できの悪い上司にイライラが止まりません!


上司に対して私たちは親に持っていた期待を投影します。
だから、どこかに甘えてもよい、依存しても良い、という思いを持つので文句が出ます。
でも、ビジネスパーソンはその上司の元で創造性を発揮して、めっちゃ成長できるのです。
あと恋の話も少々。

***
根本先生こんにちは。
ほぼ毎朝届くメルマガでいつも学んでおります。本当にありがとうございます。

今回、30代の独身女がこのままではまずい!という危機感も乗せてご相談いたします。

2年片想いの職場の年が近い上司がいます。もう3年目に突入し、一度ふられているものの仲良しで関係は悪くはありません。二人でご飯にも行くし、肩もみをサービスする仲です(笑)

しかしこの1ヶ月、毎日仕事上で上司のヘラヘラ感や決断力のなさにイライラが止まりません。今朝も更衣室のロッカーを開けて『○○死ね!』と言いながら服をボカスカ殴り、拳がそれてロッカーに打ち付け涙目になった次第です。

また結構な頻度で上司を外に呼び出し『あなたがしっかりしていないから職場がダラダラしているんだ!』とダメ出しをしまくり、相手は『…すいません。』もしくは沈黙してしまいます。そのあと結構私が言った通りに行動する上司です…。

以前から時々イライラしていましたが、最近は毎日、かつ『死んでしまえ!』と思っている自分をどう扱えば良いのでしょうか。全部自分に返ってくるのも分かっています。

一体私の中で何が起きているのでしょうか。大好きな人に対する態度とは思えないですよね。

ネタとして扱って頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。
(Aさん)
***

ろ、ロッカーは無事でしょうか????
服は防弾チョッキだから大丈夫でしょうけれど・・・。

ま、服でよかったですね。
もし、彼を殴ってたらほんと彼の命ヤバかったですもんね。

でも、そういうところがまさに武闘派ですよね。うん。

そんな上司との関係を職場の人たちはどう見てるんでしょうか。
兄妹みたいな感じ?
それとも恋人的に見てるんでしょうか?

ご飯行ったり、肩もみするくらいですから(←私のセミナーにもぜひ導入したいシステムです!)、男女じゃない雰囲気で見てるんですかね、やっぱり。

Aさんって兄弟いらっしゃいます?

きっと出来の悪い兄貴を持った自立系武闘派女子はきっと同じことをしてきたと思いますよ。
兄貴に説教。
兄貴にダメ出し。
兄貴をぶん殴る。
で、兄貴泣く、みたいな。

弟はまだ若干可愛げがあるので、死ね!とまでは思わず、奴隷にするだけです。

あるいは、自立系武闘派女子の元に嫁いだいたいけな男子たちもきっと同じ目に遭っていると思いますよ。
可哀想ですよね・・・。
ほんと、切ないですよね・・・。
うん。頑張ってるのにね・・・。

さて、そんな風になってしまったAさんと上司。
古女房みたいなもんかな、と思います。
めっちゃ気を許しているでしょう?お互いに。
彼もAさんを「部下」という認識はあまりしてないと思うんですよね。

きっとイライラして物に当たって死ね!!と叫びまくるのは、それだけ彼がイケてないからなのですが、同時にそれはAさんがとても気の利く女子であることを表しています。
あいつ、仕事、できないっすよね???(笑)
だから、むかつくのは当たり前なんです。

だから、Aさん、結婚してしばらく経つとこうなるってのを先取りしてる感じですね。

「付き合ってるときはふつうに優しく、元気な女の子だったのに、結婚してしばらくたったら、あれせえ、これせえ、のめっちゃ怖い女房に変身した!騙された!」

という都市伝説、聴いたことありませんか?
その辺に転がってるでしょう?

そんな感じですね。

距離が近づけば近づくほど、素の自分が出ますから、素のAさんってそんな一面があるってことですね。

「かかあ天下」確定ですなあ~~(笑)

何にイライラしてるのかに注目してくださいね。
そのイライラしている要素は自分自身を厳しく律してるところです。

「○○でなければ武士にあらず」
「武士たるもの○○でなければならぬ」

そんな風に思っていること、いっぱいありませんか???

そう厳しく自分自身を律してるAさんがいて、でも、目の前にはその風紀を乱す奴がいるんです。
しかも、上司です。
さらに、気を許してます。

そりゃあ、切腹させたくなりますよね。

彼は自分が今日まで無事で来れたことを刑法に感謝すべきだと思います。

自分に禁止してることを目の前の人がやっていたら腹が立ちます。
また、自分が目上の人に求めるもの(上司はこうでなければ、親はこうでなければ)というルールに上司が従ってなかったらやはり腹が立ちます。

それが今、重ねて出ているんだろうと思います。

ここからは別のお話。

イケてない上司とどう付き合えばいいか?
仕事のできない上司の元で、どう頑張ったらいいのか?

そういう質問をよく頂きます。

「ピンチはチャンス」という言葉もあるように、さて、その状況をどうチャンスに変えるのか?ってのがテーマになります。
それはその上司の元に配属された自分の「創造性」を発揮するときなんですね。

上司が仕事ができない、ということを嘆くということは

「上司(会社)に依存している自分がいる」

ということを表しています。
それは親に期待をしてきた自分自身もまた表しています。

その上司への期待を手放す、というのがまずは課題です

「上司なんだからこれくらいできなきゃ」
「上司ってこうあるべき」
「上司がそんなことしちゃいけない、言っちゃいけない」

そういう思いは上司への甘えであり期待であり依存であるということを知り、それを手放していくことを選びます。

そういう上司の元では自分がものすごく成長できますよね?

仕事ができる上司の元にいると目標になり、一緒に仕事できる喜びは感じられますが、自分がその立場になることを恐れますし、また、自信は付きにくくなります。

仕事ができない上司でほんとによかった!と思えるほどに自分を成長させるチャンスなんです。

上司がしっかりしてないから部下に舐められて職場の雰囲気がだらだらしてるでしょう?
さて、そんなとき、あなたはどんな創造性を発揮して職場を変えましょうか?

自分自身が率先して仕事に励んで見本になりますか?
リーダーシップをとり、同僚たちを束ねて部署をまとめますか?
その上司に「今からこう言うてください」と影武者のように付き添い、操りますか?
自分が上司のポジションに立って部下たちと叱責しますか?

さて、具体的な方法を最低でも100個は探してください。

ダメな上司で仕事が遅く、まだ午前中に頼んだ決済もまだ終わってない、と嘆くのは「自分の甘え」であることを悟りましょう。

そんな仕事が遅いことくらい分かっているでしょう?
そして、それは自分が仕事ができることの証でしょう?

だから、決済が欲しかったらその上司のそばに近づいて、「はい、ここにハンコ押してね~。はい。よくできまちた~!!えらい~!!」って言えばすぐに済みますね(笑)

ま、それは冗談としても上司操縦法を身に付けろってことですね。

出来の悪い上司だと苦労します。
しかし、苦労した分、かなりの成長が見込まれます。
そして、その成長分は次の部署、次の仕事、次の上司の元で多いに発揮されます。

親や上司ってどうしても期待の対象になりますよね。
だから、そこで見落としてしまうんです。

「上司なんだから依存してもいい」
「親なんだから甘えてもいい」

それを乗り越えて、対等な目線で見ていくのが成熟するってことだし、大人になるってことですね。

そもそもその出来の悪い上司を自分が呼んだ(選んだ)ってことは皆さんもご存知だと思います(笑)
自分で呼んだのだから、ちゃんとその目的は果たしましょうね!!

ちなみにAさん。
2年も片思いってことは相当好きなんだろうと思います。
それで上司を仕事のことで外に呼び出して説教するがごとく、自分が恋人であることを“事後承諾的”に押し付けていくのがいいと思いますよ。
“既成事実”って言うかね。

でも、女としての自信がないんでしょう?
だから、躊躇してしまうんだと思うけれど、仕事のときと同じモードで付き合いを迫れば彼は「は、はい」と言うはずですね。

その強引さは持っていても良いですよ。

毎日使える心理学講座
○根本のメールマガジン
○根本のセミナー・スケジュール
○根本のカウンセリング
☆音声配信サービス
【根本の講座が自宅で、電車で聴ける!】ココロノポッドキャスト
☆DVD
『「手放すほどの愛がすべてを変える! 今、ここから愛されて幸せ妻になる法則」セミナー』
『10年愛されるカウンセラーになる秘密』
☆根本本。
根本の著作

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で心理カウンセラー根本裕幸をフォローしよう!

おすすめ関連記事