東京へ行くぞ!の話のつもりが、反省文になってしまった話。



気がつけば、もう、日付は木曜日になってしまった。
月曜日、博多のホテルの部屋で寝不足の頭をボーっとさせながら「20日の木曜日に○○なイベントがあります」と言うアナウンサーの声を聞いたとき、「木曜?まだまだ先だなあ」と思っていたのだが、その木曜日がもうやってきてしまった。

あっという間であり、この間、私は何をしていたんだろう?と思い巡らせて見た。


月曜日は福岡と名古屋の悪い友達と、福岡で遊んだ。
家庭の迷惑をまったく省みない男ばかり4名で、それぞれ家族に対する罪悪感を見てみぬふりをして、昼から温泉に入ったり、酒を飲んだりして過ごした。
早い夏のような1日で、酔った頭を手をかざしながら日を遮り、暑いなあ、とうだうだと薬院の街を歩いた。
こういう自堕落な休日の過ごし方は至福と言っていい。
前日まではピーンと張り詰めた緊張の中にいたわけで、そのギャップに心は解放され、癒されるんだろうと思う。(単なる自己弁護である)

火曜日は家族と過ごした。事務仕事に出かけたり、奥さんとランチを食べたり、昼寝をしたり、本を読んだり。休日の昼寝は私の大切なリフレッシュ方法である。
このところ、読書がかなりの趣味を占めている。昨日も荻原浩さんの本に夢中になり、奥さんを待っている駐車場の中でも、食事を終えた喫茶店の中でも、ついつい読みふけってしまっていた。
小説は一瞬にして、日常を飛び出せるから素晴らしい。
その本を読んでいる間、私は渋谷や目黒、山手通りに魂を飛ばしていた。

水曜日はカウンセリング。面談に電話に。そして、こうしてパソコンをはじいたり。
仕事の日は当たり前だが締まった生活になる。
朝もきちんと置き、朝食をちゃんと食べ、そして、散歩がてら歩いてカウンセリングルームまで往復する。カウンセリングルームでもお茶を沸かしたり、ワークショップの資料の準備をしたりして、仕事をしているのである。
今日は雨が降ったり止んだりで、家に着いたら汗がびっしょりで、即、シャワーに直行した。

そして、気がつけば日付が変わって木曜日である。

朝になれば、私は伊丹に向かい、羽田行きの便に乗る。
そして、カウンセリングをしたり、セミナーをしたりする日が続くのである。

とりあえず、せっかく「痩せましたね」との評価で一致する昨今だけあって、できるだけ暴飲暴食は避けたいと思っている。

そして、日曜日のセミナーは力を抜いて、テーマと向き合えたらな、と思っている。
気張ってみても、何も出やしないのである。
自然体が一番だと思うが・・・。

因みにそのセミナーとはこれである。

要するに、このブログは宣伝のつもりで書き始めたのだが、何となくエッセイのようになってしまった。

悪くないと思うので、このまま更新してしまおうと思う。

あ、因みに土曜日は13時から無料説明会
心理学やカウンセリングやカウンセラーやセミナーに興味のある皆さん。
ぜひ、お越しを。

・・・これも宣伝である。

あわせて読みたい