お弟子さん制度1期生から頂いたお宝について。



お弟子さん制度1期の修了式のあと、サプライズでこんな素敵なものをみんなでプレゼントしてくれた。
「修了書とか認定書とかはねーから。欲しかったら自分で書いて持ってきたらハンコくらい押したるで~」って言ってたら、逆に「師匠認定証」を贈られるハメになったのである。
しかも、飾っておけるように透明な額まで。

さて、問題はこれをどこに飾っておくか?である。まだ私には事務所がなく、神楽坂に一般向けにもお貸ししているセミナールームがあるだけである。さすがに、そこに飾るのは違うと思う。かといって自宅の書斎では誰にも自慢できぬ。もうしばらくニヤニヤしながら考えるとしよう。

寄せ書き、というか、メッセージカード。驚いたのは私宛だけでなく、スタッフたちへのメッセージも一緒に書いてくれていること。その辺はさすがカウンセラーらしい配慮と言ったところで、むしろ、それがとても嬉しかったのだ。スタッフたちも見たいだろうと思い、しばらくセミナールームに置いておいたため、私の手元に来るのが遅くなった。
決して、「弟子たちからのメッセージを受け取るのが恥ずかしくて見ないようにしていた」のではないので、その辺誤解無きよう。

そして、シール。これぞ、扱いに困っている。PCに貼ろうと思ったけど、このPCを変えた際にはシールもなくなってしまう。それはもったいない。スーツケース然り、である。
もちろん、セミナールームの扉に貼っておくのは違うと思うし・・・。まあ、なくなったらなくなったで製作者に「寄こせ」と言えば済むことなので、とりあえず気が向いたところに貼っておこうと思う。

これらの品々を頂戴したのは修了式であるから3週間も前である。
その後、スタッフ内でメッセージカードを回覧したり、私が軽井沢や沖縄に旅をしていたため、すっかり時間が経ってしまった。

改めていい弟子に恵まれた1期であったと思うし、まだまだご縁は終わっていないので、今後ともディープかつレアな付き合いをしていけたらと思っている。

ちなみに明日は2期の募集開始であるのだが、別に深い意味はないので2期に応募しようとしてくださる方は変なプレッシャーを感じないでいただきたい。
なお、余談ではあるが、2期の修了式は来年3/22(日)である。私はその日、大き目な紙袋を持参した方がいいだろうか?(笑)

あわせて読みたい