(1/5)年賀状から流れを見る



4日から仕事始めの方って多かったんでしょうか?
まだ江坂の街は半分起きたような感じで、5日からって方も多いのかもしれませんね。
僕も5日がカウンセリング始めです。
カウンセリングを4日も空けることって滅多にないので、いやー、何だかとても遠くに来た気分です(笑)
とても新鮮な気持ちで迎えられそうです。

*~~*~~*~~*~~*

年賀状、最近は写真付きのものも多いですね。
そのほとんどが子どもの写真だったりします。
何を隠そう、うちもプロ仕様でデザインしてもらったんで、根本家からの年賀状には深希(みずき)がたくさん映っているわけです。

ちょうどここ数年に子どもが生まれた友人が多く、
「ほほー、1歳半だとこういう感じになるんかー。もう赤ちゃんというよりは子どもだよなあー」
「2歳になったら、もうなんかすっかり赤ちゃん気がなくなるんやー。怖いなー。」
などと感想を漏らしながら楽しんでました。

赤ちゃん写真から月齢順に並べたら、人間の成長過程が分かって面白そうですね・・・。

*~~*~~*~~*~~*

年賀状の中には非常にツッコミを入れたくなるものがありまして・・・

「今年は攻めます」という新婚の友人。
おいおい、何をどう攻めるんだよ?
たぶん、彼の仕事のことだと思うんですけど・・・。

「今年の秋に結婚します」という古くからの友人。
良かったなあ・・・と思うのと同時に、
相手は誰?いつから付き合うてたん?
聞きたいことがいっぱい。

「今年こそ・・・」という友人。
毎年同じようなセリフを聞いているんですけど、
ほんま、今年こそ嫁に行け!という感じです。
ちょっとその字体に悲壮感を感じたのは僕だけじゃないと思います(笑)

*~~*~~*~~*~~*

そんなこんなで、今年は結婚ラッシュのようで、友人達がバタバタ結ばれていきます。
昨秋から知人含めて赤ちゃんの誕生も続いていますし、今月予定日の友人もいます。

僕のお客様でも「今年は大きな変化が来そうだなあ」と感じさせてくれる方がほんとに多くて、これからの流れが本当に楽しみなんですよ。

そんな大きな流れがやってくる時は、自分が地に足を着けていないと翻弄されてしまいます。
ネガティブな流れなら分かりやすいですが、ポジティブな流れの時こそ、それは大事なことだと思うんです。
旅の恥は掻き捨て・・・のように、旅先では気が大きくなって散財しやすいですし、周りのお祭りムードで調子に乗ってはしゃぎすぎると受け取るべきものを受け取り損ねたりします。

だから、今年は竹のような強さとしなりを持って進んで行きたいな・・・と思うわけです。
これはずーっと以前からの目標の一つなので、今年もそこに磨きをかけていきます。

やっぱり年初というのは、勝手に目標をあれこれと考えてしまうものですねえ・・・(笑)

*~~*~~*~~*~~*

今年も年賀状を頂いた小学校時代の恩師の言葉で、今も印象に残っている言葉があるんです。
「~と思います」ではなく「~です」と言いなさい・・・という趣旨の言葉なんですが、これは心理学の世界でも通用する格言なんです。

「思う」と表現するのではなく、「です」と言い切ることで、言葉の重みは全然変わって来ます。

人に対して発言する際は構わないんですが、自分自身に対してはできるだけ、そうした言い切り型を僕はお勧めしたいんですね。

先の僕の表現でも
「磨きをかけて行きたいと思います」
よりも
「磨きをかけて行きます」
の方が、より引き締まった印象を与えるんじゃないでしょうか。

だとしたら、その目標意識も高まり、実現する可能性もとても高まるのではないかと僕は思うんです。

あわせて読みたい