9/25と9/27は初・札幌イベント~!!(面談とか講座をするのです)


明日の朝6:30に家を出て空港に向かいます。
荷物は宅急便にて北海道向けに一足先に出発しています!
色々とおすすめのお店情報も集まっていて、とてもワクワクしてるんですよね~
いい季節に訪れることができて幸せです。

さて、9/27の初セミナーまであと3日となりました。
まだまだ申込み可能です~!
お友達などで誘いたい方はぜひ声をかけてあげてくださいね。
また、札幌にお友達がいらっしゃる方もよかったらお勧めしてあげてください!

皆さんにお会いできますこと、楽しみにしています!
(9/24)

「もう寒いですよ~。昼間でも長袖ですよ~」というメールを頂いて、冬物を段ボールから出してる根本です。
今週末は札幌出張です。
楽しみな反面、どんな展開が待っているのかちょっと不安で怖い・・・けどワクワク~という気持ちでいっぱいです。
お会いできる皆さん、楽しみにしています。
予想よりもたくさんお申込み頂いているのですが、まだ会場的には余裕があります!
参加希望の方はぜひお申し込みくださいね!!
(9/20)

気が付けばあと2週間となりました。
講座へのお申し込みもとても順調で、どちらも満席になる勢いです。有難うございます。
もし、誘いたいお友達や、一緒に参加したい方がいらっしゃる方は早めにお声掛けくださいね。

それにしても、だいぶ過ごしやすそうですね(天気予報を眺めながら)。
楽しみだなあ・・・。
(9/13)

***

何でも9月の北海道はもう秋の装いで、実りの季節らしく、食べ物がめちゃくちゃ美味いらしい。
何でも9月の北海道はすでに涼しくなっていて、避暑には最適すぎるらしい。
何でも札幌周辺でも名湯が多数湧き出ており、旅人の心を掴んで離さないらしい。

よし、これは行くしかない!(早速、食べログを開く)

そもそも仙台に進出した頃、「次は札幌ですよね?」と、半ば脅迫する勢いで北海道在住の受講生・クライアントさんたちからメッセージをもらっていた私である。
しかも、一足先に、沖縄進出を果たしてしまったため、北の大地の読者の皆さんからは「ほほー、私たちをスルーしますか。いい度胸してますね。」との温かいメッセージを頂いていたのである。

そこで、結婚式に呼ばれたのをきっかけに、北海道に行くことを決めた。
人生では2回目である。1人で行くのは初めてである。
そこで例によって現地の住民の協力を得ることができ、無事開催の運びである。

つい、どうでもいい前振りを長々としてしまうのは私の悪い癖である。
言葉を改めて、きちんと講座の案内をしたいと思う。

***

まずは9/25(金)この日の午前中に新千歳に到着した働き者の私は、ノーザンホースパークにも、支笏湖温泉にも目をやることなく、その足で札幌市内に向かい、大通公園の近くにある貸し会議室に向かうのです。
偉い!何て偉い奴なんだ!!(笑)

そこで午後から面談カウンセリングをします。
13:00- / 15:00- / 17:00-
※現在満席です。ありがとうございます。

この3本をご用意しました。
もし、せっかくだから根本のカウンセリングを受けてみたい、と思われる方は8/3(月)20:00~より受付を開始しますので、どうぞ、こちらのページからお申し込みください!!(ページの下の方に申込フォームがあります)
※開始時刻より前に申込をされても無効になりますのでご注意ください。


10:00~13:00【コレを学べば驚くほどに人も自分も見えてくる!~人間関係、恋愛、結婚、お金、仕事に役立つ心理学~】

まずは心の仕組みがどうなっているのかを学びます。
(顕在)意識、潜在意識、無意識。
この3層からなる心はどんな機能を果たし、どんな風に私たちの生活にかかってくるのかが分かります。
そして「頭で考えること」がどれくらい無力なのか?
感情や直感を信頼することがどれだけ大切なのかも見えてきます。

私たちって実は感情の動物です。
頭で一生懸命考えていても、実はこの潜在意識・無意識が行動を支配します。
「頭ではやらなきゃって思ってるんだけど、なかなかできないんだよね」って思うこと、ありませんか?

お金を稼ごう!お金を貯めよう!と思ってるのになかなかできない!!
そういう場合は、心の中に何かお金を稼いだり、貯めたりすることへの「抵抗」があるのかもしれません。
もちろん、お金、だけじゃないですよね。
仕事、恋愛、結婚、出産、、、何にでも当てはまります。

そんな心の仕組みをまずは解き明かしていきます。
そして、これは次の投影の法則を知るためにも大切な構造なんですね。

さて、あなたが「投影の法則」を学ぶと次のようなことを知ることができます。
・今、私が何をしたいのか?何を欲しているのか?
・なぜ、私は人に嫌われてると思ってしまうのか?
・なぜ、将来のことが不安になるのか?
・周りの人とうまく行かないのはなぜなのか?
・なぜ、苦手な人と得意な人がいるのか?
・なぜ、上司はあの人にだけ厳しいのか?
・なぜ、自分は年上の女性が苦手なのか?
・職場の後輩とうまく行かないのは何故なのか?
・あの人が喜ぶプレゼントは何なのか?

ある女の子が私のところに質問に来ました。ずっと優しかった彼のことが信じられなくなった、と。どうして?って聞くと彼女はこんな話をしてくれました。
「彼ったら、あんなに冷たい人だと思わなかったの。私がこの間熱を出して寝込んだとき、ほとんど放っておかれたんです。看病をしてくれるわけでもなく、大丈夫?って気遣ってくれるわけでもなく、いつも通り仕事に行って、いつも通り帰ってきて。帰ってきたと思ったらご飯を作ってくれるわけでもなく、さっさと一人でご飯を食べに行っちゃって。私のことなんてどうでもいいんだわって思って、すごく辛くて。今まで本当に優しくて、私のことを思ってくれていたのに。」

でも、これは彼女の思い込みが生んだ誤解だったのです。
もちろん、彼も悪いっちゃ悪いのですが、さて、何が問題だったのでしょう?
これも「投影」を知れば、彼が冷たい訳でも、彼女を気遣ってなかったわけでもないことが分かります。
実際私は彼女に「彼にこう聞いてみて」と伝えて、彼女達は別れずに済みました。

また、あるセミナーに参加してくれた男性は「自分はいつも人に嫌われている」と思って生きて来ました。「そんなことないですよ。あなたは素敵なところがいっぱいあるのに」ってお話しすると彼は首を振りながらこう言うんです。
「実は私、実験してみたことがあるんです。周りの人に『僕のこと、あまり好きじゃないよね?嫌いだよね?』って聞いて回ったことがあるんです。そしたら、やっぱり僕は嫌われたことが分かったんです。」

すごく勇気のある彼ですよね~!びっくりです。
でも、実はこれも「投影」が影響して「僕は嫌われている」という思いを作っていたんです。
さて、どういうカラクリが動いているのでしょう?

そのカラクリを説明したら、彼は「あっ!」と言ったきりしばらく固まっていました。
皆さんも職場や恋愛の中で「あれ?私、嫌われてるかも?好かれてないかも?」って思うこと、ありませんか?
もしかしたら、そんな謎が溶けるかもしれません。

そして、どうしたら投影で気付いた心を変えられるのか?ということで「許し」の登場です。
許しのテーマはほんとうに深く、広く、とてもこの時間で語り尽くすことはできないのですが、その流れを知るだけでもとても役立つでしょう。

許しの4つのプロセス「感情の解放」「感情的理解」「信頼」「感謝」を軸に、様々な事例を交えて、許しのイメージをお届けしたいと思います。

人間関係、仕事、お金、恋愛・結婚、様々な点に応用できる「許し」について。

きっと目から鱗な話を、様々な例え話を交えながら、笑いながら、少し胸をじーんとさせながら、そして、実習を交えてお届けさせて頂きます。
長いようであっという間の3時間、お誘いあわせの上、お越しくださいませ。

【詳細】
日時:2015/9/27(日)10:00~13:00
会場:札幌国際ビル A会議室
   札幌市中央区北4条西4丁目1番地 札幌国際ビル8階
交通:さっぽろ駅8番出口横入口
料金:¥7,000-(当日払い)

お申込みフォームはこちらです!!


14:00~16:00「癒着と分離の心理学~人との距離感を学ぶ~」

◎ブログでよく出てくる癒着の話を読むたびに「これ、私のことだ」と思い、悶絶している。
◎人(特に大切な人)に近づきすぎたり、離れすぎたりして疲れてしまう。
◎そもそも人との距離感が分からない。
◎母親が過保護・過干渉。心配性で、感情的なタイプだった。
◎いや、母親は放置プレイが趣味で、子どもたちと距離を取っていた。
◎恋愛依存症かな?と思うことがある。誰かを好きになったらその人のことばかり考えてしまい、感情的に振り回されて辛い思いをよくしている。
◎恋愛に限らず、依存症的傾向がある(ワーカホリック、アルコール依存、チョコレート依存、買い物依存など)
◎自分がない、という感覚をよく感じる
◎自分の意見を持てない、分からない。
◎消えたい、と思うことがある。
◎子どもの成績や学校での態度に影響を受け過ぎる。
◎罪悪感が強いタイプだと思う。
◎自分にあまり自信が持てない。特に人間関係について。
◎見た目はしっかりしてるようで、内面は不安や怖れが強い。
◎自分は情熱の女/男だと思う。
◎困っている人がいると放っとけず、犠牲をしてでも助けようとする(助けたい症候群)。

いくつ当てはまりましたか?

1つ以上、「あるある」と思った方向けに講座を開きます。
「人との距離感」にフォーカスを当てた「癒着と分離」を心理学します。

どうも私たちは幼少期の親子関係(特に母親との関係)で他人との距離感を決めてしまうようです。
お母さんと近すぎれば、他人ともその距離に近づきたくなるんですが、でも、相手は近すぎるぞ、と拒否してきて傷ついてしまいます。でも、距離が離れると寂しくなって、そして、また近づきたくなるんです。でも、また拒否されて・・・。だから、ちょうどいい距離が分からなくなってしまいます。

癒着があると憑依されたみたいになって「自分」を持つことができません。自分が欲しいものが分からなくなり、常に相手の望むものを望むようになります。
好きな服も、好きな趣味も、やってみたい仕事も自分に許せなくなるんです。

罪悪感があると、何かしなければいけない思いに駆られます。補償行為と言います。例えば、自分はあまり役立たずだからもっと仕事をしなきゃいけない、相手に気を使わなきゃいけないって、どんどん抱え込んでいっぱいいっぱいになって気が付けばワーカホリックになっています。仕事にしか自分の居場所を見いだせず、仕事と癒着してしまう状態です。

お互いにこのパターンを持つカップルは「共依存関係」を築きます。お互いにお互いを束縛し合い、これ以上離れられなくなるんですね。大好きなうちはいいけれど、でも、久々のお通じを彼と一緒に狭いトイレで迎えるのは抵抗ありますよねえ?それで意識は分離の方向に向かい、問題が生まれます。ケンカが増え、DVやらモラハラといった状況に発展することもあります。

「私は私、あなたはあなた」
この線を引くことを学んでいきます。

情熱的な人は何とかしてあげたくて「私もあなたも同じ」すなわち、同一化してしまいます。その状態を癒着と言います。自分と相手の境目がない状態なんです。それでは自分らしく生きることも、自分の考えを持つこともなくなり、相手の考えや思いに影響されて生きるようになります。

そこでお互いを尊重するために「線を引く」ことを学ぶのです。
それは「成熟」した関係への一歩であり、自己実現のための一歩です。

実はもしあなたが達成したいのにできていない目標があるとしたら、この誰かとの癒着を疑ってみるべきなのです。その存在が足かせとなり、あなたの成功を阻んでいる可能性もあるんですね。

今回も根本の講座らしく、様々なcaseを紹介しつつ、「自分はどうなのかな?」と振り返る時間を持ちつつ、そして、笑いもあり、ちょっと痛いところもアリ、でも、希望を感じ、笑顔で帰って頂けるような2時間を構成したいと思います。

【詳細】
日時:2015/9/27(日)14:00~16:00
会場:札幌国際ビル A会議室
   札幌市中央区北4条西4丁目1番地 札幌国際ビル8階
交通:さっぽろ駅8番出口横入口
料金:¥5,000-(当日払い)

お申込みフォームはこちらです!!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事