朝の散歩。


部屋の湿度計は70%を示しています。
道理で変に蒸し暑いはずです・・・。
乳児は先ほどから汗びっしょりで、髪を振り乱して寝返りを打ってます(笑)

このところ大阪は梅雨空で、ちょっと前に比べたら涼しいものの湿気の多い毎日です。
でも、こう雨が降るときは、ぼーっと眺めていると気分が安らぎますね。

雨が降るときは自然と自分の心に意識が向けやすいのかもしれません。
休みの日ならば、のんびり本でも読みながら過ごしたいですね。
(実際は「うーっ!」とご指名がかかって、そんな優雅には過ごせないものですけど)


我が家で一番の早起きはその乳児でして、僕の寝てるベッドの傍にやってきては
「うーっ!!」とか「ぱぱー!」とか「ママっ!!」とか叫んでます。
(部屋が狭いので、我が家ではパパが一人でベッドに、ママと乳児は和室で寝ています)

今朝も(我が家としては)早く乳児に起こされまして、寝ぼけ眼で朝ごはんをあげつつ、朝のお散歩に出かけました。
もうベビーカーなしにてくてく歩いて公園まで行って遊んで帰ってこれるんですよ。

もちろん、交通ルールなんて気にしない年頃(1歳4ヶ月)ですから、急に歩道から飛び出ようとしたり、赤信号を無視して堂々と渡ろうとしたり、まだまだ「世界の中心はア・タ・シ」状態です。
「車はアタシを見たら止まるのよ!」的態度はむしろ見習うところが多いくらい。

ただ、手をずっと繋いでくれてたらいいんですけど「パパ、うざいねんっ!」とばかりに振り切られるときも多く、だいぶ神経遣わされます。
よって一時も気が抜けないわけでベビーカーに縛り付けときたくなるときもあるわけですよ。

・・・。

ま、犬の散歩に似てます・・・。

朝の公園は散歩中の犬が集まってる他は子ども達の影はなく、普段はなかなか使えないブランコを独占することができました。
ただ、今の乳児はブランコや滑り台よりも、歩くことに至上の喜びを得ているようで、公園内をひたすら徘徊してはきゃっきゃ喜んでます。

夏の散歩は朝に限りますね・・・。
空気もまだ新鮮な感じで、涼しげで、とても気持ちよいです。
子どもと一緒に歩けるのもとても嬉しいし楽しいし、はまりそうです。
(じっとしていてくれたら・・・)

ちょうど家に帰って一息ついていると雨が再び降り出しまして、タイミングが良かったようです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事