東京の休日。今回は珍しくお洒落な街○○○に寄り道。似合わないとか言わない!


あまりの快晴に気持ちよすぎて面食らいそうになる月曜日。
イコール、僕にとってはお休みの日。
普通ならば午前中の便で帰阪するのところ、今回は・・・ほんとうに久しぶりに寄り道してから帰ることに・・・。

先日のブログでお話したとおり、沖縄・竹富島在住の作陶家&写真家夫妻が代官山で展示会(販売会)をやってらっしゃいまして、現地では売切れていて購入できなかった「魚紋」の器を求めて参上することにしたのです。


ところが、品川・御殿山から代官山というのは、ビミョウな場所にありまして、どういう風に行けばいいのか?あれこれ思案していたのです。
で、地元のお客さまにも「どうやって行くのがいいと思う?」と聞きまくったのです。

1.(根本の怠惰な案)御殿山からタクシーで直行。ネット上の計算でも2千円弱で行けるらしい。

2.(お客さま1の真っ当な案)五反田か品川まで歩き、渋谷まで山手線で行って、東横線で一駅折り返す。

3.(お客さま2の健康的な案)五反田まで歩いて、恵比寿まで山手線で行き、そこから再び歩く。

多数決では「2」だったのですが、天気もいいですし、Yahoo!の地図を見てたら、恵比寿から代官山ってけっこうすぐだってことが分かったので、「3」を採用。

そもそも歩くのは嫌いじゃないですし、恵比寿から代官山なんて、想像するだけでワクワクするような道じゃないですかー。
途中の店の誘惑に負けて辿り着けなかったらどうしよう・・・とか思うじゃないですかー。
ま、ほとんどの店が11時とか12時オープンのため、面白そうな店があっても入ることはできず(苦笑)、予定よりも30分も早く代官山に到着~。

時間まではカフェでボーっとしながら、前回ここに来たときの記憶を呼び覚まします・・・。
それは何と4年前。
奥さんと一緒に東京出張していた頃で、やはり出張の最終日(大阪に帰る日)に寄ったことを覚えてます。
ガイドブックなどの何の情報もなかったので、あちこち歩き回って良さげな店をあちこち覗いてたんですよね・・・。
あぁ、懐かしい・・・。
また一緒に来ることができたらいいなあ・・・コブ付きで(笑)。

さて、お目当てのギャラリーは郵便局の横の細い路地を入ったところ、ほんとうにこんなところにあるの?という場所にちょこんとありました。

代官山・ギャラリー無垢里1 代官山・ギャラリー無垢里2

古い民家を改造したようで、仮に水野夫妻の展示会が開かれていなくても、きっとはまってしまうだろう・・・と思うような、とてもとても素敵な場所でした。
常設展もセンスのいいものばかりで、心がすーっと洗われるのがよく分かります。

御殿山のカウンセリングルームの近くには原美術館があって、時間がポッと空いたときに心の洗濯に出かけるんですが、そんな感覚を思い出します。
やはり芸術というのは心を和ませ、癒し、安らかにさせてくれるものですね。

ほんと、来て良かった・・・。奥さんも連れて来たかった・・・。喜ぶだろうに・・・。

そんなことを感じてしまったので、気に入ったものは即購入決定!
で、けっこう買い込んでしまったのでした・・・。
でも、とてもいい買い物ですよ。大切にしたいと思います。

飛行機で大阪に帰るから、と、夫婦揃って何重にも新聞などで包んでくれたのも感激でした。
(もちろん、お陰で無事に割れずに持って帰ることができました)

・・・と購入品の数々(撮影は自宅で)。

戦利品の器たち。

因みに、せっかくJRで恵比寿まで来たので、帰りはそのまま浜松町まで行き、そこから東京モノレールで羽田入りしてみました。
いつもは品川から京急ですから、新しい道にとても新鮮。
遠回りになりますが、こちらもハマってしまいそうですよ。

やはり、たまにはこうして寄り道・観光して帰るのもいいですね~。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事