10/15。快晴。ホテルニューオータニ博多・カステリアンルームにてランチ会を賑々しく開催して参りました!(こぼれ話付き)



せっかく福岡に行くのだから何かしたい!けど、土日はお弟子さん制度で身動きが取れぬ・・・と思っていたところ、「土曜日の3時までは竹内えつこが講師を担当するからその間だったら行けるんじゃね?」という神様からのお告げがあり、「じゃあ、ランチ会を開こう!」と思い立ったのでした。

場所をスタッフに探してもらい、ここは良いんじゃない?と見つけたホテルニューオータニ博多のフレンチ、カステリアンルーム。個室があったほうがいいよね、ということで別料金で個室を押さえさせていただきました。

【キャンセル待ち】福岡:10/15(土)12:00-14:00頃 ランチ会 at ホテルニューオータニ博多・カステリアンルーム

そして、皆様に告知に協力していただきまして、九州の筋金入りの自立系武闘派女子が集うことになったのです。

しかし、さすがは九州の女たち。フレンチのソース以上に濃厚なお話をたくさん聴かせていただきました。

離婚ほやほやの方から「女とは何ぞや?」という漢らしい問い、仕事の人間関係からビジネス、そして、アーティスティックな質問まで本当にいろんなお話に花が咲きました。

楽しい時間はあっという間に過ぎるもので、名残惜しく会場を先に失礼させていただきました。

希望された方とツーショットを撮ったり、わざわざご持参いただいた本にサインをさせていただいたりする時間があったのは幸いでした。

なんせ、オンラインではお弟子さん制度6期の講座が進んでますもので、急ぎ、帰らなければなりません。しかも、私には別の用事が発生しており、なおさら帰りを急いだのでした。(その話はこの記事の最後に文調を変えてお届けします。)

カステリアンルームの重厚な入口。

個室。金屏風のような背景が華やか・・・派手・・・煌びやか・・・。

アミューズ。

世界一美味しいコーラ・・・らしい。

かぼちゃのスープ。美味!

フレンチな海鮮サラダ。

鰆。ソースも付け合わせも美味い。

鴨。この濃厚で美味なソースが絶品。

可愛らしいデザート。


さて、この日の私は師走でもないのに忙しく走り回ることとなった。

お弟子さん制度6期はオンラインでの開催である。お弟子がオンラインならスタッフたちはどこにいても構わんだろ、ということに気付き、大阪だけでなく各地に移動することにした。また、お弟子さん制度では修了したお弟子にファシリテーターをお願いして講座をサポートしてもらうのだが、九州にも数名ファシリテーターがいるため今回、福岡にやってきたのである。決して1年半もご無沙汰してるから禁断症状に襲われたとか、福岡グルメを堪能したくて堪らなかった、という事情ではないことは留意されたい。

オンラインでの講座開催には様々な道具を持参する必要がある。パソコンはもちりん、ウェブカメラに、マイク、ペンタブ、そして、スピーカー。細かいケーブル類まで入れるとけっこうな荷物になる。

そして、私は準備万端のつもりで会場を訪れたのであるが、そこであってはならない忘れ物に気付いたのであった。

ペンタブはあるけれど、ペンがない。そして、スピーカーもない。

無くても何とかなるか・・・と考えようとしたが、さすがにそれは無理だ。スピーカーはともかくペンタブは必須である。

これはヤバい!と即座に現地調達を決意する。

「家電量販店はどこぞ?」と地元民ファシリテーターに問うと徒歩7,8分のところにBIC CAMERAがあると言う。

言われてみればかつて福岡に頻繁に出張してきたときに同様の理由で幾度かお世話になった店である。

ところが、急ぎ足で訪れてみれば警固神社前にある店舗ではなく、西鉄の高架下の店の方にパソコンの周辺機器はあると言う。そこからさらに数分の場所である。

平時であれば全然苦にならない距離ではあるが、私は12時からランチ会を控える身である。

余裕をもって会場に到着するために「BIC CAMERAでペンタブを調達したら即タクシーでニューオータニまで向かう」というプランを立てていたが、それが見事に崩れ去ってしまった。

まだ時間には多少の猶予がある。私は高架下の店に向かい、入店するや否やお店の人に「ペンタブはどこぞ?」と問い合わせをする。

担当の方に事情を説明する。求めるペンタブのペンは単品では売ってなく、「汎用のペンでもできなくはないだろうが、動作保証はできない」とのつれない返事。

仮に汎用のペンを買ったのに使えないでは話にならない。なんせこの買い物にミスは許されないのである。

そこで、私が愛用しているペンタブと同機種が売られているのを知り、セットで購入することとした。思ったよりも安かったことも購入を後押ししたのであるが、これで私は3台目のペンタブを手に入れると同時に、4本のペンを持つ男となったのである。

さて、ここからだとタクシーを捕まえて行くにもちょっと微妙であったので、Google Map先生の試算により徒歩10分という時間を信じ、歩いて会場まで向かうこととした。

この日の福岡は秋晴れの気持ちが良い天気で、風も気持ちよく、そして、気温もそれなりに高かった。

そんな中、ふだんのウォーキングのつもりで信号待ちにイライラしつつ、汗をそれなりにかきながら10分前にレストランに着いたのはまこと日ごろの鍛錬のお陰であろう。

ランチ会は楽しく過ぎて行く。料理もおいしい。ワインを飲めないのは少々残念であるが、昼酒にはあまり興味がないのでさほど苦にはならない。

そして、「終わったら今度こそ涼しいタクシーで大名の会場まで楽して帰るべ」と思った瞬間、「あっ!」と気づいた。スピーカーを買うのをすっかり忘れてる!

会がお開きになり、急ぎ足でカステリアンルームを後にして、再び早歩きでBIC CAMERAに舞い戻る。本日2度目の来店である。

PCに接続できるスピーカーを買い求めると「ご希望の色は警固神社のところの店舗の方にございます。お取り置きさせていただきましょうか?」との丁寧な回答。

結局、お弟子さん制度6期の会場からホテルニューオータニまでの片道約2kmを往復徒歩で行き来することになったのである。

幸い遅刻することもなく、何とかギリギリ会場に戻れたのであるが、その間にふつうに4kmほどのウォーキングをしてきたわけだ。

忘れ物をしないように次は気を付けよう、と心に誓う。(けど、あんまり信用してないんだけどね)

なお、その晩のビールがやけに美味かったことを最後に記しておこう。

 

あわせて読みたい