
でももう自分で自分をハッピーにする達人になりたいんです。ご教示頂けたら嬉しいです!
(Yさん)

Yさんが熟読してくださってるライフワーク本はこちらっす!!

>「つい「他人軸」になるあなたが7日間で自分らしい生き方を見つける方法」(あさ出版)

この発見、すごい。ものすごく素晴らしい!もう悟りだ!!

>意外と私はライフワークを生きているかも?と思うようになりました。認めたくないですけどね!
>不幸の選択含め、自分が思ってた以上に好きなように生きてるのかもー、と。
>そして過去の棚卸しを始めました。ライフワークが身近にあると分かった上で過去を振り返ると、やっぱり過去もライフワークを生きていたんです。

「自己肯定感」が高まっていくと、人生を思い切り変えたくなる人も出てくる一方で、Yさんのように「あれ?あたし、すでにライフワーク生きてるんじゃね?」と気付く人も大量に出てくるんです。

だって過去を受け入れ、肯定していくことも自己肯定感ですから、「自分なりに好きにやりたいことやって生きて来たよなあ」と肯定できるようになるんです。

すばらしい!!

あ、でも、皆さん、無理にそう思い込まなくてもいいですからね!
「私はそうは思えない・・・」って凹みたがる癖にハマらないように注意してくださいっ!!(笑)

それにしてもYさんは素直に自分の気持ちに忠実に生きられてるんだと思います。
野良猫も好きで追っかけていたことを認めたこともそうですね。

そうすると更なる次のステップに進む時期に来ているんです。

>そこで、前猫の蜜の味を考察すると、やっぱり刺激と楽しさなんですよね。

情熱的人生を好む女子(もちろん、男子も!)は、やはり刺激がないと面白くないし、そんな毎日を「楽しい」と感じるツボを持っています。

だから、

>恋愛も私のライフワークなことも自覚したので、この退屈さや物足りなさは、どういう段階を踏むと満たされていきますか?

こういう新たな課題が出てくるのですが、まず、大切なことは、Yさん自身がとてもいいプロセスを進んでいる、ということです。

ものすごくいい感じに進んでいるからこの課題が出てくるんです。

そうするとワクワクしてきませんか???(あ、しないか・・・(笑))

情熱女子は刺激を求めるのはしょうがないんです。
退屈が死ぬほど嫌いですからね。
それでこの3次元に人間として生まれて来たわけです。

ある意味、単調な毎日、平和な日常というのは求めていないのです。
人生はドラマであるべきだ!それが私の幸せなんだ!と声高らかに宣言し、かつ、うりゃぁーーーー!!!!と突撃していくのが喜びです。

で、問題はその刺激を外から得ようとしているところなのです。

ここ、重大なポイントが隠れています。

野良猫男子を追いかけるのは苦しいし、しんどいし、嫉妬や葛藤も伴いますが、それが刺激物としてYさんたち情熱女子には認知されます。

野良猫男子から刺激をもらうことによって、人生をドラマに仕立てています。

そして、彼が改心して家猫になると途端に退屈になって、新たな野良猫を求めて夜な夜な徘徊するようになります。

「刺激は外からしか得られない」という思い込みが実はあるんです。

そういう思い込みがあると、野良猫から刺激を得ようとしたり、モラハラ部長から刺激を得ようとしたり、過酷な締め切りスケジュールから刺激を得ようとしたり、アルコールやゲームやドラマや映画から刺激を得ようとします。

もちろん、それもあって良いと思います。

しかし、根本先生の「野良猫好きは野良猫理論」によれば、ほんとうの刺激物はどこにあるのか?という問いに行き着くんです。

そう、Yさん自身が刺激物。自分自身が取扱注意な劇薬。

思い出してください。
情熱女子の皆さんが優しく穏やかで自分のことを愛してくれる彼氏の前で採って来た暴挙の数々を。
私のような優しくて、純粋で、まじめな男たちにとっては涙なくしては語れない黒歴史になるできごとの数々を引き起こしてきましたよね?ね?ね?ね?

そう、刺激のタネは元々自分の中にあるのです。

大事なことなのでもう一回言いますね。

刺激は自分の内側に今すでにあるんです。

それを「外からの刺激によって、内なる刺激を誘発する」ということを今までやってこられたのです。

順番を逆にしてみましょう。

まず、内なる刺激物を動かす。
導火線は自分の手の内にあるのです。

そこでは自分が今この瞬間に楽しい、面白い、してみたい、やってみたい、ワクワクする、ドキドキすることを探し、実践することです。

分かりやすく言えば「今に生きる」ということです。

セッションでこういう話をすることがあります。

「お互いいい大人なんだから寝たいと思った男がいたら自分から押し倒せばいいやん?そういう男がいないって言うんだったら草の根分けても見つけ出せばいいじゃん?それだけのエネルギーくらい余裕であんじゃん」

つまり、それだけもっともっと自分を自由にしてあげるんです。

「職場の人に飲み会に誘われたけどあまり楽しそうじゃない。だから、行かない」

「ふと帰り道に良さげな飲み屋を見つけた。即、入店」

「たまたま通りかかった店に可愛い服を見つけた。即、試着&お買い上げ」

「ネットでおっ!と思うセミナーを見つけた。即、お申込み」

その時の自分の気持ちにどんどん忠実になるだけです。

そんなことしていいの?
人に迷惑かけない?
締切に間に合わなくなるよ?
上司に怒られるよ?
社会人としてそれってどうなの?

そういう“思考”をすべて捨て去るんです。

「私が楽しいからする」

これ、誤解のないように言っておくと「快楽主義者になれ」ということではありません。

自分の気持ちに忠実になるということは、自分が喜ぶこと、自分がワクワクすること、自分が幸せを感じられることに忠実になる、ということです。

寂しいから、それを紛らわせるために男と寝るってことは、自分が喜ぶことでしょうか?
面白いことないから、ナンパされにクラブに行くってことは、自分がほんとうにワクワクすることでしょうか?

退屈しのぎにネットショッピングしまくるってことは、自分が幸せを感じられることでしょうか?

自分の気持ちに忠実に生きる、というのは、そうやってネガティブな感情を何かで紛らわせることではなく、自分が嬉しい、幸せ、ワクワクを感じられることを問答無用に実践することです。

ここまで読んで、「でも、なかなか難しいよね」と思っちゃった人、いませんか?
そう、その思考です。すぐに考えちゃうんです。その時点で「私の気持ち」は置き去りになってることに気付きましょう。

さて、今、楽しいことは何?
今、ワクワクすることは何?
今、幸せを感じられることは何?

そんな問いをめちゃくちゃ自分にかけてあげてください。
最初は答えが浮かばなくても、分かった範囲で行動していたら、どんどんパっと浮かぶようになり、やがてはそんな問いかけも必要なくなります。

もし、砂漠を放浪して疲れたのであれば一時的に優しく、穏やかな男と過ごすのもいいでしょう。
でも、そこはオアシスです。Yさんの住む場所ではありません。
疲れが癒えたら再び旅に出ます。

もっと自分がワクワクときめく方向へ。

それが「自分で自分をハッピーにする達人」になる方法だと思っています。

さあ、そんな自由な世界を手に入れよう!

『もう野良猫・ロックマン・ダメンズはいらない!自立系武闘派女子が幸せなパートナーシップを築くための1DAYセミナー』
東京:2018/12/22(土)10:00-20:00 (神楽坂)
大阪:2019/1/20(日)10:00-20:00(本町)
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/26954

人に意識を向けすぎて疲れたときにはこの一冊。

『人のために頑張りすぎて疲れたときに読む本』(大和書房)

★海外からでもご覧になれまっせ!!動画付きメールマガジン。
https://www.mag2.com/m/0001677732.html


あなたにオススメ