(ご感想)「ひ…姫!?お…おおお乙女!?」


Cさんはたぶん、「遊びながら成功できる人」だと思うなあ。
姫マインド発揮して色んな人からサポートしてもらえると思うし、
ジャンヌダルクみたいな?その姫版ですね。

元ネタはこちらです。

>責任を負いまくって体を壊した情熱女子が今すべきこと、これからすべきこと。
 http://nemotohiroyuki.jp/everyday-psychology/15271

***
責任背負いまくり女子の記事を送ったCです。

私のネタにお返事ありがとうございました!
とても嬉しくて、涙流しながら、笑いながら読ませてもらいました!

さすが根本さん、
まさかのじらし攻撃で即ノックアウトです。

質問にあった恋の方ですが、こちらも完全停止中です。
というのも、前回の恋愛で完全に人間不信(自分不信)に陥ってしまい、
恋愛なんてもうやだ!恐い!痛い!
と思ってしまって…。

だから、自分の人生の軸をしっかり持てば
人とも良い距離感で生きていけるんじゃないかと思っていました。

そして過去を振り返ってみたところ、
恋愛で上手くいっているときは、
仕事もとても充実していたなぁ…ということを思い出しました。

期待されて、任せてもらえて、選んでくれたからには、
ちゃんと答えたい。
私を選んで良かったと思ってもらいたい。
そういう気持ちは昔からとても強かったと思います。
だから、人ががっかりする顔を見るのがとても嫌でした。
きっと心理学でいうと、この辺が親と関係しているんでしょうね。

母の顔が思い出されるので、
私は母の期待に応えたかったし、
がっかりしてほしくなかったんだと思います。

それと責任を取るって男性のパワーだったんですね。

確かに腹切りました…

そうですよね、そんな負傷したのに、もう一度戦場に向かおうなんて思えないですよね…。

余談ですが、過去、知人の彼氏が私のことを好きになってしまった為、
責任を取って真剣に交際しようと覚悟を決め、戦に向かった事あります。

そうなんです…やる気が出なくて度々心が死にかけました。
そして責任が絡んでくるポジションには、もう切腹×100倍くらいの気持ちで向かうしかないと思ってしまうんですよ。

ひ…姫!?お…おおお乙女!?

ドキっ!!!

ええ。
そうなんです。
とってもロマンチストで、小さいころの夢は料理、裁縫、掃除、なんでもできるお母さんだったんです。
あの文章からどうしてそういう部分を見つけられるのでしょう…?

リボンの騎士って家族の為に男として生きてたんですね…。
『母を守り、父を救うため』って文章を読んだだけで、「あっ…!」て思いました。
そのまんまだと思います。

女の子であることって、今まで「甘え」だとか、
「狡さ」だと思っていたことでもあるので、違和感ありますね。
割とゆったりすごして女性らしさを取り戻しつつあるのかな~と思うんですが、
猛進していた自分にとっては、
財布持たずに手ぶらでセンター街を歩いてるみたいな、そんな不安が付きまといます(笑)

遊びながら仕事するって、私の最大のテーマなんですが、
気づけば型にはまろうとしてしまうのは、自信の無さなんですよね。

「仕事なんだから、嫌な事もやるのが当たり前」

という定義はもうやめます。

嫌なもんは、嫌。

と自分の感覚を信頼しようと思いました。
何より先に身体が反応しますしね…苦笑

嫌だから他の事やりたいって人に言えたら最高ですね!
(わーい!これでホントの社会不適合!)

なんて、こんなに甘々な言葉をかけてもらっていいのかなぁ~なんて思っちゃってますけど(笑)

お金にはなりませんが、先日初めてフェスのボランティアに参加してみました。

今はお金になるかどうかではなく、
興味のあるものを優先してやってみようと思います。
これで良いのか~と背中押してもらえた感じです(//∇//)

そして未来は自分から発信できるようになりたいと思います。

カウンセラー・セミナー・コーチに向いてるって言って頂けたのは嬉しいです!
表現の世界でも、どちらかというと心を癒したり、解放したりすることを追求していきたいと思っていたので、
根本さんに言って頂けたことは自信になります。

楽しみながら1歩進んでみます!
***

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事