九州の地はとても居心地が良いです。

アサイチの飛行機に乗って福岡にやってきました。
ついこの間まで沖縄にいたので、九州の地名の読み方にも慣れたものです。(読めない、という点で・・・)
むしろ、ああ、そうそう「原」は「ばる」と読むことが多いんだよね、と安堵感を覚えるほど。
1年半くらい通っていると既に地元意識が芽生えるのかもしれません・・・。
ふるさとに帰って来たような安心感と共にいつもの二日市温泉に向かいました。


今日はとても温かい一日でホテル近くの桜も満開を過ぎようとしていました。
なぜか桜は色んな情緒を誘いますね。
はかなくもあり、あでやかでもあり、当然のように美しくもあり。
車窓から眺める異国(?)の桜は尚更色鮮やかに映えました・・・。

夜は九州の仲間達と飲み会。
前回と同じキムチ鍋を囲み、辛いもの欲、鍋欲、肉欲(今回は豚バラ肉)など様々な欲求を満たす。
その後、大谷さんの案内で、中洲(那珂川沿い)の屋台を冷やかして歩く。
夜になってもまだまだ温かく、散歩にちょうど良い気温だったこともあって、色んな話を幅広くしながら博多の夜を満喫した。
今回の旅はなぜか落ち着くなあ・・・知ってる人、比較的慣れた場所だからだろうか???

日々のミニコラム