子育て本、脱稿しました。

初めての「子育て本」の執筆を終えました。すなわち、脱稿です。

脱稿と言う響きは脱力を思い起こさせ、編集者に原稿を贈った瞬間、胸の緊張が大きく緩み、なんか腑抜けになりそうな感じがしました。

続きを読む

バーの片隅で執筆すると異様に筆が進んで気持ちがいい。

初の子育て本の執筆が佳境に入って参りました。
確実に10万文字を越えるんですが、編集者曰く「けっこう厚みを出すので全然大丈夫です!」とのことで、その言葉を信じて邁進しています。

子育て本も「初」なんですけど、少し小説っぽい書き方をしているので、それ自体がとても刺激的かつ面白くて、どんどんハマってます。

続きを読む

間もなく罪悪感本が発売されるというのに、その次の本の締め切りに追われるのは作家らしくて素敵です(笑)

今日は午後からお借りしているオフィスの一室に籠って執筆。
4月くらいから思いついたときに書き始めていたのですが、訳が分からんほどに忙しくなってしまい、締め切りを延長して頂くことになりまして。

続きを読む

罪悪感本のゲラをチェックしていますー!!

昨日までは3冊の本をまとめたコミック&エッセイのゲラをチェックしていましたが、今日からはいよいよ罪悪感本のゲラを見ています。

Wordに文字だけで書き込んだ原稿が、こうしてデザインされて形になるのはいつも感動する瞬間です。そして、編集者の能力の高さをまざまざと見せつけられるできごとでもありまして、あの文章をよくこんなにうまいこと纏めてくれるよな・・・と思ってしまうのです。

今のところ270ページくらいありまして、そのまま出るのかカットされるのかは分からないのですが(そのまま出してもらえたらとても嬉しい)、私のセッションにおいて中心的なテーマになる「罪悪感を癒すこと」を目的にした本です。

続きを読む

文庫本のゲラが届いてました。

ホテルに帰るとゲラが届いていた。昔、共著として著した本の文庫本。

内容を今の時代に合わせて吟味しつつ、火曜日には編集者の手にわたっていなければならないブツである。

ワクワクとドキドキが同居する瞬間がゲラを手にしたときなのだなー。これはいつでも変わらないなー。慣れないなあ。

罪悪感本を書いていると、自分自身が癒されていくのでとても有り難いですね(笑)

7万文字を越えました。もう1冊の本になるレベルまでやってきています。

罪悪感本の執筆もようやく終わりが見えてきたんですが、まだまだネタをあれこれ考える日々が続いています。この間の週末は神戸でリトリートセミナーをしていて、やはり全然執筆は進められず、昨日は昨日で別の原稿を書いていました。本ではなく、オンラインスクールのメルマガです。

続きを読む

神戸の夜景を眺めながらしばし執筆に没頭してみる。

明日からの神戸・北野リトリートセミナーに前乗りして、準備や打ち合わせをし、晩飯を食ったり、バーであれこれ話をしながらも、ちゃんと締め切りを守るために執筆する根本氏。えらい。すごくえらい。

続きを読む