新しい東京カウンセリングルーム徒歩圏内で見つけたかわいい戦利品。



歩いていると思わずジャケットを羽織ってしまう東京から、歩いていると思わずジャケットを脱いでしまう大阪に帰ってまいりました!
気温が3,4度、違うってこういうことなのね・・・ということを肌で実感。

でも、そんな東京でも30分や1時間も歩き回っていれば、自然と汗が出てきていい運動になります。そんな3泊4日の出張生活でした。


僕は新しい環境になると、ついエキサイトして、地図を頭に入れるべく探検に出かける習性があるんですね。
ガイドマップがあればそれを習熟し、実際の景色と地図とをすり合わせながら散歩するんです。

特に今回はカウンセリングルーム移転後初めての出張のため、好奇心も最大値でのスタートでしたから、朝からハンカチがびしょびしょになるくらい歩いてみました。健康にはとても良いのですが、ちょっと長時間歩くには不適切な靴しか持ってこなかったので、履き慣れていながら靴擦れや小さなマメができるくらいの運動量だったのです(次回からは散歩用の靴も用意しようと思います)。

新しいカウンセリングルームは、目黒区駒場にありますが、目の前の2車線の道路を渡れば渋谷区上原、西に数分歩けば世田谷区北沢と、まさしく境界の地にあるんですね(そういえば前回は品川区と港区の境でした。そういうぎりぎりな場所を選んでしまうというのも、うちの会社の経営状況を反映しているとか、しないとか)。

その面白さに興じて、3日間で小田急線沿線の代々木八幡、代々木上原、東北沢、下北沢と4駅間をじっくり探検してみました。
BarやCafeがそこかしこに馴染んでいる大人の街から、Tシャツというより肌着という表現が似合う下町から、何でもありそうなごちゃごちゃした都会から、東京らしい入り組んだ道と不意に現れる急坂とにびっくりしながら、非常に楽しませていただきました。

電動自転車があればもっと便利なのになあ・・・。

とはいえ、そんな都会に住んでいながらも、僕がググるキーワードは

代々木上原 ラーメン
下北沢 カレー
東北沢 銭湯

と、非常に学生さんチックな検索結果になっています。なんせ、ここは東京大学のお膝元ですから仕方ないですわな(笑)

もちろん、美味しく素敵なパン屋さんも、居座りたいカフェも大量に発見し、これは!と思ったものは奥様へのお土産にしたんですけれど、やはり基本はラーメン、カレー、銭湯・・・。

lammfromm The Concept Store (代々木八幡)そんな東京滞在中、貴重でとても嬉しい発見をしたのは、代々木八幡駅(代々木公園駅)に程近い、ラムフロム・ザ・コンセプト・ストア。
カウンセリングルームからは徒歩15分ほどかかりますけれど、現代美術作家のグッズを実際に買えるショップです。

品川のカウンセリングルームから移転することが決まったとき、一番心残りだったのが、徒歩3分のところにあった原美術館から離れること。リフレッシュするには、現代美術の飛んだ(富んだ?)作風が非常に役立っていたのです。

pup king のぐいぐるみ2体(奈良美智)この店は狭いけれど、原美術館でも見た、展示されてた作品のグッズが売ってるんです。
「おぉ、この皿でチーズケーキを食ったぞ」という紺泉氏の作品もありました。

で、食指がもっとも動いて、これは是非、娘へのプレゼントにしようと思ったのが、こちらの奈良美智氏・パップキングのぬいぐるみ。購入後にお店の方から「これはこのお店でしか扱ってないんですよ。ネットショップでは買えないんですよ」と教えてもらい、特別意識も急上昇(^^)

実際、家に持って帰ると、うちの奥さんも娘も非常に喜び、早速その晩から一緒に寝てます。柔らかくて、かわいくて、2匹揃ってとてもいい感じで・・・。
素敵な戦利品となりました。

東北沢・山の湯さて、「東北沢 銭湯」で検索して引っかかるのが、先日紹介した石川湯とこちらの、山の湯。
煙突があり、時代的な富士山の絵もあり、天井がとても高い、本格的かつトラディショナルな銭湯です。
こちらはマッサージ風呂の水の力がとても強く、しっかり体をほぐしていただきました。

こういう銭湯に入った経験ってとても少ないのですが、なぜかとても落ち着き、居心地がよく、気持ちいいのんですよね。DNAが覚えているんでしょうか。不思議なものです。

実は今回の東京滞在中、夜のカウンセリングが終わるとタオルと着替えを持って真っ先に銭湯に足を向けてたんです。

で、じっくり垢も疲れも洗い流し、次の日に備えます。風呂上りのビールも非常に美味です。
お陰でほとんど疲れの残らない出張となりまして、銭湯通いはしばらく癖になりそうです。

あわせて読みたい