私は自己肯定感があがっているのでしょうか?それとも単なる思い込みの激しい人なのでしょうか?


自己肯定感があがると自分のことはOKになっていくので、周りの人に与える余裕が生まれ、より視野が広がっていきます。
思い込みが激しい人はその逆で周りが見えなくなっていきますね!
そんな3行で答えられる話を普段通り長い文章に仕立てる根本くんを褒めたらいいと思う!

根本先生、いつもブログやオンラインスクールで心のお勉強をさせていただいています。

そのおかげで、自分が自立系武闘派女子、それも特攻隊長レベルであることも認めることができました。そんなところもかわいいな♪って。自己肯定感がアップしてきたと思います。

「手放しってなんじゃそりゃー!わたしには関係ないんじゃー!!!」って思っていましたが、2年間大好きな捨てられた子犬系男子に試してみました。

素直になるってことが少しずつ出来るようになりました。大好きな人に素直になるって、とっても覚悟がいるんだけど、相手を手放したら、その覚悟をその都度することができる。怖いけど、何があっても私は大丈夫って、思うから。

私は大丈夫って感覚は、やっぱり自己肯定感を高めることができてるから感じられるのでしょうか?

自己肯定感が高まると、相手に振り回されない、というのも感じていて、なんだか最近、捨てられた子犬くんの心情がわかってしまうんです。ヤツはサトラレか?!っと思うくらい。ヤツの隠そうとしている私への愛情を察知する能力が優れてきてます(笑)

それと、周りの反応が変化してきています。私、48歳未亡人なんですが、モテ期です(笑)嫌味を言ってきてた人たちが、私の真似を始めました。周りからの賞賛の声が多くなりました。

私自身は、ライフワークを見つけました。「捨てられた子犬君と、心のお勉強」です。そして、私の魅力を全開にして私の人生を楽しむって決めました。年齢のせいにして、いろんなことを諦めるのをやめました。そうすると、ワクワクが止まりません♪

これらは自己肯定感がアップしているから感じられることなのでしょうか?ただの思い込みの激しい人の可能性もありますか?
(Mさん)

特攻隊長が迷彩服を着て、フェイスペインティングをして、ライフルを背負って、「わたし、かわいいな♪」って言ってる姿はかなりシュールですよね。。。

ま、自立系武闘派女子にとっての迷彩服とは男の目を惑わす女の服であり、フェイスペインティングは魅力を最大に引き出すメイクであり、ライフルってのはお気に入りのかわいいバッグだと思えば、確かに合点が行きますが、ついつい、戦場をイメージしてしまうのはそのキャラのせいです(笑)

自分のこと、かわいい♪と思えるのは間違いなく自己肯定感があがって来た証拠であり、大変素晴らしいのですが、あまりに自己肯定感があがりすぎるとこのブログを読む理由がなくなり、セミナーに行くモチベーションもなくなってしまいますので、それは我が家の経済状況に悪しき影響を与えるのではないかと危惧する今日この頃です。

さて、“捨て子犬系純情男子”を追いかけたくなるところが武闘派女子の面目躍如ですが、そこで素直になれたり、何があっても大丈夫と思えるところはもちろん、自己肯定感があがってきた証ですね。もちろん、周りにも振り回されなくなりますね。
自己肯定感があがると「根拠のない自信」という最強のアイテムを手に入れることができるんです。しかし、あまりに自己肯定感があがりすぎると(以下同文)。

>それと、周りの反応が変化してきています。私、48歳未亡人なんですが、モテ期です(笑)嫌味を言ってきてた人たちが、私の真似を始めました。周りからの賞賛の声が多くなりました。

おおー、すげー。ほんと、いいですねー。
私、職業柄アラフォー、アラフィフの人にもよくお会いするんですけど、最近は、女は40代からか???と思うくらい魅力的な人によくお会いします。(ま、自分が年を取っただけ説も根強いけど)

50代で人生初のモテ期が来て20歳下の男子からマジ求婚された人の話はセミナーなどでもよくしていますし、Mさんと同じ48歳で気が付けば3人の人とお付き合いすることになってたバツイチ女子もいますし、まあ、ほんといっぱい。

自分が変わり始めると、周りはその変化を怖れて抑え込もうとして批判、嫉妬、攻撃、嫌味などが起こります。
いわゆる「出る杭は打たれる」と言う奴です。
しかし、さらに変化を突き進めると、それらの声が、賞賛、承認、憧れ、カリスマ、目標、ヴィジョンに変わって行きます。
いわゆる「出る杭も出切ってしまえば打たれない」です。

いいですねー、リーダーシップを取れるようになったってんですものね。
あ、それで特攻隊長ですか!なるほど。
いやいや、連隊長、いや、師団長でもいいっすよ!それだけの貫禄ありそうですね!笑

>私自身は、ライフワークを見つけました。「捨てられた子犬君と、心のお勉強」です。そして、私の魅力を全開にして私の人生を楽しむって決めました。年齢のせいにして、いろんなことを諦めるのをやめました。そうすると、ワクワクが止まりません♪

あら、これも素晴らしすぎますねー!
そう、年齢なんてほんと関係ないんですよね。

とあるおばあさまは70歳で乗馬を始め、80歳でバイクに乗り、90歳過ぎてヨーロッパ旅行に出かけられました。
そんな例はほんとたくさんあります。

48歳なんてまだまだこれからですよねー。
むしろ、精神的にますます解放されて自由になれる年代でもありますからー、すごくいいです。

なんせ、ワクワクが止まらない♪って言えるところが素敵。
もう、それだけでいいっす。その感覚があるだけで素晴らしいっす。

ライフワークってひとつじゃないですよね。
子犬くんにエサをやるのと、心のお勉強と、○○と△△と□□と・・・ってずっと増えていきます。
だから、ライフワークを生きている人って肩書がたくさん増えていくことが多いんです。
(もちろん、ひとつのことを掘り下げる系ライフワークの人もいます)

それに、私が考えるライフワークって生活全体、人生全体のデザインなので、さらに世界が広がりますね。

さて、そうなってくるとMさんの疑問、

>これらは自己肯定感がアップしているから感じられることなのでしょうか?ただの思い込みの激しい人の可能性もありますか?

という危惧が生まれるのも無理はないと思います。
そもそも思い込みの激しい人って実感があるんですよね?
情熱系だし。
それに更年期ってのもあるか?(←こういう発言をすると多方面から砲弾が飛んでくるのですが、一番怖いのは冷たい目線です。)

(気を取り直して)果たしてこれはヴィジョンを生きているのか?単なる暴走か?ということですよね?

ここまでの文章だけで見れば、思い込みの激しい人ってことはなくて、単にガンガン自己肯定感あがっちゃった人って感じがします。

だから、全然ブレーキかけなくていいと思うんです。

ただ、今後のために、また、このブログ/メルマガをお読みの情熱系武闘派男女の皆様のために、その見分け方について提案しておきたいと思います。(いきなり真面目モードになります)

自己肯定感があがると自分のことを責めなくなり、自分軸も確立されるので周りに振り回されることがなくなっていきます。
そうすると、周りの人たちを見る余裕が生まれるようになります。
その時、私たちは「与える」「喜ばせる」ということに意識が向くようになります。
そして、繋がりを作り、みんなと一緒に幸せ、成功を目指す意識が出てきます。
「どうしたらこの人がもっと元気になってくれるかなあ」
「どうしたらこのグループがもっとよくなるかなあ」
「どうしたら日本がもっといい国になるかなあ」
みたいな感じで意識が広がります。
自己肯定感があがると自分のことはOKになるので、他のものに意識が向くようになるんです。
そして、そこにたくさん自分の情熱や愛や夢やヴィジョンを与えていくようになります。

一方、思い込みの激しい人、暴走してる人は自分のことしか見えていません。
他者のことはライバル、敵のように見えていたり、眼中になかったりします。
そうすると「一人の幸せ、利益、成功」を求めるようになり、だんだん周りが離れていきます。
そして、気が付けば孤立していることになります。

自己肯定感があがっているのか、思い込みが激しいだけなのかの見分け方は、周りの人たちを見る余裕があるかどうか、また、周りに人が集まってきているのか去って行ってるのか、などで判断してみるのはいかがでしょうか?

そういう目で見ても今のMさんはガンガンに自己肯定感があがって連隊長から師団長を経て、女王様になっていこうとされてるのがよく分かると思います!!!

そんな自己肯定感をガンガンあげる本はコチラ。

敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)

また、Mさんもご視聴下さってるオンラインスクールはこちら!!
「めっちゃ使えるココロの法則」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事