(新刊の感想11)自己肯定感の低い私にはバイブルになる一冊です。



発売すぐに増刷(重版)となり大好評発売中の「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」(あさ出版)に読者の皆さんからいただいた感想です。
そして、本書を読まれた方の感想も募集しています~!
こちらの問い合わせフォームより、ご紹介可能な名前と共に感想を送ってください。
その際、紹介して欲しいURLなどもありましたら教えてくださいね。

amazonにて「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」を購入!

◎プロローグを無料でお読みいただけます!
新刊「敏感すぎるあなたが7日間で自己肯定感をあげる方法」の『プロローグ』を大公開!

◎新刊発売記念講演会(東京、大阪、名古屋、札幌など)も開催>詳しくはこちらへ!

◎新刊のテーマ「自己肯定感」と「自分軸」を扱った本格的なワークショップも開催>詳しくはこちらへ!

本書を読んで、随分と自分を責めてきたんだなと感じ、もう自分を責めずにどんな自分にも「これが私だから。これも私だから。」と自分の味方になる決心をしました。
自分軸で生きることや、自己肯定感を高めていく具体的な方法がワークと共に書かれているため、いつでも復習できる一冊。

自分らしく生きるとは、とことん自分と仲良しになることなのかもしれない。
読み終えた今、少し安心したせいか胸が温かいです。
(Y.H♨、女性)

普段、無意識に人の顔色を窺ってしまったり、人のイライラや嫌な感情につられて勝手に自分の感情も振り回されたりして疲れていることが多かったのですが、
この本は、自分の生きてきた道を振り返ったり、自分が感じた感情を振り返ったり、まず自分で立ってることを足元から見つめ直すような感覚でした。

そして具体的なワークで、過去の自分を思い出したりそれを文字にするだけで、自分を外側からしっかり見つめたり、また寄り添ったり、また自分の内面の気持ちを外に出すことをしてみたり。とにかく自分をいろんな角度から向き合う7日間でした。

時にぐったりしんどくなって筆が進まなかったりしましたが、それだけ「自分に向き合う」ことを今までしてきたなかったんだなと思います。

普段、自分が何をしたいか、そうやって迷ってる人には、こうやって足元から丁寧に自分と向き合うことで、自分というものがもっとクリアに見えてくると思います。
私の場合は、1度だけではなくて、何度か繰り返しワークをしてみたいと思います。
(Sさん、女性)

自分軸でいること、自己肯定感をあげるとこが生きやすいコツだということは理解していたのですが、じゃあ具体的にどうしたらいいんだ?というモヤモヤを一発で解決してくれる本です。
それぞれのレッスンに、その時に陥りやすい罠も記載されており、もう言い訳したり、逃げることができません。
もとに戻りそうになったら、この本を読み直してまた1からレッスンをすすめていくだけ。
自己肯定感の低い私にはバイブルになる一冊です。
(Sさん、女性)

あわせて読みたい