助けたい人ばかりと恋をしてきた自立系武闘派女子がそのパターンを手放すとどうなる?(助けたい症候群の卒業式)


助けたい人に恋をすると、なぜか奴隷になったり、犠牲的になったり、ぼろぼろになってしまいます。それは助けたい症候群のせいかもしれません。
それを手放すとどうなるのか?考察して参りましょう。

***
いつも、お世話になっております。
今度セミナーに行くので、その時に聞けば良いかなぁとも思うのですがリクエストします。

先日、もう手放せている~!と思っていた彼のことが、手放せていないことに気づく出来事がありました。
そこで、1日かけて泣きながら彼への別れの手紙を書いたり、自分への手紙を書いたり、友達に今の心境を連絡したりしていました。
ご飯も食べずに泣きっぱなしで。
不思議な夢を見て、次の日の朝はスッキリして、どんどんスッキリして手放し完了間際?というところです。
スッキリすると、彼のことホンマに好きやったのかなぁ。とか助けたいだけやったのかなぁ。とか、いろいろ考えます。
私は今まで「助けたい」がベースで恋愛してきたので、これは本当に好きだったのかなぁ?どうなんだろう?と教えていただきたいです。
どっちも混ぜこぜ?で良いのかなぁ?

助けたいと思う自分を、これからも何度も手放していきたいのですが、手放していくと次は何が入ってくるのだろう?ってところも知りたいです。
楽しみにとっておきたい気もしますが。。笑

よろしくお願いいたします。
(Aさん)
***

>そこで、1日かけて泣きながら彼への別れの手紙を書いたり、自分への手紙を書いたり、友達に今の心境を連絡したりしていました。
>ご飯も食べずに泣きっぱなしで。

さすがは自立系武闘派情熱女子の鏡ですね!!(笑)
ここまでできるのは素晴らしいです!!
そしたら、スッキリしますよね!うん。素晴らしい!!

>スッキリすると、彼のことホンマに好きやったのかなぁ。とか助けたいだけやったのかなぁ。とか、いろいろ考えます。

手放すとこんな状態になることも多いんです。
・寂しいような、虚しいような感じがする
・心にぽっかり穴が開いたような気がする
・無気力になる
・彼のこと好きだったのか自信がなくなる
・私にとって彼って何だったんだろう?って思いが出てくる

つまり「助けることぞ、我が命!!」みたいに思ってたのが、その「助け」を手放したわけですからね。
それだけ「助けること」にエネルギーを注いできた証ではないでしょうか?

変な話「彼に恋をしていたのではなく、助ける必要のある彼に恋をしていた?」ってことなんですよね。
ちょっとショッキングかもしれませんが。

ただ、好きなもんは好きでしょうがないので、とてもシンプルに言えば、

「私は助けたくなる人のことが好き」
とか
「私は助けることが3度の飯より好き」

ということで、いいと思うのですね。

>どっちも混ぜこぜ?で良いのかなぁ?

いいと思いますよ。ほんと。

「助けたい」ってのは決して悪いことではなく、むしろ、素晴らしいことですよね~。

>助けたいと思う自分を、これからも何度も手放していきたいのですが、手放していくと次は何が入ってくるのだろう?ってところも知りたいです。

あんまりおもしろくない答えなんですけど、「助けたいと思う自分」を手放すと、「助けたい人を好きになる」のも「そうじゃない人を好きになる」のも選択可能になるんです。
例えば、彼氏に求める条件てのに「年収1000万以上」というのを付けてるとしますよね?
(え?うちの読者はそれくらい求めて当然ですよね??)

それを手放すと「年収は特に関係ないわ」ということになります。
「年収1,000万以上の人でも、そうじゃない人でも、私は幸せになれるから」と思えるようになるのです。

でも、不思議とそうすると「年収1,000万以上」の人との出会いが増えたりします。
これまた不思議なことですけどね~

だから、「助けたいと思う自分」を手放すと、「ほんとうに助けたい人」に出会うことも少なくありません。
この「ほんとうに」というのは「支えたい、一緒に成功したい、共に成長したい」等の要素を持ち合わせてる人、とも言えます。

Aさんがそういう恋をしてきたかどうかは分かりませんが、一般的に「助けたい人と恋愛する」という場合、その「助けたい」が補償行為的な場合も少なくないのですね。
つまり「助けたい恋をする=助けたい症候群」になっている場合です。

助けたい症候群というのは、色々な罪悪感がベースとなっているので、次のようなケースが出てきます。

1.何をおいても彼を助けることが主になるので、結果、奴隷のようになってしまい、彼の求めることになんでも応えようとしてしまう。

2.助けること(与えること)ばかりに意識が向くので、受け取ること(愛されること、助けられること)を自分に許可できない。

3.助けることがメインになるので、彼に助けを求めることなんてとてもできないし、仮にしたとしてもあっさり拒否される。

4.自分には何も与えるものがない、自分には何も価値がない、と言った思いから「助けたい」という思いにつながるので、犠牲的な恋が多い。(1と似ています)

5.仮に彼を助けることができて、彼が元気になったら、自分は必要ないと思ってしまう。

6.付き合っている間、罪悪感が常に伴い、自分ではダメなんじゃないか?もっとしなければならないんじゃないか?もっと頑張らなければならない?などの思いに駆られるようになる。

7.そうした要因が絡み合っているので、付き合っていくほどにボロボロになっていく。
8.これらの要素が絡み合っているので、恋愛をしているのに全然幸せを感じられない。

で、そうした「助けたい症候群」を手放すと、次のような状態になるのです。

1.彼が何かを求めて来ても、自分の状態によってNoと言えるようになる。

2.彼への愛情も感じるが、彼からの愛情も受け取れる。

3.彼に助けを求めることもできる。

4.自分の存在意義に価値を見出せるので、自分を安売りしない。

5.彼が元気になった分だけ、その恩恵を一緒に受け取れる。

6.付き合っていることで、自己承認がどんどん進み、ますます自分に自信が持てるようになる。

7.付き合っていくほどに元気になり、笑顔になり、「おっ!恋をしてるねえ~」という艶が出てくる。

8.幸せである。彼との出会いに感謝し、より幸せなヴィジョンが描かれる。

理想論みたいですけど、私と彼は「対等」なので、お互い与え、与えられつつ関係性を成長させていくことができます。
つまり、エネルギーが循環しているので決して疲れないのです。
もちろん、浮き沈みがあることもあり、彼とのことで悩むこともあり、また、辛くて号泣する日もありますが、それでも基本、愛を感じているので絆も感じられるのです。

助けたい症候群を突き詰めると、やはり「助けたかった人=親」であり、その親を助けられなかった無力感や罪悪感から、「助けたい人」を恋愛の対象にしやすいんです。

だから、彼のこととは別に、「私は十分親を助けて来たし、できることは全部やったよ」という自己承認が必要なんですね。

また、助けたい症候群にハマる人は、助ける才能を持ってる人も多いので、「助けたい人を助けるのは商売(ビジネス)にするといいよ」って提案をします。
カウンセラーやコーチやコンサルタント、セラピストなど、それそのままのお仕事もそうですし、サービス業であっても、OLであっても、「助けるのは仕事のときだけ」と割り切ることができます。

何も心身ともに全力投球で「助ける業」に徹しなくてもいいのです。

だって愛や助けを受け入れることだって大事だし、それがなければエネルギーは回らないですよね。
やがて枯れてしまいます。

一緒に成功したい人。
共に成長したい人。
愛し、愛されたい人。

そういう人を次の獲物にすると良いかと思います。
自立系武闘派女子にとっては、

「狩りたいし、狩られたい相手」

「撃ち落としたいし、撃ち落とされたい相手」

「攻めたいし、攻め落とされたい相手」

と言えば分かりやすいでしょうか?

すなわち、自立系武闘派女子が「ついつい本気になっちゃう相手」ですね。
そうすると、それまでの彼氏で特訓してきたことがめっちゃ生きますから、人生、無駄はねえーなー、と酒を豪快に煽りながら悟れると思います。

男と女の心理学
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング

☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
「ドロドロ系人間関係をスカッと解消するために知っておきたい心理学講座」
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!


おすすめ関連記事