【本の感想】まだすぐには決断ができるようになるとは思いませんが気づきを得ることはできました。あとは心の実が熟すのを信頼して待つばかりです。




7日間で自分で決められる人になる』(サンマーク出版)の感想をいただきました。!ありがとうございます!!!
(メルマガで「ゲラをお渡しするので感想を書いてくださいませんか?」とお願いしていたのです。)

「就職するつもりじゃなかった。大学卒業後はバックパッカーになるつもりだったんだ」
そんなことしたらご両親はガッカリしたんじゃない?と、私。
「だって自分の人生だから・・・」

入社動機を尋ねた時の後輩とのやり取りです。「自分の人生だから」が私の心に小骨のように刺さり、あれから8年間過ごしてきました。いまだに私は自分の人生を生きておらず、心を整理するためにこの著書を手に取りました。そして読み進めていくなかで自分の心の内が見えてきました。

私は着飾るのが好きでよくショッピングに出掛けます。次第にこだわりが強くなり心底気に入った品を買い求めるようになりました。妥協できないのですから高かろうが気に入れば購入します、たとえ100万円のバッグでも。しかし会心の品で着飾る毎日も、いつしか虚しさを感じるようになりました。
なぜこだわるのか、それは本当に生きたい自分を生きていないから。本当に決めたいことを決められなくて、せめてモノくらいは妥協せず自分で決めたい気持ちの現れだったと気づきました。

この本に書かれているとおり私は過干渉な母に縛られていました、今は過干渉な夫に縛られています。
彼らは私の意見を尊重してくれません。私の決断が彼らの思いと違うと不機嫌になり全力で反対してきます。周りからガミガミ煩い意見やら説得を聞かされることを考えるだけでうんざり、疲れ果てて決断を諦めてしまいます。

この本にはなぜ決められないかがタイプ別に挙げられており、よく分析されていると思います。私は思考優位タイプ、優等生タイプ、調整役タイプのミックスです。他人を優先しすぎたり嫌われたくないとはわかっているものの、反対を振り切って孤独になるほどの勇気を持てずにいます(亡き父が両親と断絶したのを見ているのもあって)。
振り返れば、ショッピング以外にも就職、転職、恋愛など自分で納得できる決断をしてきたものは少なくありません。でも今までの中で最も大きな決断と思われるライフイベントを変えられぬままでいるのです。
言い訳かもしれませんが、新型コロナで外出禁止が続いたときは独りじゃなくて本当によかったと思ったものです。新型コロナによってさらに決断が怖くなった気がします。

書かれているとおり自分がどうしたいか心の奥底で決めているのは確かで、繰り返しコミットメントしています。人生を後悔したくなくて今の状況が苦しいです。
まだすぐには決断ができるようになるとは思いませんが気づきを得ることはできました。あとは心の実が熟すのを信頼して待つばかりです。

人生は一度きり、いつ死ぬかわからない、人は必ず死ぬ。人生を後悔しないために☆彡

ご著書は私の人生を振り返り、心の整理に役立ちました。気づきを与えてくださった根本さんに心から感謝します。
(MMさん)

Amazonのサイトへ

>この本の詳細なご案内ページ(概要・目次・はじめに・感想集)
https://nemotohiroyuki.jp/schedule-cat/36542

「7日間で決められる人になる」発売記念講演会

・大阪/オンライン:10/10(土)14:00-15:30
https://nemotohiroyuki.jp/event-cat/36555

★よかったら皆様も本を読んだ感想をお寄せください。
問い合わせフォームより
・感想や書評を文章で送っていただいてもいいですし、ご自身のブログやyoutubeでご紹介いただいた場合はURLをお送りいただければと思います。
・ご紹介可能なお名前も合わせてお伝えください(ない場合はイニシャルで紹介させていただきます。)

あわせて読みたい