10周年に当たり思うこと、そして、これからの10年に向けて。



2013年て何かあるよなあ・・・と思っていたある日。ふと「おぉ!」と気付いたことがありました。

ちょうど10周年なんです。

ん?何?と思われるかと思いますが、実は、私、10年前の、2003年3月31日付で当時勤めていた会社を退職し、カウンセラー専業になりました。
それまでの数年はこっそり2足のワラジを履いていたんですね。

10年ですよ・・・。

とても感慨深いものがありますね。

その半年前に退職する旨を会社に申し出たのですが、社内でも社外でも家族ですら、誰一人引き留める人がいなかったんです。

「余程無能だった」
「向いていなかった」
もしくは「あいつはそういう奴とみんな知っていた」のだろうと思います。

驚くほどにすんなり話が通って、逆に怖くなったことを今も覚えています。


ワークショップでもよくお話ししますが、私、性格的に「サラリーマン」という仕組みが向いていなかったのは確かです。現在の仕事のように時間的に自由が利き、インセンティブな枠組みがないとモチベーションが上がらないようなのです。

さて、私も昨年後半くらいからあれこれと動いていて、まるで身辺整理をしているような気分でいたところ、占い師にも「今年は集大成の年ですよ」と言われました(笑)

素直な私は「そうか。じゃあ、今年は一つの区切りだな」と感じ、いろいろなことを見つめ返しています。(そういう話をすると、私がこの仕事を辞めるのではないか?という説が飛び交ったりするのですが、今のところそんな予定はありませんのでご心配なく。)

「今年は巳年だから、脱皮の年ですねっ!!」という言葉も何度も耳にしましたし、古きものを手放して、新たな世界に移行しようとしています。
そういえば、アセンションって言葉を耳にしたことがある方もいらっしゃるのでは?

そういう意味で新しいことを始める気満々で、年始から「神様へのオーダー」をワークショップでやってみたり、グループカウンセリングを東京で始めたり、名古屋への定期出張を復活させたり、後輩の育成にちゃんと力を入れるようになったり、あちこちセミナーに顔を出すようになったり、これまた忙しく動いています。

まさに、脱皮中です!

そして、また新たな10年をスタートさせたいと、心を新たに4月をスタートさせました。

そういえば、去年、40になったんだったけな。忘れてた。まさに、いい区切りじゃないですか!(笑)

ということで、この10年の「夢」と言いますか、いやいや、「実現すること」を恥を忍んでお話ししたいと思います。

<この10年で実現させること>

・本、あるいは、それに類するメディアにて執筆活動を継続的に行っていて、収入の柱となる。
→文章を書くのは大好きだし、繰り返し読める文字という伝達方法にとても愛着があり、また、より手に入りやすい価格で提供できることもあり、たくさんの人に「心のバイブル」として手元に置いてもらえるものを作る。「安心して眠れる本」「笑って腑に落ちる本」「わくわくしながら生活できる本」「夫婦、家族がもっと幸せに繋がれる本」などがコンセプト。

・各地で講演会を開催すること。海外でも年に1,2回講演している。
→「心」の大切さと面白さ、その素晴らしさを伝えることで、日常をより円滑に、楽しく、幸せに感謝しながら生きられるヒントを直接伝えていく機会。

・現在の東名阪福以外でも「癒し」のセミナーを開催している。
→問題を解決するための「癒し」を各地で提供していくことで、「まず、自分が楽になり、笑顔になることで自分の周りの人を幸せにしていく」お手伝いをする。

・ラジオ、あるいは、それに類する媒体で「心」に関する番組を持っている。
→相談コーナーや今月のメッセージ等、心の大切さ、素晴らしさを音声という媒体で伝えていく。1日の中でホッとできる時間、自分を見つめられる時間、感謝の思いで1日を振り返る(始められる)時間などを提供していくことで、より前向きに生きられるお手伝いをしていく。

・ボランティアで学校(小中高)にて心理学の「出張授業」を行っている。
→心の授業は今の日本ではほとんど行われていないので、心についての授業をしつつ、さらにはコミュニケーション、人間関係、将来の夢、楽しく生きる秘訣などの方法をワークショップ形式で提供していく。心に関する知識や興味を早い段階から持つことで、頭でっかちでない、地に足の着いた人間形成のお手伝いができると思っている。

・短時間かつ安価な「心のミニセミナー」を全国各地で開催し、心に関する情報や意識の普及に努めている。
→講演会や癒しのセミナーとはまた違う角度で、公民館や集会所などの小さい場所で「心」の大切さや素晴らしさ、人間の偉大さや素晴らしさを伝え、感じ、実践していただける場を作る。そうした知識や心が軽くなる経験を身近な人に伝えていくことで、より日常を楽しめる機会を提供する。

こうした思いって一人では到底難しいですよね。
皆さんが「いいね!」とか「応援したいな」とか思っていただけることで、きっと実現できると思うのです。

賛同くださる方、良かったら、1秒だけでいいので、この思いが実現するように祈ってください。

ありがとうございます。

あわせて読みたい